ヘモグロビンが減っていなくても
貧血っぽい症状が出ます。

検査をしても原因が分からず
でも貧血っぽいという方が
この時期に増えています。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田のりこです。




いつも応援していただいて
ありがとうございます。




昨日の香川県での
薬膳アドバイザー認定試験
試験対策セミナーでもお話しましたが
この時期は「隠れ貧血」が多いのです。




貧血と言うと
ヘモグロビンとか鉄分を
思い浮かべると思いますが
漢方では血(けつ)が少ないことを
血虚(けっきょ)といいます。




この血は
赤い血液だけではなく
体に必要なしっとりとした潤いも
含みます。




どこに栄養を届けて
潤わせているかというと…




内臓、肌、つめ、筋、目、髪
心、脳などです。




必要としているところを
使いすぎると血が減ります。




つまり
目、心、脳を使いすぎると
血は減るのです…。




感情でいちばん減るのは
怒りや焦り。




これは私のセミナーのネタですが
「イライラしたときに
 目の前の人に
 自分の大切な血を減らしていいのか?!
 って考えてみてくださいね!」
と言っています。




ちょっと落ち着くでしょ?(笑)




この大切な血
女性は生理で出るので減りやすいのですが
今の時期は誰でも減るんです。




そのメカニズムをご紹介しますね。




まず血は
鉄分を入れても
一時的に増えるだけでキープできません…。




血を作るためには
材料と作る場所が必要。




材料は
気と津液(しんえき)で
作る場所は「脾」という
消化吸収システム。




津液というのは
体の表面に近いところを
さらさらと流れている
キレイな液体。




汗として出てしまうので
夏には減ります。




でもこの水は
水分を摂っても増えません…。




津液が減ると
材料がないので血も減ります。




そして
「汗をかく」というのは
とてもドラマがあるのです。




肺(というシステム)で
水分代謝をしているうちに
汚れて不要となった水を
汗で体外に排出します。




そのとき
汚れた水から汗に変えたり
できた汗を外に押し出したり
汗の出口を開閉したりしています。




それをやっているのが
パワーや動かすお仕事をしている
「気」なんです。




血を作る材料
その2ですね。




汗をたくさんかくということは
気が大忙し…。




つまり、減る。




そして
食べものを消化吸収して
小さな物質に分解して
いろいろなエッセンスから
気血津液を作る製造工場の「脾」は
ストレスや緊張、湿気、冷えが
大嫌い。




夏場は暑くて
ついつい冷たいものを
多く摂りすぎて
お腹は冷え冷え…。




製造工場が
ストップしてしまいます。




工場が動かないと
作ることができない…。




気も血も津液も増えない…。




ということで
この時期は血が足りなくなるんです。




肌が乾燥する
目が疲れやすい
爪が割れやすい
筋がつりやすい
髪がまとまらない
イライラ、うつうつする
判断力や記憶力が落ちる
眠いのに眠れない…




という
血虚の症状と
フラッとしたり疲れやすかったり
貧血っぽい症状が出るんです。




そして
筋肉の栄養を作っているのが血。




血が減ると
筋肉に血が届きません。




そうなると
干からびたゴムと一緒で
伸び縮みもできなくて
硬くなって引きつります。




そんなときに
エアコンの冷たい風が当たると
自然界の動物たちが
寒くなると丸まって冬眠するように
血管だって縮みます。




そうなると
心臓から遠い足は
ますます血不足に…。




明け方4時ごろに
気温がぐっと下がったとき
こむら返りや足の指がつりやすいのです。




これが脳で起こると脳梗塞
心臓で起こると心筋梗塞…。




だから今の時期は
脳梗塞が多いのです…。




実は今朝
こむら返りになりました…。




疲れがたまっているときに
香川県で張り切ってしゃべりすぎて
頭や心がフル回転して
高速バスでの移動で
エアコンの冷えが入ったのでしょう。




しっかりお風呂に浸かりましたが
エアコンをつけて寝たので
また冷えたかな…。




ごめんね
ふくらはぎちゃん。




でも
「昨日は4時間立って話せたし
 移動中もしんどくなかったし
 しっかり働いてくれてありがとう」
そう言いながら
半泣き状態でふくらはぎをさすっていたら
痛みが消えました。




こむら返りは
「痛いだろー!!」と
ふくらはぎが困らせようと
しているのではなく
「ほらほら、血が減ってるよ。
 ちょっと冷えも入ってるよ。
 気をつけなきゃね」
と教えてくれているのです。




ありがたいですよね。




でも辛い…




そんな方におすすめなのが
なつめ。




2c67e6abe1fce8daf7aa22df9c378a92_s






なつめは
気血を作るだけでなく
津液も作って
心も穏やかにしてくれます。




そのまま食べてもいいし
ポンとスープに入れてもいいし
切って煮物や炒め物に入れてもOK。




私は必ずひとつ
毎日食べています。




通常3個と言われますが
うちのなつめは
大きいもので…。




http://shop.shobido-kanpo.com/items/4480291




みなさんも
食べてみてくださいね。




冷える方は
しょうがを一緒に使うと
より良いですよ。




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。




◆◇ cafe clotho×咲美堂コラボ ◇◆

カウンセリング薬膳ごはん
漢方カウンセラーで国際薬膳調理師の
池田のりこが中医学の診断法で
カウンセリングをして体質をチェック。
後日、カフェクロトで
完全オーダーの薬膳ごはんを
召し上がっていただきます。
診断結果やおすすめの食べものを書いた
カウンセリングシートをプレゼント♪

月替わり薬膳ランチプレート
1日限定13食。
8月のテーマは「夏バテせずにご機嫌に秋を迎える」。
毎月テーマが変わります。

健脾食堂
食べることも大事だけど
消化吸収システム「脾」が
ご機嫌であることがもっと大事!!
「健脾」するものてんこ盛りの
薬膳ご飯を召し上がっていただける
スペシャルデー♪


池田のりこのLINE@
はじめました。

登録してくださいね!

↓↓↓

友だち追加


◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
咲美堂では
カウンセリングをもとに
◎漢方薬のご相談
◎オーダー薬膳茶
◎オーダー薬膳スープのもと
◎体質チェックと食べもの養生アドバイス
をさせていただきます。
↓↓↓
http://shobido-kanpo.com/service/index.html



◆◇ 特別セミナー ◇◆
学んで食べて笑顔になる薬膳ランチ会♪
暑さが残る秋の薬膳
9/21(金)12:00〜13:30

秋の乾燥対策の薬膳
10/19(金)12:00〜13:30



>◆◇ 8・9・10月の薬膳イベント&セミナー ◇◆

================

8月のテーマ「夏バテ」
暑さや冷房の冷えに負けない!
夏を元気に楽しむためための薬膳

9月のテーマ「咳・喘息」
体の中から潤って
呼吸器と肌をケアする薬膳

10月のテーマ「便秘」
便秘の原因を知って
腸内環境を整える薬膳

================

薬膳を気軽に始めたい方向けの薬膳基礎セミナー
8/29(水)13:30〜15:00
9/22(土)10:30〜12:00
9/26(水)10:30〜12:00
10/17(水)13:30〜15:00
10/20(土)10:30〜12:00



まずはココから
薬膳茶ブレンドセミナー〜基礎編〜

9/26(水) 13:30〜15:00


気になる症状別
薬膳茶ブレンドセミナー

8/23(木)10:30〜12:00
8/25(土)10:30〜12:00
9/13(木)10:30〜12:00
9/15(土)10:30〜12:00

================



弁証力アップセミナー
8/5(日)・8/8(水)・8/19(日)
9/5(水)・9/9 (日)・9/19(水)
10/14 (日)・10/21 (日)・10/24 (水)
※国際12期・13期・14期の午前中です

食医ごはんを考えよう
8/22(水)・8/26(日)
9/20(木)
10/7 (日)・10/17 (水)




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月・火曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com