薬局開局の苦難から始まって
ゆっくりしたことなんてなかった…。

自分の選択が間違っていたのかと
何度も何度も悩んでやってきて5年。

今やっと後悔せずに
受け入れられるようになりました。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田のりこです。




いつも応援していただいて
ありがとうございます。



5年前の今日
咲美堂漢方薬局を開局しました。




いろいろあって
現在は咲美堂漢方薬房として
5周年を迎えることができました。




奇跡としか言いようがなく
周りのみなさまのおかげだと
心から感謝しております。




c1d3fef2






ここから先は
かなり長いお話となります。




よかったら
お付き合いください。




高校生のころから不調続きだった私は
15年前に重度の子宮内膜症で
立てなくなりました。




お腹の痛みは取れず
使った薬の副作用でうつになり
私の人生は終わった…と思いました。




元夫の暴力で離婚をして
1か月のうち元気な日は数日だけで
心も体もボロボロでした。




こんな体では
仕事もできないし
遊びにも行けないし
約束もできない…





何軒病院をまわっても
「あなたの病気は治りません。
 うまく付き合ってください」
と言われるだけ…。




4件目の病院の診察台で
検査を待っているときに
カーテン越しの隣の部屋から
「ご懐妊です!」の言葉と
歓喜の声が聞こえてきました。




不幸のどん底にいる私と
最高の幸せを感じている彼女との
間にあるのはたった1枚のカーテンなのに
なぜこんなにも違うんだろう…と
悲しくなりました。




耐えきれなくなって
「もう帰ります…」とだけ言って
身なりを簡単に整えて
荷物を抱えて
泣きながら診察室を出ました。




泣き崩れる私が
口にしたのは
「こんなに辛いのなら
 生きていても意味がない。
 死にたい」
という言葉。





母は一言だけ
「帰ろっか」
とだけ言いました。




まっすぐ歩くのも難しい私に
寄り添うようにゆっくり歩いてくれた母は
「おばあちゃんが言ってたでしょ。
 何があっても笑っていなさい。
 笑っていたら良いことがあるから」
と肩を抱いてくれました。




痛みがひどくて動けないので
仕事も休みがちで
寝ころびながら
ネットサーフィンをしてると
ある文字を見つけました。





「漢方薬で子宮内膜症が治ります」




どの病院でも
「治らない」と言われたのに
「治る」と書かれている…。





もうこれしかないと思い
神戸の女医さんがいる婦人科を
探しました。




そして電話をすると
1か月待ち…。




西洋医学をまったく信じていない私は
「どうせまた…」という気持ちと
「助けてほしい」という気持ちから
長い長い手紙を書きました。




「どうせ読んでくれない」




そう思いながらも
受付の方に渡しました。




診察室から呼ばれて中に入ると
「あ、池田さんね。
 お手紙読みましたよ!」と
肝っ玉母さんのような先生が
満面の笑みで言ってくれました。




病院では決してしてくれなかった
「私」を見てくれたのです。




そして
「大丈夫よ。治るから。
 ただ、あなたは本当にひどいから
 3年はかかるかも。
 がんばれる?」
と言われて、きょとん…。




治る…
その言葉に期待していたのに
いざ言われると言葉が出ず…。




そして
「今まで辛かったね。
 よくがんばったね。
 大丈夫だから」
という言葉で
我慢していた感情が一気に出て
診察室で呼吸もできないほど号泣…。




たくさんの生薬が入った
漢方薬のパックを持って帰って
家で煎じました。




「あなたをこんな体にしたのは
 私にも責任がある。
 だから、ひとりでがんばらず
 この作業は私にさせてほしい」




そう言って
漢方薬を煎じることを
母がしてくれることになりました。




いざ飲んでみると
この世にこんなまずい液体があるのか…
というぐらい飲めなくて撃沈…。




あんなに喜んだのに
「これで効かなかったら
 イヤだな…」
と思ってしまったのです。




そこで
漢方薬について調べていると
大阪の漢方スクールで
セミナーがあることを知りました。




漢方のことなんて
まったく興味がなかったし
どう見ても胡散臭い…。




話なんてどうでもいいから
私のこのまずい煎じ薬が
本当に効くのかだけを知りたくて
漢方パックを握りしめて受講しました。




まったく興味がないので
斜に構えたイヤな受講生です…。




でも、10分ほど話を聞いたときに
「私の病気は治る…
 昔からの不調はすべて治る!!」
と確信したのです。




「症状ではなく人をみる」

「悪いところを治すのではなく
 バランスを整えてもとに戻す」




この言葉が
なんどもなんども
私の中でこだましました。




「生きていいんだ」




そう思えたときに
私の手から煎じ漢方薬が
スルッと落ちました。




そこから猛勉強が始まって
病院の漢方薬を飲みながら
毎日自分の体と向き合いました。




当時はやっていたmixiの
子宮内膜症で悩む女性のグループで
漢方を勉強していることや
少しずつ元気になっていることを書くと
私に会いたいという人が現れました。




福岡の女性で
新幹線でやってきました。




それまで
役員秘書などの裏方が多く
人前で話すことなんてなかったので
何を言ったらいいのかも分からない…




そんなに知識があるわけでもないし
申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが
私が学んだことを伝えました。




そして、1か月後
その彼女から
「のりこさんから教えてもらったことを
 毎日していたら
 体がラクになってきました。
 ありがとうございます!!」
とメールがありました。




人から感謝される…
なんにもない、なにもできない
人生を諦めた私に
「ありがとう」って…。




涙が止まらず
こんな私でも人の役に立てるならと
小さなお茶会をして
少しずつ漢方や薬膳のお話を
するようになりました。




「友達も聞きたいって言ってるから」
「妹にも聞いてほしいから」
と口コミでどんどん広がって
「きちんと勉強をしたい」
と言われるようになりました。




でも、私には
教えられるだけの知識も経験もない…




しかも
当時の神戸には
薬膳を学べるところがなかったのです。




そこで
通信教育と独学で
薬膳インストラクターを学び
合格後4か月で
国際薬膳調理師に合格しました。




漢方の医学と薬膳をすれば
人生が変わる。




神戸に薬膳の学校を作ろう。




そう決意して
10年前に派遣社員で働きながら
少しずつセミナーをはじめました。




どんどん受講生様が増えて
認定試験を実施していると
いつの間にか合格者が
協会内で日本一に。




5年経った時に
私は漢方薬で救われたから
漢方薬のお店を持ちたいと
思いました。




医薬品取り扱いの免許がない私は
薬剤師を雇って薬局を開業することに。




いろいろ大変だったものの
自己資金1000万円近くをつぎ込んで
5年前の今日
咲美堂漢方薬局を開局しました。




経営のことをまったく知らずに
事業を始めた甘さから
業績はどんどん悪化して
薬剤師が辞めることに…。




そのころ
医薬品登録販売者の資格を取れたので
やっと自分で処方できるようになりましたが
うまくいかないことばかり。




その後も
なんども経営の危機となり
眠れない日が続きました。




2年前、ある方に
もう限界であることと
私は廃業することを伝えました。




すると
その方はどんなときでも
「君は素晴らしい」と
言い続けてくれました。




そして
大きな支援と応援をしてくださり
何とか危機を回避できたうえに
大きな大きなチャンスを
なんども下さいました。




なんとか軌道に乗ったとき
その方は私の前からいなくなり
今は遠くから見守ってくださっています。





波乱万丈すぎる人生ですが
すべてが学びであり
よき経験であったと
今やっと思えるようになりました。




神戸を薬膳の街に。
神戸から国際薬膳師を100名誕生させる。




この目標も
そう遠くなくなりました。




「咲美堂」という名前は
「笑顔の花を美しく咲かせる」
という思いを込めてつけました。




漢方医学や薬膳を知れば
体が元気になる。




体が整えば心も整って
笑顔が増える。




みんなが笑顔になれば
家庭、学校、会社、地域に
笑顔が増える。




日本中の人が笑顔になれば
病気や悲しい事件が減るかもしれない…




孤独死をなくしたい。




そのために
漢方と薬膳を伝えようと決めました。




私の夢は
「伝える」という私の仕事がなくなること。




伝えなくても良い世の中を作り
みんなが笑顔で健康で
「毎日がハッピー」と
思える世の中にしたい…。




でも、私ひとりの力では
到底間に合わず…。




だから
仲間を作りたいのです。




認定試験にこだわるのは
伝える人を増やしたいから。




ただただ、それだけだから
他のスクールがどうとか
誰かがどうとか
まったく気にしません。




私のセミナーは
録音、録画OKです。




ひとこと教えてもらえれば
資料を使っても
私の言い方をそのまま使っても
大丈夫です。




「私が」伝えたいのではなく
伝わればいいので…。




そのために
まだまだやることがあります。




未熟な私は
もっともっと学ばなければいけないと
思っています。




いろいろなことがあるたびに
すべてを学びだと思って
考えるようにしています。




私のせいで
イヤな思いをした人も
いると思います。




申し訳なかったと思いますが
その方がいてくれたから
今の私があるので
感謝しています。




お店を持って5年
ひとことで言えば
本当に大変でした…。




ここまでやってこられたのは
奇跡です。




みなさまのおかげで
ここまで来られたので
感謝の気持ちを表す
記念イベントをしたかったのですが
人材も足りず社内体制が整わなくて
叶いませんでした…。




それが
今年いちばんの大きな後悔です。




大きなことはできませんでしたが
日々常に感謝をして
これからも精進してまいります。




応援してくださるみなさま
いつも本当にありがとうございます。




そして
こんなにも長い長い記事を
最後まで読んでくださって
ありがとうございました。




株式会社咲美堂
代表取締役 池田哲子




◆◇ cafe clotho×咲美堂コラボ ◇◆

カウンセリング薬膳ごはん
漢方カウンセラーで国際薬膳調理師の
池田のりこが中医学の診断法で
カウンセリングをして体質をチェック。
後日、カフェクロトで
完全オーダーの薬膳ごはんを
召し上がっていただきます。
診断結果やおすすめの食べものを書いた
カウンセリングシートをプレゼント♪

月替わり薬膳ランチプレート
1日限定13食。
9月のテーマは「秋の美肌と美声」。
毎月テーマが変わります。

学んで食べて笑顔になる薬膳ランチ会♪
暑さが残る秋の薬膳
9/21(金)12:00〜13:30

秋の乾燥対策の薬膳
10/19(金)12:00〜13:30


池田のりこのLINE@
はじめました。

登録してくださいね!

↓↓↓

友だち追加


◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
咲美堂では
カウンセリングをもとに
◎漢方薬のご相談
◎オーダー薬膳茶
◎オーダー薬膳スープのもと
◎体質チェックと食べもの養生アドバイス
をさせていただきます。
↓↓↓
http://shobido-kanpo.com/service/index.html



◆◇ 9・10・11月の薬膳イベント&セミナー ◇◆

================

9月のテーマ「咳・喘息」
体の中から潤って
呼吸器と肌をケアする薬膳

10月のテーマ「便秘」
便秘の原因を知って
腸内環境を整える薬膳

11月のテーマ「冷え」
冷えのタイプを見極めて
体の中から温まる薬膳



================

薬膳を気軽に始めたい方向けの薬膳基礎セミナー
9/22(土)10:30〜12:00
9/26(水)10:30〜12:00
10/17(水)13:30〜15:00
10/20(土)10:30〜12:00
11/4(日) 10:30〜12:00
11/7(水) 10:30〜12:00


まずはココから
薬膳茶ブレンドセミナー〜基礎編〜

9/26(水) 13:30〜15:00
9/26(水) 13:30〜15:00
10/20(土) 13:30〜15:00
11/7(水) 13:30〜15:00


気になる症状別
薬膳茶ブレンドセミナー

9/15(土)10:30〜12:00
10/25(木)10:30〜12:00
11/3(土)10:30〜12:00 ※10月のテーマ
11/17(土)10:30〜12:00
11/22(木)13:30〜15:00

================



弁証力アップセミナー
9/19(水)・10/3(水)※9月のテーマ
10/14 (日)・10/21 (日)・10/24 (水)
11/14(水)・11/25(日)・11/28(水)

※国際13期・14期の午前中です

食医ごはんを考えよう
9/20(木)
10/7 (日)・10/17 (水)





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月・火曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com