年内最後のセミナーが
終了しました。

腎についてでしたが
深いお話ができたことが
とてもありがたいです。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田のりこです。




いつも応援していただいて
ありがとうございます。




今日は
年内最後のセミナーでした。




「上級者のための
 診断力を高めるセミナー」で
テーマは腎。




体調不良などでのキャンセルもあり
少人数での開催でした。




普通に腎のお話をする予定が
朝になって
「どうしても話したい」
ということが浮かびました。




テキストを作り上げていたのですが
補足資料として
急遽追加。




「腎は大切」
ということは
漢方や薬膳を学んだ人は
ご存じのはず。



でも
「なぜ大切なのか?」を
知らない人が
意外と多いのです。



「大切にしてね」
と言っても
なぜ大切なのか?
どう大切にしたら良いのか?
を知らなければ
大切にしようもありません。




今日は
国際薬膳師のみなさんが
受講生さまなので
腎の働きはよく知っています。




だから
「誰かに腎の大切さを伝えるときに
 どのように伝えたら良いか?」
ということを
お話しました。





とても喜んでいただけて
クリスマスプレゼントになったようなので
みなさまにも
お伝えしたいと思います。




クリスマスの腎のお話




腎は
腎臓機能を含むシステムで
「作強の官、技巧を出づ」
と言われます。





「生命維持のための元気を作り
 根気や忍耐力を形成する」
と解説されています。




「作」は動作や労働のことで
「強」は強さ。

私は
忍耐力の意味もあると
思っています。




心が王様で最高司令官で
肝が指揮を執っている人で
腎が働く人。




腎は精を貯蔵しており
五臓や体を動かすために必要です。




人間が生きていくための
エネルギーとなる
活力や精力の源。




教科書的に言うと
こんな感じです。




が…
精ってなんなの??
という説明が難しい…。




どう説明したらいいのかを
ずっと考えてきました。




話は少しずれて…

定期的に淡路で
治療を受けているのですが
その先生が少し前に
なぞのアドバイスをしてくれました。




「キーワードは微生物」




び、微生物??




意味が分からず
微生物について調べたり
本を読んでいると
ある本に出会いました。




小林正観さんの
「ありがとうの魔法」
という本。




この本にたどり着いた詳細は
こちらをご覧下さいね。

↓↓↓

http://norihime.livedoor.biz/archives/52776856.html




これらの内容が
私の体験と知識と混ざり合って
あることに気付きました。




「精とは
 微生物のようなもの」




微生物は
あるのかないのかも分からないけど
きちんと仕事をします。




その微生物の働きによって
土壌が作られます。




土壌が良いと
農作物ができます。




それを食べた動物が
糞便をして微生物が働きます。




そしてまた
土壌が作られます。




土壌は
人間の体でいうと
消化吸収力の「脾」。




五行色体表でみると
脾は「土(ど)」のグループに
属しています。




五行色体表





目、脳、手足、心などは
実った農作物の
りんごのようなもの。




記憶力をよくしたい
手足が冷えないようにしたい
目の疲れをなくしたい…




つまり
キレイでおいしいりんごを
作りたいということ。




でも
りんごだけを見て
陽をあてたり
実を磨いたりするだけでは
良いりんごは収穫できません。




木に栄養は行き渡っているかな?
土は大丈夫かな?
根は張っているかな?
寒すぎないかな?




いろいろな条件が揃わないと
りんごはできないのです。




つまり
体は整わない。




食べものは大事です。




体は食べたもので
作られます。




良いものを食べると
体はよろこびます。




でも
体と食べものの
お見合いが成立しないと
せっかくの食べものからの恵みを
体への栄養や活力に
変換できないのです。




そのお見合いが
「選ぶ」ということ。




それが薬膳です。




作らなくても
選ぶことで薬膳なので
外食やコンビニでも
知識を活かすことができます。




その重要な「選ぶ」
ということをするには
体のしくみを知って
状況を的確に判断できる
診断力が必要です。




私は
診断することが得意なので
セミナーなどで
みなさんにお話しています。




今回のテーマは「腎」。




腎は精を蔵しているのですが
言い換えれば
精は人間の体にとって
微生物のようなもの。




とっても大事なエッセンスを
育てているのが
腎というシステム。




実在する臓器ではなく
お仕事のことです。




その腎は
精を育てる以外にも
たくさんの仕事をしています。





◎成長、発育、生殖
受精卵から生命を受けて
人生を全うするまでを
管理しています。


腎が弱いと成長が遅く
老化も早まります。




◎主水
肺と一緒に水分代謝や
呼吸を管理しています。


ペアで動いているので
肺がバランスを崩すと
腎もバランスを崩して
尿トラブルになることも。




◎温煦
体を温める熱源を
管理しています。


自然界の動物たちが
寒くなると
丸まって眠るように
この作用が弱まると
他の臓腑たちが
寒くて動けなくなります。


胃や肺も動かないので
食べたものが消化できなかったり
呼吸もうまくできず
息苦しくなったり
咳が出たりします。




◎主水
肺と一緒に
水分代謝を管理しています。


体に必要な水を
隅々まで届けたり
不要な水を体外に排泄します。


これがうまくできないと
尿が出せずむくみます。




◎骨や脳
骨や脳を養います。

腎が弱ると
骨が弱くなったり
記憶力が低下します。




◎耳
耳と連携しています。

腎が弱ると
耳の聞こえが悪くなったり
耳鳴りがします。


腎が急に
良くなったり悪くなったりはしないので
基本的にずっと続く耳鳴りです。


キーンと高い音で
鳴ったり鳴らなかったりするのは
気の高ぶりが原因なので
腎の問題ではないこともあります。




◎納気
呼吸を深く吸う力を
養っています。


腎が弱くなると
深く息を吸い込めないので
呼吸が苦しくなります。




◎腰膝
腎が弱くなると
腰や膝がだるくなります。




このように
腎には
とても大事な仕事があります。




腎が正常に働くと
活力や精力が全身にみなぎり
元気に過ごすことができます。




内臓が働き
手足や体を動かして
頭もクリアに働いて
様々なことを可能にします。




精があれば
労働の源になるので
腎は「作強」と
呼ばれているのです。




足腰が丈夫なら
自由に動くことができます。




だから
腎は足腰と関係するのです。




君主や将軍のように
指揮を執る人がいても
働いてくれる人がいないと
国は滅びてしまいます。




働く人=腎が
生きていくのに大切な臓腑で
生命力の源である
と言われるのは
このような理由からです。




冬は腎の季節で
冷えると腎のコントロールが
乱れます。




私も先日
少し腎を傷めてしまいました。




そんなときに
淡路での治療で
「ホルモンバランスが崩れている。
 かみ合わせの問題」
と言われました。




ホルモンバランスと
かみ合わせが
何の関係があるのか…
とずっと疑問でしたが
分かりました。




歯は骨だから。
(歯は骨の余り)




左ばかりで噛んでいたら
骨にも影響があるはず。




しかも
かみ合わせが悪いと
姿勢も崩れるし
姿勢が悪くなると
呼吸もスムーズに入らない…。




成長、発育、生殖を
管理している腎に影響すれば
ホルモンバランスだって崩れます。




しかも私は
しばらく立ちっぱなしの講義や
長時間の移動などで
ひざや腰が痛かったのです。




腎からの
「無理するな」
という信号だったのですね…。




そして
腎は耳と関係します。




ここからは
私の経験と持論なので
本来は違うかも知れないけど…。




耳だって
心地よい方が良いはず。




自分が発する言葉は
自分の耳がいちばんに聞きます。




良い言葉を耳にしている方が
腎が喜ぶのでは…と思うのです。




「ありがとう」
という感謝の気持ちを
口にすることが
大切なんじゃないかと。




人は亡くなる直前まで
耳が聞こえていると言われます。




耳には
全身のつぼがあります。




やっぱり
耳は大事。




ストレスからの突発性難聴は
腎が「もう聞きたくない!」という
信号のように感じています。




実は私は
ゲームなどの電子音が大の苦手です。




それを聞き続けていると
体が弱ってきたのも
これかな…と。




絶対音感があるので
ずれた音を聞くと
めまいがして倒れそうにもなります。




ずっとナゾでしたが
これも繋がっているのでは?と
思ったのです。




そこで
少し環境を替えてみたり
愚痴を言う人とは距離を置いたり
良い言葉を口にしたりしてみました。




すると
やっぱり元気になったのです。




腎は脳と繋がっているので
仕事の効率も上がりました。




人とのコミュニケーションも
うまくできるようになりました。




重い病気になっても
笑っていると
治ってしまう人がいるのも
これではないかと。




病気になって苦しくて
人のせいにしたり
愚痴ばっかり言ったり
自分なんて…と言っていたら
弱ってしまうのも
これではないかと。




感情と内臓は関係していて
腎は恐れの感情で
バランスを崩します。




病気が「怖い」と思っていると
さらに腎を傷めます。




でも、
病気になって
健康のありがたさが分かったり
病気がきっかけで
ご縁があったりしたことに
感謝すれば
病気は良くなることが多いです。




私も先日
急にお腹が痛くなって動けず
休講にしてしまいました。




申し訳ない気持ちで
自分を責めたり
悲しい気持ちになりましたが
決まったものは変わらない…。




だから
腹痛に感謝しました。




今までにない痛みを経験して
腹痛のメカニズムを再確認できたこと
どうやって治すかを実験できること
健康でいられること
スタッフがいるから
会社が成り立っていること…
これらが分かったのです。




だから
心から「ありがとう」と
自分の体に言いました。




すると翌日
うそのように治って
寒い北海道に
旅立つことができたのです。




病気で苦しんでいる方は
その病気に感謝をして
「ありがとう」と
毎日言ってみてください。





がんばってきた
自分を褒めて
自分の体を
愛してください。




「私は素晴らしい」と。




体は必ず
答えてくれます。



でも
なかなかそうは思えない方は
漢方薬で体を整えると
考えられるようになります。




体の苦痛を軽減して
少し余裕ができたら
できるようになるんです。




そのお手伝いを
私たちはしています。




私は13年前に
重度の子宮内膜症に倒れて
生きることを諦めました。




そのときに
漢方薬と薬膳に出逢って
体がどんどん元気になって
人生が180度変わりました。




この仕事をはじめて
来年で10年です。




節目の年を迎えて
いまいちど漢方医学を見直すと
本当に素晴らしい考えだと思います。




腎は
「健康に生きる力を
 生み出すところ」。





漢方薬でも薬膳でも
腎を優しく丁寧にケアすると
いつまでも健康でいられます。



そして
耳は腎の穴なので
腎に届くように
良い言葉を発しようと思います。




このことを考えていて
私の使命はここにあると
感じました。




先日
漢方相談のお客様から
「先生のカウンセリングは
 漢方薬をもらうだけじゃなくて
 コーチングを受けているみたい。
 すぐできることを教えてもらえたので
 さっそくやってみます!」
と言われました。




体が整えば
心も整い
心が整えば
体も整います。




今まで
体を整える
お手伝いをしてきましたが
これからは
心を整えることも
お話していきます。




整えば
人生が変わるから。




このことに気付いたのも
私にきっかけをくださった
多くの方々のおかげです。




感謝しています。




そして何よりも
私を苦しめた
子宮内膜症という病気に
感謝しています。




あの病気がなかったら
今の幸せな私はありません。




病気は
気づきを与えてくれて
幸せになるチャンスでもある
と思います。



長い長い文章を
最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。




池田のりこのLINE@
はじめました。

登録してくださいね!

↓↓↓

友だち追加


◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
咲美堂では
カウンセリングをもとに
◎漢方薬のご相談
◎オーダー薬膳茶
◎オーダー薬膳スープのもと
◎体質チェックと食べもの養生アドバイス
をさせていただきます。
↓↓↓
http://shobido-kanpo.com/service/index.html




◆◇2日でマスター!薬膳アドバイザー ◇◆
通常5回の試験対策セミナーを
2日間でマスターします。
4月の受験に間に合います!
(1)1/28(日)・1/30(火)
(2)2/4(日)・15(木)
10:00〜12:00、13:00〜15:00
詳細はこちらをご覧下さい




◆◇ 1月の薬膳イベント&セミナー ◇◆
1月のテーマ「カゼ」
「カゼには生姜」でないことも。
薬膳でカゼを治そう!

薬膳を気軽に始めたい方向けの薬膳基礎セミナー
1/10(水)13:30〜15:00
1/20(土)10:30〜12:00
1/25(木)13:30〜15:00
2/7(水)13:30〜15:00


気になる症状別
薬膳茶ブレンドセミナー

1/10(水)10:30〜12:00
1/14(日)13:30〜15:00


芦屋割烹「樹」店主の
本格和食で楽しむ薬膳料理 睦月

1/19(金)12:00〜13:30


体と脳に効く!
椅子ヨガと立ちポーズのレッスン

1/23(火)〜3回コース


覚えてもらえる自己紹介ができるようになるセミナー
1/16(火)13:30〜15:30


管理栄養士がお話する薬膳学
1/11(木)・1/13(土)10:00〜12:00


弁証力アップセミナー
1/17(水)・1/21(日)・1/24(水)10:00〜12:00


弁証検証会
1/23(火)13:30〜15:30


食医ごはんを考えよう
1/14(日)・1/25(木)10:00〜12:00





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com