医療のプロに
薬膳をお伝えしたい。

その夢が
叶いました。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田哲子(のりこ)です。




いつも応援していただいて
ありがとうございます。




先日、
医療法人社団健心会
ほくと記念こやまクリニックさまで
講演をさせていただきました。




医療法人社団健心会さまで講演






こやまクリニックさまの
webサイトはこちら。

↓↓↓

http://www.hmk-clinic.com/




待合コーナーのイスを移動して
講演会場を作って下さいました。




普段は
会議室やセミナールーム
ホテルの宴会場やホールでお話しますが
このような場所でははじめて。




いつもと勝手は違いますが
このご依頼をいただいたときから
とても楽しみにしていました。




お話させていただくのは
患者様たち。




人生の大先輩の方々です。




少しでもお役に立てたらと思い、
「身近な食材で健康寿命を延ばす
〜認知症予防もできる薬膳の話〜」
という内容にしました。





患者様たちも
いささか緊張気味…。




どうやって
アイスブレイクしようかな…と
思っていたら…




なんと!!




司会の事務の方が
私のことを「イケダテツコ先生に〜」と
紹介してくださいました。




ということで
「実は名前が違うんです〜」
とお話して
会場盛り上がる♪




助かりました(笑)




人生の先輩方は
私の話に耳を傾けて
うんうんと頷いて聴いてくださいました。




途中、お話を投げかけたら
返してくださる方も。




30分という短い時間で
どこまでお伝えできるか
不安もありましたが
とても楽しく話せました。




でも、実はとても緊張を…。




だって
この視線ですよ…。




19437675_1418336614911553_7315501313007542100_n





お顔はハートマークにしましたが
制服から分りますよね。




えら〜い先生方です。




患者様向けの講演だったので
ほぼ患者様の方を向いていましたが
すぐ近くの熱い目線が
気になります。




写真はないのですが
左手には
栄養士さんたちも。




さすがの私も
プロのみなさんに囲まれると
緊張します…。





でも、
ずっと夢見ていた風景なんです。





「医療現場のプロの方に
 薬膳の話をしたい」と
思っていたから。




西洋医学と漢方医学は
まったく考え方が違います。




どちらが良いとか
悪いとかではなく
上手に選ぶべきだと思っています。




でも、薬膳は
漢方医学の考えで
食べものを選ぶこと。




その辺りを
理解していただけるのだろうか…と
少し不安もあったのです。




患者様にお役に立てるように
医療関係者のみなさんに
お伝えできるように…
いろいろな思いでお話した30分。




いくつか質問もいただきました。




栄養士さんからは
「これがいいと言うと
 ずっと食べてしまう方もいます。
 どれぐらい食べたらいいのですか?」
という質問が。




確かにそうですよね。




私から言えることは
「ご機嫌に食べられる量を
 食べてくださいね」
ということ。




ご病気などで
食事制限がある場合は
栄養士さんのチェックがあると
いいですよね。




薬膳は
薬膳師だけが伝えるのではなく
西洋栄養学のプロの力が加われば
もっとステキなものになります。




咲美堂にも
管理栄養士がいますが
高齢者施設での薬膳導入では
現場の栄養士さんと一緒に
メニューの開発をしています。




私たちがお伝えする薬膳が
ブラッシュアップされるのを見ていると
本当に嬉しく思います。




これからも
お互いの強みを活かして
様々なサービスのサポートを
していきたいです。




そして、
院長先生による閉会の挨拶で
私は感動しました。




「私たちは
 “あれやっちゃダメ
 これ食べちゃダメ” と言うことばかり。
 
 でも、薬膳というのは
 “これいいよ” なんですよね。

 素晴らしいと思いました。

 私たちがダメダメと言わずに
 みなさんが健康でいられる
 そんな病院にしたいですね」




まさか
ドクターから
このような言葉をいただけるとは
夢にも思っていませんでした。




違うドクターからは
浮腫についてのご質問を
いただきました。




「お薬ばかりじゃなくて
 なにか食べもので
 アドバイスができないかと思う」




薬膳には体質チェックがあり
診療時間の問題などもあるので
すぐにドクターが使えるか…というと
難しいところもあります。




でも、何かできそう…
いや、なんとかしたい
と思いました。




西洋医学と
漢方医学がベースの薬膳には
大きな壁があります。




でもそれが
少し小さくなったように思えました。





それと同時に
やはり薬膳は素晴らしいと
改めて思いました。




私が今までお話してきたのは
一般の方
食品メーカーの方
銀行の方
国家公務員の方
お立場のある方
栄養士さん
キャリアを積んだ女性
高齢者の方
小さい子供を持つお母さん
…など。




置かれている状況は
まったく違いますが
みなさんに喜んでいただきました。




自然ともに生きることと
バランスを整えるということを
大事にする薬膳は
すべての方のお役に立てます。




西洋医学と併用することで
相乗効果で高めることも
辛い副作用も軽減できます。




私たちにできることは
もっともっとあるんじゃないか…。




そんなことを思って
講演から帰ってきました。




とても貴重な経験をさせていただいた
ほくと記念こやまクリニックの皆さまに
感謝いたします。




みなさま、お優しくて
笑顔がとってもステキです。




私は、「美容皮膚科」が
とってもとっても気になっています…。




こやまクリニック様で講演_2





ほくと記念こやまクリニックさま

神戸市北区山田町
下谷上字梅木谷42−4
TEL:078-581-1123
HP:www.hmk-clinic.com





最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。




◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
☆漢方薬のご相談
☆体質診断と薬膳アドバイス
☆オーダー薬膳茶
☆オーダー薬膳スープのもと

ゆっくりお話を伺ってカウンセリングをさせていただきます。
事前にご予約をお願いいたします。
TEL:078-381-5665
咲美堂漢方薬房
11時〜18時(月曜日定休)
くわしくは、こちらをご覧下さい。



◆◇ 7月の薬膳イベント&セミナー ◇◆
薬膳セミナー入門編
「薬膳を暮らしや仕事に活かす♪」

(A)薬膳基礎セミナー&お茶会
7/15(土)10:30〜12:00
8/3(木)10:30〜12:00・8/27(日)13:30〜15:00

(B)10種類の薬膳茶を飲んでみよう!
7/13(木)10:30〜12:00
8/5(土)10:30〜12:00・8/25(金)13:30〜15:00

「薬膳の資格を仕事に活かす」
1日集中セミナー

7/17(月・祝)10:00〜17:00(1時間休憩)
満席のご予約をいただいていますので
キャンセル待ちで承ります

「はじめて薬膳茶
胃腸から元気に!胃腸ケアの薬膳茶を作ろう♪

7/17(月・祝)10:00〜17:00(1時間休憩)

池田の師匠湛先生の特別セミナー
「ちょっとマニアックな脾の話」

7/30(日)13:30〜16:00

食育伝道師が教える時短薬膳
「夏野菜レシピを3倍増やす!」

7/30(日)13:30〜16:00

管理栄養士が話す薬膳学
7/6(木)・7/8(土)食暑い夏も涼しく過ごす!
『熱中症対策の栄養学』」10:00〜12:00
※薬膳アドバイザー合格者対象


弁証力アップセミナー
6/3(土)・7(水)・11(日)「浮腫」
7/1(土)・5(水)・16(日)「胃もたれ・食欲不振」
10:00〜12:00
※薬膳インストラクター合格者対象

上級者のための診断力をつけるセミナー
8/6(日)・9(水)「脾胃の病証」
10:00〜12:00
※國際薬膳調理師合格者・セミナー受講生対象

その他のセミナーイベントは
ホームページをご覧下さいね





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com