どんなに辛くても
泣きそうでも
ひとりで大泣きすることなんて
ほとんどない私…。

何をやってもうまくいかず
ただただ焦る…
そんなときにも
薬膳が助けてくれます。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田のりこです。




いつも応援していただいて
ありがとうございます。




定休日の昨日
免許証の更新に行き
知人とランチをして
仕事をして
料理の作り置きをする…
はずでした。




正確には
全部したのですが
歯車がずれたように
何をやってもうまくいかず…。




いつもの私なら
もっとスムーズにできるのに
原稿を書こうと思っても
言葉に詰まってしまい
掃除をしていても
何か忘れたり順番を間違えたり…



溜息しか出ない…。




かなりポジティブな私ですが
さすがにどっぷり疲れてしまい
少しお昼寝をしました。




このところの睡眠不足とストレス
梅雨前の湿度の高さで
体のだるさがあったので
少しでも改善すれば…と。




でも
物音で目が覚めたり
体が痛かったり
足がつって目が覚めたり…。




もうっ…
また溜息が増えます。




ただただ時間だけが過ぎていき
たまに鳴るスマホは
「なんで今…」
というようなものや
言葉を失うような報告ばかり…。




ダメだ…
暇だったら余計なことを考える…
と思って
料理をすることにしました。




今週は外食も多いし
がんばりすぎず
できる範囲での作り置きを。




ところが
あまり食欲がなく…
この私が…。




「これだけは今日食べよう」
と決めて作ったのは
セロリとかぶ(葉っぱも)の
塩昆布炒め。




34165023_1935046453240564_3271529572079763456_n





困ったときの
塩昆布炒めなのですが
ポイントはかぶだけではなく
セロリを入れたこと。




セロリは
気持ちを落ち着かせて
クールダウンし、
目の充血を鎮めたり
高血圧を安定させます。




かぶは
ストレスや緊張で傷んだ
消化吸収システムを整えたり
内臓たちを元気にする優しい子。




かぶ、セロリを炒めてから
塩昆布を入れて混ぜて
ビタミンが豊富な葉っぱを
最後に入れてさっと炒めるだけ。




かぶだけでも
セロリだけでもなく
一緒にすることで
ストレスや緊張からの
胃腸障害にぴったりになります。




このように
今の自分の症状が
「なぜ起きているのか?」を考えて
食べものを「選ぶ」のが薬膳です。




そして
心や脳や目をたくさん使うと減るのが
血(けつ)。




血液だけではなく
栄養をたっぷり含んだ液体も含みます。




内臓、肌、つめ、目、筋
髪、心、脳に潤いを届けています。




最近かなり血を使っているので
しっかりと補えるように
ひじきの煮物を作りました。




ひじきは
クールダウンさせながら
髪と心に栄養を与えてくれます。




そこに
心を安定させるなつめ
目を良くするにんじん
胃腸を整える大豆
消化吸収を高めて
むくみを改善するハトムギを入れて
(固ゆでにして冷凍していたもの)
煮物を作りました。




なつめは
縦に置いて切って
回転させてまた切って…と
3回ぐらいに分けて縦長に切り
それを細く切ります。




咲美堂のなつめは
一般的なものの3倍ぐらい大きいので
これができるんです。




にんじんの細さと
同じぐらいに切ると
見栄えもいいです。




作り方は
普通のひじきの煮物と同じ。




あとは
「私の体の中で
 しっかり働いてくれて
 ありがとう。
 おいしくなぁ〜れ」と
呪文を掛けて煮詰めます。




34394503_1935046316573911_5717081609664987136_n





鶏モモ肉のロールハムは
小さめに作りました。




あとは
食材を切ったり火を通すなど
下処理をしたり
冷凍にしたり。




晩ご飯は
ハトムギ入りとうもろこしご飯と
アスパラガスとワカメのお味噌汁と
今日作ったものを少しずつ。




34369171_1935046306573912_2210017216483557376_n





食欲がないときは
無理してたくさん食べません。




お腹が空いたら
そのときに食べたらいいだけ。




とてもおいしかったけど
やっぱり心はモヤモヤ…。




そんなときに
お世話になっている中医師の先生や
薬膳仲間や友人たちから
メッセージが…。




「いつも応援しているよ」
「いつでも連絡しておいで」
「いつも側にいるからね」




その言葉を読んで
初めて涙が出ました。




それまで
どんなに辛くても
涙さえ出なかったのに
人の優しさに触れると
一気に崩壊…。




私の周りの人たちは
「心配している」とか
「ご自愛ください」とかは
言わないんです。




それが心地いい…。




「心配している」とか
「ご自愛ください」は
私が体調や心を崩すという
前提で話されているので
あまり好きではありません…。




だから
私もほとんど使いません。




「応援している」
「いつでも行くよ」
「そばにいるよ」
そんな言葉を掛けられると
心があったかくなります。




漢方や薬膳を
伝える仕事をしていますが
こういうこともお伝えできれば
食べものがもっともっと
良いお仕事をしてくれるんじゃないかと
最近よく思います。




単純な人間なので
ひとしきり泣いて
みなさんからの愛に感動して
また泣いて…




電気を消して
アロマキャンドルだけにして
ゆっくりお風呂に浸かっていると
落ち着きました。




落ち着いたら
またいつもの妄想が始まって
なかなか寝付けなかったのですが…。




落ち込むのも
イライラするのも
泣きたくなるのも
妄想するのも
全部自分。




物質世界に支配されているだけで
宇宙から見たら
なんにも関係ない…。




起きたことに対して
勝手に自分がそう感じただけ…。




そう気づくまでの時間が
短くなってきたように思います。




そろそろまた
脱皮の時期かな…。




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。




池田のりこのLINE@
はじめました。

登録してくださいね!

↓↓↓

友だち追加


◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
咲美堂では
カウンセリングをもとに
◎漢方薬のご相談
◎オーダー薬膳茶
◎オーダー薬膳スープのもと
◎体質チェックと食べもの養生アドバイス
をさせていただきます。
↓↓↓
http://shobido-kanpo.com/service/index.html



◆◇2日でマスター!薬膳アドバイザー ◇◆
通常5回の試験対策セミナーを
2日間でマスターします。
10月の受験に間に合います!
(1)7/1(日)・7/4(水)
(2)7/28(土)・8/1(水)
10:00〜12:00、13:00〜15:00
詳細はこちらをご覧下さい





◆◇ 特別セミナー ◇◆
芦屋割烹「樹」店主の
本格和食で楽しむ薬膳料理

6/15(金)むくみの薬膳
7/13(金)夏の養生の薬膳
すべて12:00〜13:30



3000名の舌を診た
池田先生の「舌診セミナー」

6/23(土)10:30〜12:00
6/28日(水)13:30〜15:00

◆◇ 6月・7月の薬膳イベント&セミナー ◇◆

================

6月のテーマ「浮腫」
むくんでだるい梅雨でも
薬膳で体も頭もスッキリ!

7月のテーマ「胃腸トラブル」
胃腸を整えるためのタイプ別食事ケア

================
薬膳を気軽に始めたい方向けの薬膳基礎セミナー
6/7(木) 10:30〜12:00 
6/17(日) 10:30〜12:00 
7/19(木) 10:30 〜 12:00
7/21(土)13:30 〜 15:00

まずはココから
薬膳茶ブレンドセミナー〜基礎編〜

6/21(木)10:30〜12:00
7/19(木)13:30 〜 15:00


気になる症状別
薬膳茶ブレンドセミナー

6/7(木)13:30〜12:00
6/17(日)13:30〜15:00
7/12(木)10:30 〜 12:00 7/22(日)13:30 〜 15:00


================



弁証力アップセミナー
6/10(日)・20(水)・24(日)
7/8(日)・7/11(水)・7/25(水)
10:00〜12:00
※国際12期・13期の午前中です

食医ごはんを考えよう
6/3(日)・6/28(木)
7/26(木)・7/29(日)
10:00〜12:00




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月・火曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com