漢方薬店と薬膳スクールをしていると
毎日たくさんの問い合わせをいただきます。

その中で最も多いのは
「私は○○という病気です。
漢方薬で治りますか?」
というものです。


心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田のりこです。


いつも応援していただいて
ありがとうございます。


私が代表を務める咲美堂は
2つの事業をしています。


漢方薬店と
薬膳スクールです。


お客様の多くは
つらい症状をお持ちだったり
病院に行っても良くならない方々。


今から16年前の
私と同じです。


当時、ひどい子宮内膜症で
仕事どころか動くこともできず
何もかも諦めました。


西洋医学では
人としてではなく
「病気の人」としか見てもらえず
「治らない」と言われて
生きていても意味がない…
と思いました。


そんなときに
漢方薬と出会ったのですから
藁にもすがる思いで
ドクターに聞きました。


「私の病気は
漢方薬で治るのですか?
元気になれるのですか?」と。


すると
肝っ玉母さん風の女医さんが
「さぁねぇ…
治ると思ったら治るんじゃない?」と
あはは〜と笑いながら言われたのです。


もう、目が点…。


その先生を信頼して
漢方薬を服用して3年後
すっかり元気になって
漢方医学の素晴らしさに魅了され
現在に至ります。


今、私のもとには
たくさんの質問が届きます。


その中で多いのが
当時の私と同じ内容のもの。


「はい。○ヶ月後に治りますよ!」
と言えるものなら言いたいです…。


でもね
いちばん大切なことは
「いつ治るのか」よりも
「どうやったら笑顔の時間が増えるのか」
ですよね?


「When」じゃなくて
「How」。


病気に焦点を合わせるのではなく
あなたが望む人生を手に入れるために
やるべきことがたくさんあるんです。


まず、その症状や病気に
どんな理由でなったのか?を見つけること。


「○○病には、この薬」なんてものは
ないんです。


しかも
「この薬を○ヶ月飲んだら
あなたの○○病は治ります」なんて
あるはずもなく…。


「なぜ?」を見つけるのに
たくさんのことを
確認しなければいけません。


初めてのご来店の場合
60分時間をいただいています。


それでも
お客様ご本人が「素直」でなければ
本当の情報を得ることはできないのです。


ここで言う「素直」とは
自分の体の変化に敏感に気付き
体が訴えていることを
正直にキャッチできることです。


ストレスが多いのに
「のんびりしてるんで…」と言ったり
疲れが溜まっているのに
「仕事もせずにずっと寝てるし」と言ったり…。


病気だけを見ずに
もっと内臓さんたちと会話をして欲しいのです。


自分の体を
もっと知って大切に思って欲しいのです。


だから
漢方薬のカウンセリングでは
まったく知識がない方でも
「なぜその症状が出ているのか?」を
説明しています。


まずは、自覚すること。
そして、今まで無視していた
内臓さんたちの声をしっかり聞くこと。


それがなければ
どれだけ良い漢方薬を飲んでも
残念ながら効きません…。


そして、もうひとつ。


症状や病気には
大きく分けて2つのタイプがあります。


(1)本来ならない方が良いものがあって
  それが邪魔して症状が出ているタイプ

(2)本来なら必要なものが
  必要な量がなくて症状が出ているタイプ



(1)は、外的要因(季節の邪気など)や
気血水のめぐりが悪くてできたモノが原因。


だから、そのモノを取り去る方法である
「瀉法(しゃほう)」という治療法則を取ります。


(2)は、気血水の量が足りないことが原因なので
無駄遣いがあればそれを止めて
作る仕組みが働いていなければ動かして
作る材料が足りなければ足すという
治療法則を取ります。


(1)と(2)のどちらが
治るのが早いと思いますか?


取るだけの(1)の方が早いですよね?


ないものを増やすのは
とても時間がかかるのです。


例えば、血(けつ)。


これは血液だけでなく
内臓、目、肌、つめ、筋、髪
心や脳まで潤わせるステキな液体。


この血が栄養を与えている
目、心、脳を使うと
血が減ります。


もし、悩み事やイライラ
スマホの見すぎなどで
血を消耗している場合は
それを止めないといけません。


物事の受け止め方を
少し変えてみましょうか。


しっかり寝ましょうね。
スマホは今の80%ぐらいに
減らしてみてくださいね。


というアドバイスから始まります。


そして、うまく作ることができないときは
消化吸収システムを整えたり
原材料である気を作る生薬が入っている
漢方薬を選びます。


大変でしょ?


(1)のタイプの場合
早ければ数日
長くても3週間ほどで
何かしらの良い兆しが見えてきます。


早い方なら数日で
「すっかり元気に!」という方も。



「生理前に死にたくなるぐらい
気持ちが落ち込む」と言うお嬢様が
3週間の服用で
「まったくなくなった」というのは
このタイプだから。


でも、(2)のタイプの場合
内臓の冷え、思考のクセ、環境など
いろいろなことを整えるので
数ヶ月から数年になることもあります。


さて、ここでもう一度
質問します。


あなたにとって大事なことは
「治るか治らないか」を
今、知ることですか?


まずは、自分の体のことを
知ることからですよね。


私は、お客様の内臓さんと
お話することができます。


内臓さんがどんな風になっているのか
その症状を通して何を訴えたいのかを
診断を通して見極めていきます。


お客様がすべきことは
「また元気になれると信じること」
「自分の体に意識を向けるクセをつけること」
「あなた自身を大切に扱うこと」
この3つです。


まずは、ご予約の上
お越しください。


60分時間が掛かるので
必ず電話でご予約くださいね。


ということで
(いつも展開が急…笑)
今日の晩ご飯です。


かぼちゃの煮物が残っていたので
スコップコロッケにしました。


IMG_2411



家では揚げ物をしないので
トースターで。


玉ねぎとミンチを炒めるときに
松の実と小さく切ったなつめを
入れました。


潰したかぼちゃと混ぜて
耐熱容器に入れて
ぎゅぎゅっスプーンで押します。


その上に
マヨネーズを掛けて
(ここ大事!)
チーズとパン粉を乗せて
トースターへ。



「梅雨時期の
 1週間お疲れ様薬膳」です。


梅雨時期の1週間お疲れ様薬膳



うちは月火曜日が定休日なので
日曜日が週末になります。


今週もとても忙しくて
目を酷使して肩もガチガチ…。


目に栄養を与えている
血を増やすことと
血流を良くするために
作りました。


FullSizeRender



スコップコロッケ以外は
作り置きばかりですが…。


昨日、作っておいた
「酢玉ねぎ」がいい感じになったので
納豆に混ぜていただきました。


IMG_2417



ほんと
自分の写真の技術に
泣きそうになるけど…
味は美味しいのです。


玉ねぎは胃腸を整えて
気血を巡らせるのですが
お酢と合わせることで
さらに血流アップをしてくれます。


納豆も消化吸収システムと
血のめぐりを整えてくれるので
一緒に食べることでさらに◎。


作り方はとっても簡単です。


みじん切りした玉ねぎを
バットなどに広げて30分そのまま。


フライパンに
はちみつとお酢と玉ねぎを入れて
2分ぐらい混ぜながら強火で煮ます。


玉ねぎ1個に対して
はちみつ50mlとお酢120mlぐらい。


お鍋でもいいですが
フライパンの方が面積が広いので
早くできるかな…と思って。


あとは
お風呂にゆっくり浸かって
コリをほぐしたいと思います。


お風呂のお供は
このアロマキャンドル。


手前のコロンとしているのは
茜愛さんがプレゼントしてくださった
アロマランプです。


IMG_2203



ヒヤシンスのとってもステキな香りで
癒やされます。





明日は定休日で
自分のための時間と
仕事の時間と半分ずつ。


良いお天気になりそうなので
楽しみたいと思います!


最後までお読みいただきまして
ありがとうございます。


◆◇ 薬膳インストラクター(初級)認定試験
試験対策セミナー◇◆

薬膳の基本を2回のセミナーで学び
10月の認定試験合格を目指します。
http://norihime.livedoor.biz/archives/52838322.html


◆◇ 薬膳カウンセラー養成講座《第2クラス》◇◆
12月に薬膳カウンセラーとしてデビューするために
カウンセリング力と人間力を磨く講座です。
http://norihime.livedoor.biz/archives/52833340.html


暮らしに活かす薬膳セミナー「初回セミナー」
※理論編を受講ご希望の方は
 必ず受講してください。
6/17(水)・6/27(土)
7/5(日)・7/12(日)
8/19 (水)
Zoomで同時配信もします
10:00〜12:30
https://coubic.com/shobido1/532540


暮らしに活かす薬膳セミナー「理論編」1年コース
https://coubic.com/shobido1/930462


暮らしに活かす薬膳セミナー「理論編」ワンデー
※キャンセルが出ることもあるので
満席のクラスもキャンセル待ちでご予約ください

7月:胃もたれ・食欲不振
7/1(水)・7/4(土)10:00〜13:00
https://coubic.com/shobido1/920741#pageContent


暮らしに活かす薬膳セミナー「実践編」

7月:自分のための薬膳カレンダーを作ろう(1)
1日(水)・4日(土)
※食物性味表をお持ちください
https://coubic.com/shobido1/609826#pageContent

体調にあわせて選べるようになる♪
「薬膳茶ブレンドセミナー」

☆初級編(はじめてさん対象)
6/28(日)・7/26(日)・8/16(日)
10:30〜12:00

☆症状別(毎月テーマが変わります)
6/28(日)浮腫
7/26(日)胃もたれ食欲不振
8/16(日)夏バテ
13:30〜15:00

https://coubic.com/shobido1/793733


◆◇ 咲美堂×cafe clotho ◇◆
カウンセリング薬膳ごはん
漢方カウンセラーで国際薬膳調理師の
池田のりこが中医学の診断法で
カウンセリングをして体質をチェック。
後日、カフェクロトで
完全オーダーの薬膳ごはんを
召し上がっていただきます。
診断結果やおすすめの食べものを書いた
カウンセリングシートをプレゼント♪



池田のりこのLINE@
毎日7:50に薬膳のお話を届けます♪
登録してくださいね!

↓↓↓

友だち追加


◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
咲美堂では
カウンセリングをもとに
◎漢方薬のご相談
◎オーダー薬膳茶
◎オーダー薬膳スープのもと
◎体質チェックと食べもの養生アドバイス
をさせていただきます。
↓↓↓
http://shobido-kanpo.com/service/index.html



◆◇ 6月〜8月の薬膳イベント&セミナー ◇◆

================

6月のテーマ「浮腫」
7月のテーマ「胃もたれ食欲不振」
8月のテーマ「夏バテ」
 
================


弁証力アップセミナー
5/10(日)・20(水)・20(水)
6/20(土)・21(日)
10:00〜12:00
※国際16期・17期の午前中です
※薬膳インストラクター合格者対象


漢方薬から考える弁証施膳セミナー
6/20(土)・21(日)浮腫
7/19(日)・25(土)胃もたれ・食欲不振
8/29(土)・30(日)夏バテ
13:30〜16:30
※薬膳インストラクター合格者対象


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月・火曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com