認定試験前になると
みなさん悩まれるのが
これからどうするのか。

「何ができる」よりも
「何をしたいか」ですね。


心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田のりこです。


いつも応援していただいて
ありがとうございます。


昨日も
薬膳インストラクター認定試験
1日集中セミナーでした。


香川県から
車で来てくださった方も。


「さらに深く学びたい」と
これからもできるだけ
通学で学ばれるそうです。


Zoomでも学べますが
やはり直接聞くと少し違いますし
休憩時間とかにも話せるので
お越しいただけると嬉しいです。


認定試験前になると
みなさん悩まれるのが
「これからどうするのか」ということ。


次のステップに進むのか
いったんここで休憩するのか…。


「中級や国際に進んだら
何ができるようになりますか?」
という質問をよく受けます。


もちろん
診断力や食べ物を選ぶ力が身について
とても楽しくなります。


「どんなことができますか?」
と聞かれることも多いですが
国家試験ではないので
あなたがしたいことは何でもできる…
というのが答えに…。


でも、大切なのは
「何ができる」よりも
「何がしたいか」ですね。


IMG_8672



私は薬膳を学んでいるときに
自分の体調を整えたいし
薬膳を伝えたいと思って
勉強をしていました。


だから、知りたくて知りたくて
ずっと先生を追いかけていました。


「分からない」とか
「覚えられない」とかは
当時の私にはなかったのです。


認定試験合格が目的の場合
そういう感覚があるかもしれません。


でも、私は
もっと元気になりたかったし
薬膳の素晴らしさを伝えたかったので
「どうやったら分かるのか」
「どうやったら覚えられるのか」を
ずっと考えていました。


「分からない」ときは
「何が」分からないのか
「どこが」分かればスッキリするのかを
明確にした方が良いです。


「分からないことが
分からないレベルなんで…」
と言われる方も多いですが
それはレベルでも何でもなく…


「分からない」を作る
選択をしたということ。


その「分からない」選択をすれば
どんな結果が待っている?
その「分からない」選択でいいの?
分かるための選択をしたら
どうなるだろう?


「分からない」と思ったときに
このように考えるようにしています。


分からないことが
恥ずかしいことでも
ダメなことでもないです。


それを知ることで
もっとステキなことができるかも…。


ダメだと思うから隠したくなるし
そこを正直に伝えれば
分かるヒントをもらえるかもしれません。


「分からない」という事実から
感情を取っ払って
「どうすれば分かるだろう?」と考えれば
質問の仕方も変わってきます。


私の周りのステキな人たちは
「分からない」とか「難しい」で
終わらせることはありません。


「分からない」とか「難しい」は
逃げ口実にはピッタリの言葉で
そこで思考を停止してしまう…。


人に良く思われたいとか
がんばっていると認められたいとかで
「分からない」「難しい」を使うのは
もったいない…。


なんとかうまく伝えられないかな…
と考えていたところに
今朝の公式LINEが届いて納得!!


「何のために」を見失えば
それはただの面倒な作業になる



ファンビジネスを学ばせてもらった
吉川聖弓さんの公式LINEですが
音声が届きます。


他者と戦うんじゃなくて
「自分の山」を登り続ける
その挑戦を体験談として分かち合っていくことが
人を本当に魅了する



比較をするのは
他者とではなく昨日の自分であって
どうすれば昨日の自分より
ステキな自分になれるかを
考えることに集中しよう。


以前に
吉川聖弓さんから教えてもらいましたが
やっぱり忘れていることもあるので
何度も音声を聴きました。


「比較することを捨てる」というのは
勇気がいることかもしれませんが
その先にステキな未来があります。


それを少しずつ実践してきて
私自身の生き方がラクになってきました。


そして
周りから応援されることが増えて
やりたい仕事がやってくるようになりました。


頑固になれとか
自己中心的になれとか
周りを見るな…
ということではなく


自分が大切にするものを大切にして
軸を持って生きていれば
他人と比較することで
感情が揺さぶれることもなくなります。


勉強でも仕事でも
悩んだときは
「自分の山」が何かを再確認して
それを登ることに集中しているかを
見直してみましょう。


あなたが薬膳を通して
本当にやりたいことはなんですか?


それをやりきるために
今のままでいいですか?


薬膳は、手段です。
何のためにするのか?
それをすると誰がどうなるのか?


私も今朝
考えてみました。


そして
講演会のレジュメを
最初から作り直すことにしました。


結構大変…(泣)
でも、気付けてよかったです。


知らず知らずのうちに
評価を期待するような内容になっていたので
私らしい表現で作り直します。


最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。


気学・薬膳・食事&ワインコラボイベント
ビストロ・レクレ・神戸で
セミナーとお食事をお楽しみいただきます
5/5(水祝)14:30〜18:00
https://coubic.com/shobido1/577157
※2/27(土)正午受付開始

神戸ポートピアホテルコラボイベント
薬膳セミナーと特別ランチ
6/1(火)11:00〜13:30
https://www.portopia.co.jp/event-culture/culture/detail/109

咲美堂のPremium薬膳茶
半年後になりたい自分になる♪
薬膳茶定期便です。
https://peraichi.com/landing_pages/view/shobidoyakuzencha

YouTube「のりこ先生の薬膳レッスン」
https://youtu.be/wf9DHZeWs1A

暮らしに活かす薬膳セミナー「初回セミナー」
※理論編を受講ご希望の方は
 必ず受講してください。
3/27(土)・4/22(木)
10:00〜12:30

Zoomで同時配信もします
https://coubic.com/shobido1/532540

Zoomで受講
https://coubic.com/shobido1/791311#pageContent

Zoomで再受講
https://coubic.com/shobido1/943241#pageContent


暮らしに活かす薬膳セミナー「理論編」ワンデー
※キャンセルが出ることもあるので
満席のクラスもキャンセル待ちでご予約ください

3月:イライラと鬱々
3/3(水)・6(土)
https://coubic.com/shobido1/451442

4月:肌のトラブル
https://coubic.com/shobido1/748708


暮らしに活かす薬膳セミナー「実践編」

3月:春を元気に過ごすレシピを考える
https://coubic.com/shobido1/669804

4月:診断するための問診のコツ」
https://coubic.com/shobido1/599606


体調にあわせて選べるようになる♪
「薬膳茶ブレンドセミナー」

☆初級編(はじめてさん対象)
3/28(日) 10:30〜12:00

☆症状別(毎月テーマが変わります)
3/28(日)「イライラと鬱々」 13:30〜15:00
https://coubic.com/shobido1/793733


池田のりこのLINE@
毎日7:50に薬膳のお話を届けます♪
登録してくださいね!

↓↓↓

友だち追加


◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
咲美堂では
カウンセリングをもとに
◎漢方薬のご相談
◎オーダー薬膳茶
◎オーダー薬膳スープのもと
◎体質チェックと食べもの養生アドバイス
をさせていただきます。
↓↓↓
http://shobido-kanpo.com/service/index.html



◆◇ 3月〜4月の薬膳イベント&セミナー ◇◆

================

3月のテーマ「イライラと鬱々」
4月のテーマ「肌トラブル」
 
================

弁証力アップセミナー
3/21(日)・24(水)

10:00〜12:00
※国際17期・18期の午前中です
※薬膳インストラクター合格者対象
※国際19期の開講は未定です


漢方薬から考える弁証施膳セミナー
3/10(水)・14(日)

13:30〜16:30
※薬膳インストラクター(中級)合格者対象


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月・火曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com