このところ
夜寝ると浮腫んで
朝起きると体が痛くて
日中は肩が凝って
まぶたが痒くて
目の下がピクピクする…。

実はこれ
すべて繋がっていて
原因は同じなんです。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田哲子(のりこ)です。




いつも応援していただいて
ありがとうございます。




あっという間に
3月も後半になりましたね。




日に日に暖かくなってきて
朝日と緑のコントラストを見ると
なんだか嬉しくなります。




春の漢方と薬膳






3月に入ってから
仕事がとても忙しくなりました。




良い意味ではなく
どちらかというストレスフルな…。




そして、プライベートでは
引っ越しも。




この引っ越し先で
いろいろと問題があり
ゆっくり体を休められません。




すると
夜寝ると浮腫んで
朝起きると体が痛くて
日中は肩が凝って
まぶたが痒くて
目の下がピクピクします…。





漢方薬と薬膳茶を飲み出して
2日目でかなり改善してきました。




このことをお話すると
「私も!!」という方が多いので
少し書いてみたいと思います。




これからお話するのは
血(けつ)について。




この血は、
赤い血液も含みますが
赤くないものもあります。




栄養をたっぷり含んだもので
内臓たちや各パーツに
届けています。




具体的には
肌、つめ、筋、目、髪
心や脳にも。




血が減ってくると
これらの栄養が減って
乾燥の症状が出てきます。




この血を管理しているのは
肝という臓腑(システム)。




肝にはふたつお仕事があります。




◎気を巡らせること
◎血の質や量を管理すること




血は液体なので
自分で勝手には動きません。




気の「推し進める」という仕事で
血を運んでいます。




つまり
気がめぐらないと
血もめぐりません。




血がキレイで必要な量があり
しっかりと正しい方向に巡ると
健康でいられます。




また、
体に必要な水も
血と一緒にめぐるので
気がめぐるということは
とても重要なのです。



肝に
しっかり働いて欲しいですよね。




でも、その肝は
春にバランスを崩しやすいのです。



つまり、今。




この時期、
血が不足している人が多いです。




イライラしたり
眠れなかったり
肌が乾燥したり
目のトラブルがあったり
心がソワソワしたり…。




これ全部
肝からの危険信号。




そこに
ストレスが加わると
さらに肝はバランスを崩します…。




ストレスがあると
人間は力が入ります。




めぐりの良いときは
リラックスしているとき。




ストレスが強いと
めぐりが悪くなります。




そうなると
もう一つのお仕事の
血の管理もできなくなり
血不足を招きます。




この血が減ると
筋肉などが栄養不足となって
しびれや痙攣を起こします。




それを
漢方では「風」と考えます。




年間通して
血の不足は風を生むのですが
春は特に出やすいのです。




それは、
春の気が「風」だから。



「春一番」という風が
自然界で吹くように
体の中にも風が吹きます。




漢方では
人は自然界で生きていて
自然界で起こることは
体内でも起こると考えます。




「天人合一(てんじんごういつ)」
という考えです。




だから
春には血が減って
血が栄養を送っている
目やまぶたが
痒くなりやすいのです。





そして、
その血をコントロールしている肝は
血の循環と解毒もお仕事。




「血は臥すれば肝に入る」
と言われるように
眠ると血は肝に戻ります。




ところが
肝に戻ることができない人も。




その理由はふたつ。



◎肝に戻るだけの血の量がない
◎何らかの壁があってたどり着けない




何らかの壁は
◎気がめぐっていない
◎汚れた水が溜まっている
◎汚れた血が溜まっている
などです。




寝ても肝に血が戻らないと
血管中で血が停滞します。




血と水は一緒に動くので
水も動かなくなって
よどんでしまって浮腫になります。




私の不調の原因をまとめますね。




このところ公私ともに忙しく
ストレスが多かった。


↓↓↓


緊張が続くので
気の巡りが悪くなった。

血が栄養を送っている
血、脳、心をたくさん使ったので
血の量が減った。

つまり
肝が正常に働かなくなった。


↓↓↓


引っ越し後のバタバタと
慣れない環境で
リラックスして眠れなかった。


↓↓↓


血の量が少ないことと
気のめぐりが悪いことで
寝ても肝に血が戻らなかった。


↓↓↓


血の巡りが悪いので
心臓から遠い手足の血流が悪くなり
同時に浮腫が出て痺れる。


↓↓↓


体に力が入って寝ているので
筋肉がこわばって
朝起きたら体が痛くて
日中も肩こりがひどい。


↓↓↓


仕事でパソコンをよく使うので
さらに血の量が減る。


↓↓↓


血が栄養を届けている
目や目の周辺で
血不足(乾燥)が起こる。


↓↓↓


春の気の風が
さらに乾燥を引き起こして
皮膚が敏感になり
痒みが出る。
目の下もピクピクする。



このような感じです。




服用している漢方薬は
◎ストレスからの緊張を緩和する
◎血を作るための材料を増やす
◎血を作るための工場を動かす
◎アレルギーを発症しにくくする
というお仕事をするもの。




薬膳茶も
同じような効果がある生薬を
ブレンドして飲んでいます。




でも実は
漢方薬を飲んだだけでは
血は増えません。



漢方薬は
「血を作る食べものが
 胃袋に入ってきたときに
 効率良く血を作ることができるように」
服用するものです。




なので、
血を作る効果がある
なつめをよく食べています。




2日ほどで
かなりラクになってきました。




これを西洋医学の病院で考えると
内科、皮膚科、眼科…と
まわらないといけません。




でも、
漢方薬や薬膳の考えのベースの
漢方医学では
全部まとめて対応できるのです。




私たち
漢方カウンセラーに
専門分野や担当科はありません。




体全体のバランスをみて
診断をして
それにあった対応をしながら
バランスを整えます。




食事でできることは食事で
漢方薬の力を借りた方が良いときは
漢方薬を併用で。




辛い症状を我慢して過ごすと
さらにストレスが溜まるので
上手に使ってくださいね。




自分では分らない…
という方は
体質診断や食事指導の
カウンセリングをしていますので
ご連絡ください。




自分で分るようになりたい!
という方は
今がチャンス!



5月開講の
薬膳アドバイザー認定試験
試験対策セミナーで
基礎からしっかり学べます。




でも、いきなり勉強はちょっと…
という方は
4月2日(日)に私がお話する
セミナーがありますので
そちらでどんな世界かを
体験してみてくださいね。




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。




◆◇ 咲美堂のカウンセリング ◇◆
☆漢方薬のご相談
☆体質診断と薬膳アドバイス
☆オーダー薬膳茶
☆オーダー薬膳スープのもと

ゆっくりお話を伺ってカウンセリングをさせていただきます。
事前にご予約をお願いいたします。
TEL:078-381-5665
咲美堂漢方薬房
11時〜18時(月曜日定休)
くわしくは、こちらをご覧下さい。


◆◇ 5月までの薬膳イベント&セミナー ◇◆
「いまあなたに必要な食べもの」の選び方が分かります!
薬膳の基礎セミナー

4/1(土)13:30〜15:00 ※時間が違います
4/6(木)・4/13(木)・4/20(木)・4/22(土)10:30〜12:00

舌を見てカラダに良い食べものを選ぶ♪
舌診セミナー基礎編

3/26(日)・ 3/28(火)13:30〜15:00

食で子供を守る&ママも元気にキレイに!
「子供のかんしゃく・お母さんのイライラ」

3月25日(土)10:30〜12:00

はじめて薬膳茶
ぐっすり眠れて翌朝スッキリ起きられる薬膳茶を作ろう♪

3月25日(土)・3月29日(水)13:30〜15:00

台湾式足裏マッサージ体験会
3月22日(水)・3月29日(水)13時〜16時の間で予約制

池田哲子が話す「漢方・薬膳からみる女性の心と体セミナー」
4月2日(日)13:30〜15:30

食で子供を守る&ママも元気にキレイに!
おたふくカゼ・水ぼうそう」

4/5(水) ・4/25(火)10:30〜12:00

はじめて薬膳茶
紫外線に負けない肌を作る薬膳茶を作ろう♪

4/12(水)・ 4/28(金)13:30〜15:00

管理栄養士が話す薬膳学
4月27日(木)・29日(土)「春バテ対策の薬膳学」10:00〜12:00
※薬膳アドバイザー合格者対象

はじめて薬膳茶
きれいに痩せる薬膳茶を作ろう♪

5/24(水)・ 5/27(土)13:30〜15:00




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com