薬膳インストラクター合格者や
国際薬膳調理師受験生が受講される
弁証力アップセミナー。

今月は少し違う角度で
お話しています。


心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田のりこです。


いつも応援していただいて
ありがとうございます。


今週の火曜日は
チームビルディング養成講座の
最終講義でした。


全8回はあっという間で
多くのことを教えていただきました。


ボリュームが多いのと
コンサル業が主業ではないので
落とし込めていないことも多いですが
資料やビデオがあるので
これからも理解を深めていきます。


その講座で
4階層に分けて質問をすると…という
ワークをしました。


そのワークをしているときに
ふと気付いたことがあったのです。


これ、体質を見極める
弁証に使えるな…。


もしかしたら
受講生様に良いギフトになるかも!!


foryouの花




私がスクールで伝えているのは
症状の原因を見極めて
治療法則を決めて
漢方薬や食材を選ぶことです。


つまり
診断するために必要なノウハウを
お伝えしています。


これが分かれば
かなりの確率で症状が改善します。


でも、デメリットがあります。


しっかり話を伺うために
時間がかかる…。


大事なことですが
時間をかけられないときもあるし
相手がそこまで
求めていないことも多いです。


そして
薬膳師となったみなさんも
ハードルが高くなってしまい
なかなか実践で活かすことができず
「なにかしたい…」という気持ちが先行して
焦りを感じます。


学んだ薬膳の知識を活かして
みなさんのお役に立ちたいという思いもあり
悶々としてしまいます…。


もっとカジュアルに
日常の会話の中で
自然な流れで薬膳を伝えられないかと
考えていました。


そのことと
「4つの質問」というキーワードが
リンクしたのです。


そうだ!
しっかり診ることも大事だけど
できるだけ少ない質問で
相手とコミュニケーションをとりながら
弁証をする方法を伝えよう!
と思いました。


物事を複雑化することは簡単で
簡素化させることは
とても難しいです。


でも、私には多くの経験があり
今までやってきたことを振り返りながら
お伝えすることに…。


薬膳のアドバイスが押し付けにならず
自分の知識の自慢や確認にもならず
相手に寄り添って質問をして
望む情報をお伝えすることです。


そのために
4つの質問をして
あとは舌と脈で確認します。


そして
もっと詳しいことをお伝えするときに
どのように伝えたらよいか
経験を増やすために
どうアプローチすればよいかなども
お話しました。


これは
コトハナセミナーで学んだ
人間関係を良くする方法を
応用しています。


それらがすべて集約されて
みんなが笑顔になれる診断法を
お伝えすることができました。


知識がつくと
どうしても「やってあげよう」と思い
自分の知識の中で選択をして
それを言葉にして伝えます。


でも、相手のことを思えば
その言葉が適切でないこともあります。


押し付けになってしまったり
不快に感じてしまうことも…。


今日のワークで
自分はストレスについて相手に聞くのに
実際に相手から聞かれたときに
違和感を感じた…という方も。


だからこそ
「観察する力」
「コミュニケーションをとる力」
「俯瞰する力」
が必要です。


中級クラスまでは
理論をしっかり伝えますが
上級クラスでは
このような応用編を話す時間も
増やそうと思います。


ただ、これも
受講生のみなさんが
「聞きたい」「やってみたい」
と思わないと意味がないので
みなさんで話し合っていただきました。


私からの質問は
「今日、なにする?」
ということ。


みなさんで話してもらった結果は
「理論が分からないわけではないけど
 まだ落とし込めていないことがある。
 だから、理論中心でお願いしたいけど
 診断のコツもちょっと知りたい」
でした。


ちょっと欲張りすぎじゃないですか??(笑)


いいですよ。
やりましょう!!


ということで
その場で構成を考えて
前半は実践で使える理論をお話して
後半は質問力をアップする方法を話しました。


そして
実際に少しやってみて
難しさを体験してもらい
自分の目的との差を確認して
何をしたら良いのかを
考えていただきました。


午後の国際薬膳調理師
認定試験対策セミナーでも
最初にみなさんのお困りごとを確認して
何をすべきかを明確にして
セミナーをはじめました。


「覚えられない」
「集中力が続かない」
「やる気になれない」
「ついサボってしまう」
ということに対して
どうしたら良いのかも
お話しました。


みなさんそれぞれが
今日のセミナーをどうやって受けるかの
目的が決まったときに
目の輝きが違うんですよね。


今日の内容は
みなさんとても興味を持って
聞いて下さいました。


「難しい」とか
「分からない」とかもなく
困ったような顔もなく
常にみなさん楽しそう。


私も話していて
とても楽しかったです。


昨日拝聴した
スカイマーク会長の佐山さんから学んだことも
たくさん盛り込みました。


佐山さんの講演は
こちらをご覧下さいね。

↓↓↓

http://norihime.livedoor.biz/archives/52831112.html


今日やったことを振り返って
もう少しブラッシュアップして
私だからこそ伝えられることを
アウトプットしていきますね。


最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。


◆◇ 毎回大好評!暮らしに活かす薬膳セミナー ◇◆
暮らしに活かす薬膳セミナー「初回セミナー」
※理論編を受講ご希望の方は
 必ず受講してください。
3/19(木)・4/16(木)・5/30(木)
10:00〜12:30
https://coubic.com/shobido1/532540


暮らしに活かす薬膳セミナー「理論編」1年コース
https://coubic.com/shobido1/930462


暮らしに活かす薬膳セミナー「理論編」ワンデー
※キャンセルが出ることもあるので
満席のクラスもキャンセル待ちでご予約ください

3月:イライラと鬱々
https://coubic.com/shobido1/754549
※4日(水)20名様満席
 8日(日)20名様満席


暮らしに活かす薬膳セミナー「実践編」
 
3月:「足つぼマッサージでエイジングケア」
https://coubic.com/shobido1/538482


体調にあわせて選べるようになる♪
「薬膳茶ブレンドセミナー」

☆初級編(はじめてさん対象)
2/29(土)・3/21(土)
3:30〜15:00

☆症状別(毎月テーマが変わります)
2/29(土)「頭痛」
3/21(土)「イライラとうつうつ」
13:30〜15:00

https://coubic.com/shobido1/793733


◆◇ 咲美堂×cafe clotho ◇◆
カウンセリング薬膳ごはん
漢方カウンセラーで国際薬膳調理師の
池田のりこが中医学の診断法で
カウンセリングをして体質をチェック。
後日、カフェクロトで
完全オーダーの薬膳ごはんを
召し上がっていただきます。
診断結果やおすすめの食べものを書いた
カウンセリングシートをプレゼント♪



池田のりこのLINE@
毎日7:50に薬膳のお話を届けます♪
登録してくださいね!

↓↓↓

友だち追加


◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
咲美堂では
カウンセリングをもとに
◎漢方薬のご相談
◎オーダー薬膳茶
◎オーダー薬膳スープのもと
◎体質チェックと食べもの養生アドバイス
をさせていただきます。
↓↓↓
http://shobido-kanpo.com/service/index.html



◆◇ 12月〜2月の薬膳イベント&セミナー ◇◆

================

12月のテーマ「生理トラブル」
1月のテーマ「かぜ」
2月のテーマ「頭痛」
 
================


弁証力アップセミナー:12月
12/12(木)・14(土)・18(水)・22(日)
10:00〜12:00
※国際15期・16期の午前中です

弁証力アップセミナー:1月・2月
1/15(水)・19(日)・25(土)
2/19(水)・22日(土)・23(日)
10:00〜12:00
※国際15期・16期の午前中です

※薬膳インストラクター合格者対象


漢方薬から考える弁証施膳セミナー:12月
12/4(水)・8(日)13:30〜16:30


漢方薬から考える弁証施膳セミナー:1月・2月
1/22(水)・26(日)
2/12(水)・16(日)
13:30〜16:30


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月・火曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com