指が動き出した〜!
ありがたい!!

やっぱり漢方薬ってすごいなぁ…と
実感した朝です。


心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田のりこです。


いつも応援していただいて
ありがとうございます。


一昨日から続いている
両手のすべての指のこわばり。


手首をゴムできつく縛られたような感覚が
寝ていても起きてもあり
昨日はピークで日中もずっと痛かったです。


原因は
疲れが溜まっているときに
焼き肉とお酒をたくさんいただき
自然界でも気圧変化が激しく
突然大雨が降ったり湿度が高くて
体に湿熱を溜めてしまったから。


もともと血が減っていて
血流が悪くなっていたので
汚れた水の湿を流すだけの
力がなかったんですね。


それに対応できるように
お師匠様の先生に選薬してもらい
飲んでいました。


自分の診断はうまくできないので
こういうときはお師匠様に相談します。


こういうときにいつも思うのは
学んだことを活かせるかどうか。


脾は運化と統血で
肝は疏泄と蔵血で…と学ぶと
今起きていること(症状や病気)と
学んだことを結び付けられません。


でも、認定試験のセミナーでは
ここから入っちゃうんです…。


ここが出題されますしね。


なので今までの私のセミナーも
同じように理論から入っていました。


なんか違うな…と思い
なにが違うのか
なにが大切なのか…を
ずっとずっと考えていました。


日常生活では
内臓の話より
症状からの分析の方が先じゃない??


これが分かったときに
衝撃的でした…。


私が漢方薬や薬膳の勉強を始めた時に
「症状が出た時に
 その原因を見極めて
 漢方薬や薬膳を選べるようになりたい」
と思ったから…。


なのにいつしか
頭でっかちのことばかりして
知識の詰め込みばかりして
それを仕事にして
受講生様に「覚える」ことをさせて…。


あぁ…
なんてこと…


と思ったのです。


認定試験のセミナーは
もちろんとても意味があって大切なもの。


定期的に順番に学ぶので
コツコツ積み上げるのには適しています。


必要とする人もいるし
セミナーを止めるつもりもないです。


でも、私が本当にしたいのは
「なぜ?」から「選ぶ」ことをして
「整える」ことができる方法を伝えること。


4000人のお客様を診たからこその
現場の目や感覚などの経験から得たことを
お伝えしようと決めたんです。


薬膳を学ぶ




「内臓の働きはこれ
 この内臓がバランスを崩すとこうなる」
ではなく
「この症状が出たときには
 ここも見て。そこにヒントがある。
 それがこうなら
 この内臓がこう伝えたがってるの」
という感じ。


当たり前のことなのに
なぜしてこなかったんだろう…。


自分に自信がなかったから
人より知識がある「先生」であることに
メリットがあったのかしら。。。


以前、私のことを
「先生」ではなく「池田さん」と呼ぶ方がいて
ちょっとムッとしたことがあって
自分でも驚きました。


あぁ…私は
「先生」という仮面がないと
自信がないんだ…と。


その頃から
考え方が変わってきました。


そして今では
どーでもいい!と思えるように。


池田先生でも
のりこ先生でも
池田さんでも
のりちゃんでも
のりこさんでも
のりぴーでも
のりぴでも。


漢方薬のお客様には
「のりぴせんせ」と
呼んでくださる方も…(笑)


すると
どんどん頭にアイデアが浮かんできて
ワクワクしてきたんです。


それでできあがったのが
「暮らしに活かす薬膳セミナー」コース。


今は初回セミナーを開催していますが
10月からいよいよ毎月のコースが始まります。


初回のテーマは便秘。


「便秘ってなんだろうね?
 便が出ないことだけじゃないんだよ。
 全然出ないのも、コロコロ便も
 細くてスッキリしない便も
 出た後下痢でも
 便秘だよね」
ということから始まり

「こういう便のときは
 肌を診て」

「こういう便のときは
 つめを診て」

「それはね、こういうことだから
 こうすればいいよね!
 漢方薬はこれを選ぶの。
 その中身はこんなブレンドだから
 食べものだとこれを組むといいよ」
というお話をします。


「メインだとこれ
 毎日少しずつ食べるならこれ
 なんならこれを毎日ご飯に乗せてね」
ということも。


すべて誰にでも分かる言葉で。


これをもう少し専門的にお話するのが
「弁証力アップセミナー」で
漢方薬から薬膳を考えて
実際にレシピを組むワークがあるのが
「漢方薬から考える弁証施膳セミナー」で
この2つのセミナーは
薬膳インストラクター合格者が対象です。


初めてさんは
「暮らしに活かす薬膳セミナー」から始めて
資格を取りたくなったら
資格セミナーに進んでください。


まずは
「初回セミナー」から。


10月まで:
https://coubic.com/shobido1/926803

11月以降:
https://coubic.com/shobido1/532540



薬膳アドバイザー認定試験
試験対策セミナーは
2020年1月開講です。

https://coubic.com/shobido1/449890


資格セミナーで勉強中の方が
「暮らしに活かす薬膳セミナー」を受けると
いまあるたくさんの素晴らしい知識を
違う角度から見てブラッシュアップしたり
誰かに伝えたりアウトプットする方法を
得られます。


みんなが笑顔になるために…と考えた
「暮らしに活かす薬膳セミナー」は
暮らしに活かすためのお勉強をします。


そのまんまだけど…(笑)


だからね
このセミナーのことを考えると
とても楽しいんです。


初回セミナーのアンケートをみて
共感してくださる言葉を見ると
抱きしめたくなる…。


コース開講まで
あと1か月ちょっと。


最後のまとめをしていきます。


「初回セミナー」受講後の
コース・ワンデーのお申込はこちら。


理論編(1年コース):
https://coubic.com/shobido1/930462

理論編(10月ワンデー):
https://coubic.com/shobido1/606428

実践編(10月):
https://coubic.com/shobido1/406190



ご不明な点がありましたら
事務局までお電話くださいね。


最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。


◆◇ いよいよ開講!暮らしに活かす薬膳セミナー ◇◆
理論編・実践編は10月開講♪
初回セミナー:すべて10:00〜12:30
8/28(水)20名様満席です
9/16(月)20名様満席です
10/2(水)20名様満席です
10/6(日)20名様まで定員を増やしました
10/30(水)好評につき開講します!
10月分までは今だけ特別価格の3,000円!!



◆◇ コトハナ流♪相手の心に残る自己紹介ができるようになるセミナー♪ ◇◆
咲美堂で開催します♪
8/27(火)13:30〜16:30


◆◇ 咲美堂×cafe clotho ◇◆
カウンセリング薬膳ごはん

漢方カウンセラーで国際薬膳調理師の
池田のりこが中医学の診断法で
カウンセリングをして体質をチェック。
後日、カフェクロトで
完全オーダーの薬膳ごはんを
召し上がっていただきます。
診断結果やおすすめの食べものを書いた
カウンセリングシートをプレゼント♪


◆◇ 咲美堂×カイノクチ ◇◆
学んで食べて笑顔になる薬膳ランチ会♪
9/20(金)夏の疲れをリセットする♪秋の乾燥対策
10/18(金)冬が来る前の腎ケア♪アンチエイジングの薬膳
11/15(金)冷えもコリも解消♪血流アップの薬膳
すべて12:00〜14:00



池田のりこのLINE@
毎日7:50に薬膳のお話を届けます♪
登録してくださいね!

↓↓↓

友だち追加


◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
咲美堂では
カウンセリングをもとに
◎漢方薬のご相談
◎オーダー薬膳茶
◎オーダー薬膳スープのもと
◎体質チェックと食べもの養生アドバイス
をさせていただきます。
↓↓↓
http://shobido-kanpo.com/service/index.html




◆◇ 9月・10月の薬膳イベント&セミナー ◇◆

================

9月のテーマ「咳・喘息」
10月のテーマ「便秘」
 
================

弁証力アップセミナー:9月
9/4日(水)・8(日)・25(水)・29(日)
10:00〜12:00
※国際14期・15期の午前中です

弁証力アップセミナー:10月
10/9(水)・13(日)
10:00〜12:00
※国際15期の午前中です



漢方薬から考える弁証施膳セミナー:9月
9/18 (水)・9/22 (日)13:30〜16:30


漢方薬から考える弁証施膳セミナー:10月
10/9 (水)・13 (日)13:30〜16:30


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月・火曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com