今日が初出でしたが
私は在宅勤務でスタート。

今年は勤務スタイルを少し替えて
仕事をしようと思います。


心を笑顔にする薬膳師
漢方カウンセラーで国際薬膳師の
池田のりこです。


今日から会社は始まりますが
店舗営業は明日から。


ひとりで集中してしたいことがあり
出社せずに自宅で仕事をしました。


セミナーや漢方相談があるので
すべてを在宅ではできませんが
家の方が捗ることも多いですし
何よりも温かくて安心…。


心臓の病気を持っていると
寒いのは辛いのです…。


基本的には元気ですけど
今年1年を元気にご機嫌に過ごすために
今しっかり養生しておこうと思います。


今年の目標を決めました。


================

《暮らしと食事を丁寧に》
五感のバランスを整えて
毎日を大切に生きる

================

1.所作を丁寧にする
2.良いものを丁寧に扱う
3.本物を感じる
4.心と体のメンテナンスをする
5.自分を信じる


どれも小さなことですが
これらを続けることで
自分を大切に生きることができると
思ったから。


noteに詳しく書いたので
読んで下さいね。





少し早めに仕事を切り上げて
作り置き薬膳おかずを作りました。


昨日も作ったのですが
今週は間違いなく疲れるので
リメイクしやすいものを作りました。


無理しない、できるときにやる
ということも今年のモットーです。


昨日の作り置き薬膳おかずは、こちら。

↓↓↓





今日は、5種類です。


IMG_1207



◎にんじんとちくわの塩きんぴら
◎ピーマンと桜エビ炒め
◎鶏ごぼう煮
◎カリフラワーの甘酢漬け
◎大豆のトマト煮



「にんじんとちくわの塩きんぴら」は
細く切ったにんじんとちくわを炒めて
コンソメと塩で味付けしたもの。


IMG_1213



目をよく使うので
目に栄養を与えてくれるにんじんを
使いたくて。


「ピーマンと桜エビ炒め」は
今年マスト食材の平肝のピーマンと
補腎の桜炒めたもの。


IMG_1217



ごま油で桜えびを炒めてから
ピーマンを加えて炒めて
お酒と麺つゆで軽く煮ました。



「鶏ごぼう煮」は
たまには煮物も食べたいなぁ…と思って。


IMG_1209



お節料理を作らないので
ちょっと遅れたお正月気分を…。


鶏肉は胃腸を温めて
消化を促進するので
ごぼうと合わせると便秘解消に。


絹さやとか欲しかったなぁ…。


「カリフラワーの甘酢漬け」は
無性にピクルスが食べたかったから。


IMG_1215



カリフラワーは
胃腸を整えて補腎もしてくれます。


「大豆のトマト煮」は
鑑定の先生に「大豆食べて」と言われて。


こういうところは
結構素直です。


IMG_1211



圧力鍋にお湯と大豆を入れて
1時間ほど放置してから
強で5分ほど煮ると大豆煮ができます。


前日の夜から水に浸すのを忘れるので
最近はこの方法で。


鍋で小さく切ったベーコンと玉ねぎを炒めて
大豆を入れてから
ひたひたのお水とコンソメを入れます。


少し煮たら
岡田さんのトマトピューレを入れて
塩コショウで整えたらできあがり。


何もしなくても美味しいのです。


ケチャップとかトマト缶とか
まったく買わなくなりました。


ちなみに
お米も岡田さんのお米です。





その岡田さんが
1月30日(日)にビストロ・レクレ・神戸で
「みかりんマルシェ」をされますよ!!


みかりんマルシェ



2年前にトマト好きのオーナーに
岡田さんのトマトを送ってから
ご縁が繋がって
このようなイベントになったことが嬉しいです。


お近くの方はぜひ!!


晩ご飯は
作り置きを少しずつと
北海道のお客さまからいただいたコマイで。


コマイはタラの一種なので
気血を補って疲労回復をしてくれます。


IMG_1219



せっかくしそを買ったのに
使うのを忘れた…。


大豆のトマト煮は
水分を多めにしていたので
そのままスープでいただきました。


これがあれば
オムレツにしたり、チーズ焼きにしたり
いろいろできるので楽しみ。


イベントや講演などをまとめた
リットリンクも見て下さいね。

↓↓↓




薬膳インストラクター初級認定試験
試験対策セミナーの受付は
1月5日(水)正午までです!!


申し込む時間がない…という方は
電話・メール・公式LINE
FBメッセンジャーやInstagramのDMなどで
「受けたいです!!」とご連絡下さいね。


毎年好評の
湛先生の「漢方的にみる2022年の運気セミナー」は
1月30日(日)に実施して
通学・Zoom・後日配信のYouTubeで
受講いただけます。


通学はそろそろ定員ですので
お早めに申し込み下さいね。


詳細と申込みページは
リットリンクにまとめていますので
そちらをご覧下さい。


最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。