もう一歩
相手のために歩み寄ると
お互いに笑顔になれる。

週次ミーティングで議題に挙げたのには
理由がありました。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田哲子(のりこ)です




いつも応援していただいて
ありがとうございます





一年でいちばんの繁忙期。





例年よりも
新しい仕事が増えて
さらにすることが増えています。





スタッフたちにサポートしてもらっても
追い付かない仕事も。





でも、
やらないという選択肢はないので、
どうやったらできるかを
いつも考えています。





体も心も
緊張しているのが分かります。





3ef5284aa5fe40d201c75a262c56db06_m






私を応援してくださっている方が
打ち合わせと食事のあとに
こんなことをおっしゃってくださいました。





「君には休んで欲しい。
 でも、休みを取ったからって
 君は休まらないんだよね。
 だから休めとは言わないよ。
 なにか僕にできることがあるかな?」





「休め」と言う人は
たくさんいます。





大事なことだと思います。





でも、休むことで
余計に大変になることもあります。





今はその時期。




休めるときには
休んでいます。





なので
この言葉はとても嬉しかったです。





「私の夢や目標が
 早く達成できるように
 応援してください」
とお答えしました。





すると、
「雨に濡れて
 カゼでも引いたら大変。
 1分でも早く寝なさい。
 家の目の前まで乗りなさい」
と、タクシーを止めて
運転手さんにお金を渡してくださいました。





まだまだ電車で帰ることができる
早めの時間でした。





お金を出していただいたことよりも
そのお気持ちがとても嬉しかったです。





よく
「お願いだから休んでください」
とか
「体が資本ですから」
とか
「無理したらダメですよ」
と言われますが、
そんなことは重々分かっています。





できることなら
やっています。





「じゃ、やってくれる?」
と思ってしまいます…。





心配してくれているのは
嬉しいのですが、
そんな風に思ってしまう自分にも
イヤになってしまうので
少し疲れてしまいます。





でも、なかには
こんなことを言ってくださる方も。





「来週、2日動けます。
 13時以降何時まででもOKです。
 なにかお手伝いしましょうか?」





「私、こういうことができます。
 そんな仕事があれば
 連絡ください」





「ホテルの宿泊券をもらったんです。
 私は使わないから
 リフレッシュしてきてください」





「◯◯に夜遅くまで開いている
 ご飯屋さんがありますよ。
 日曜日がお休みです」




「この無料ソフト
 とても使いやすくて
 作業効率が上がりますよ」




とても嬉しいです。





その人たちのためにも
がんばろう!
と思えます。






相手のことを思って
もう少し歩み寄る。





そうすると
「あぁ、ほんとに私のことを
 思ってくれているんだ!」
と心が温かくなります。





これは
質の良いサービスを受けたときと同じ。





「相手が喜ぶ顔」をイメージして
言動しているかな?





「あなたのことが心配なの。
 私、優しいでしょ?」
という自己満足になっていないかな?





私の普段の講義や接客、
スタッフたちへの発言は
「相手の喜ぶ顔」
「お互いにハッピーになること」を
意識できているんだろうか…。





できていないことがあるかも。





タクシーに揺られながら
考えていました。





とても良い勉強になったので、
「ミーティングのときに
 みんなで話したい」と
コンサルの先生に
そのことを伝えました。





「目の前の人を大事にする」

「どうやったら
 喜んでもらえるか
 お役に立てるかを考えて
 もう一歩、歩み寄る」





指示や命令ではなく
自分で考えてごらん。





どうしようね?





それをしたら
どうなるかな?





分からないときは
みんなで考えようか。





そんな話し合いです。





「誰かのせい」でも
「かわいそうな自分」でもなく
「じゃ、どうする?」
という考え方。





アドラーの本にもありましたが
咲美堂でも定着してきました。





私が愛する人、
守りたい人には
お客様や友人たちはもちろん
従業員たちもいます。





もちろん、私自身も。





私が、私たちが幸せでなければ
人を幸せになんてできない。





だから
まず自分、そして会社
仲間たちと広げていきたい。





それが、
「誰かのためにやる」
ということに繋がるのかな…
と思いました。





タクシー代だけでなく
学ばせていただけたこと
すぐに社内に応用できたことが
ありがたかったです。





仕事とは、
「他者への奉仕」が
「喜びと感謝と謝金で還ってくるもの」
(謝金は給与や物資ということもあるが)
であるのが本質ですから、


いやだなあ、の気分に振り回されて
最良の選択ができない人は、
何をやっても成功できない。


成功していく人は、
目標に向かう意志を柱として
選択していく。


だが、一般人はその時の気分、
感情に振り回されて初志貫徹できない。


誰だっていやなことは嫌だ。
避けたいことは避けたい。


「どんな使命を持っていますか?」
「大切なもののために生きていますか?」








尊敬している大好きなお友だち
神井真名さんのブログに書かれていました。


ブログはこちら

↓↓↓

http://dragon-eye.jugem.jp/?eid=3277




タクシーのことと
このブログの内容は違いますが
私の中ではリンクしました。




私の使命は、
漢方や薬膳の考え方を
より多くの方にお伝えして
みんなが自分の体に目を向けて
笑顔で活き活きと暮らせる
世の中にすること。





必要な方に必要な情報が届くように。





そのために何をすべきかを
常に考えて
これからも活動していきたいと思います。






最後までお読みいただきました
ありがとうございました。