薬膳インストラクター認定試験
最終セミナーの日。

私が伝えたかったことを
お話させていただきました。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田哲子(のりこ)です




いつも応援していただいて
ありがとうございます




10月は認定試験の月なので
9月のセミナーが最終となります。




1日集中セミナーがありますが
受験の日まで
お目に掛かれない方も
いらっしゃいます。




そこで、毎回
私がお伝えしたいことを話す時間を
いただいています。





薬膳を学ぶ方に伝えたいこと





まずひとつめは
『学んだことを活かそう』
ということです。




そのために必要なことは
アウトプットすること。




今、受験を目の前にして
たくさんのインプットをしています。




それを
合格後のセミナーなどを利用して
アウトプットしながら
自分のものにしていきましょう。




そのために今することは
はちまきを頭に巻いて
暗記をがんばるのではなく
楽しみながら覚えていくことです。




楽しかったら覚えられます。




「将来こうなりたい」
「こんなことをするんだ」
というイメージを大事にしてください。




そして、
覚えていないことを悔やむのではなく
覚えていたことを
喜んでください。




よく
「覚えられない」
「すぐ忘れる」
と言われますが
覚えているものと
忘れているものを
数えてみてください。




きっと覚えていることの方が
多いです。




そちらに目を向けて
がんばっている自分を認めてくださいね。




そして、
二つ目に
私がみなさんにお伝えしたいことは
『仲間になってください』
ということ。




先日、ある方から、
「日本の病床数と寿命には
 関係性がない」
と伺いました。




たくさん病院があるから
健康に過ごせるという訳ではない
ということです。




なのに日本の医療費は
上がる一方…。




医療が長生きに繋がらず、
医療費ばかりが増えていく…。




潤っているところは…
ということですよね。




病院は、
必要な人が行ける
必要な場所に
必要な設備があればいい
と思います。




不必要な検査や治療や入院をして、
医療費がどんどん増えるのは
おかしいです。




このままでは
健康保険や介護保険は
崩壊してしまう…。




必要な人が
サービスを受けられなくなってしまいます。




もちろん、
病院が悪いのではないですし、
西洋医学は素晴らしいので
必要です。




でも、
今の日本は
「病気」という
ボーダーラインがスタートします。




病気になることを前提ではなく
病気にならない体を作ろう。

自分でコントロールできるように
正しい知識をもって
まずはセルフケアをしよう。


と思うのです。




自分の体です。




そこにもっともっと
時間と愛をかけてあげてほしいです。




どうしたのかな?
なんでかな?

自分と会話をしてください。




私たちは
漢方の考えをもとに
体と会話する方法をお伝えしています。





人は自然界で生きています。





人の体も自然界と同じようにできています。





自然界に
暑い日や寒い日があるように
体だって
熱かったり冷えたりするのです。





そのバランスの乱れが
「症状」として出ます。





これは
「気づいて」というサイン。




たまたま頭痛かもしれないし
胃痛かもしれません。




でも、
頭痛だから頭のCTと痛み止め
胃痛だから
胃カメラの検査と胃腸薬では
ちょっと違います…。





もちろん、
それで良くなることもあります。





西洋医学の的確さとスピードが
命を救うことも多々あります。





でも、
それで良くならない人が
たくさんいます。





なぜ治らないのか?
考えたことがありますか?





頭が痛いというのは
症状であって
なぜ起きているのか
考えたことがありますか?





体が冷えると縮むので
頭の中だって
縮むように芯が痛みます。





これは痛み止めよりも
温めた方が良くなります。





帽子を被ったり
首にマフラーを巻くだけで
良くなるかもしれません。





暑い日は、
どんどん体も熱くなります。





熱は燃え上がるので
体の中では頭に上がります。





熱射病のとき
とても腹が立って起こったとき
ものすごく忙しくて
テンションが高いとき
頭の中も熱いんです。





そんなときは
クールダウンさせます。





緑茶やトマトで
良くなるかも知れません。





ストレスが溜まったり
緊張すると
体にギュッと力が入ります。





呼吸も浅くなって
体の中の気の巡りが悪くなって
詰まります。





ホースをギュッと握って
空気を送り続けると
ぱーん!と張ってきます。





体だって頭だって張ります。





圧迫するので
ズキズキ拍動を感じます。





そんなときは
ギュッと握っているホースを
緩めてあげれば大丈夫。





ジャスミンティーやお香が
助けてくれるかもしれません。





いかがですか?




自分でできることは
たくさんありますよね?





病院に行く前にすることが
ありますよね?




たくさん検査をして
その結果分からない…
ということがよくあります。




でも、このことを知っていたら
もしかしたら
病院に行かなくても
良いかもしれません。




病院で初診から検査をすると
何週間も掛ります。




その間、辛い思いをしながら
不安な日々を過ごします。




私たちから見ると
「もったいない」…。




その時間を
もっと幸せな時間にして欲しいのです。





私は薬膳の先生ですが、
お料理は教えません。





上手ではないこともありますが、
料理をすることよりも
自分にあった食材を選ぶことの方が
大切なので
それをお伝えしています。





まずは
自分の体と向き合うこと。





なので私のお話は
「○○は体に良いよ」ではなく
「こういうときは○○が良いよ。
でも、こういうときは△△ね」
というお話です。




そして、
漢方薬のカウンセラーでもあります。





体の仕組みや
なぜ人が病気になるのか?を
毎日臨床現場で見ています。




だからこそ、
伝えられることがあります。





みなさんの体の中で
なにが起こっているのかを。





ご自身で分からない方は
私たちが導くサポートをします。





でも、やっぱり
自分で何とかしたい
という方は、
ぜひお勉強してください。





そして、それを
誰かに伝えてください。





そうすれば
日本はもっともっと
健康寿命が伸びるはず…。





医療費は下がり、
みんなが豊かに幸せに
暮らしていけるはず。





だから私は
講演会やセミナーでお話ししています。





そのことを一緒に
伝えてください。




分からないことがあれば
私たちに聞いてください。





私たちも
しっかり答えられる人を
育てていきます。





そして
その人たちが活躍できる場を作り
もっともっと多くの方に知っていただけるよう
がんばります。





「薬膳のおもしろさを伝えたい」
ということが
初めの思いでした。





自分が伝えたかったから。





でも今は、
「必要とする人のもとに届けたい!」
という思いです。




私だけの力ではなく
みんさんと協力して。





私の話ではなくても
いいんです。





私の仲間たちの話を聞いてほしい。
そして、自分を愛してほしい。
そう思っています。





「なんとかこのことを広めたい」
と思ったていたときに
愛知県南城市の仲間たちと出会いました。





「根っこのところが同じ」





私たちの合言葉です。




日本の医療がダメとか
西洋薬がダメとか
批判するのではなく、
うまく使おう。




主役は病院ではなく
私たち自身である。




自分の体を
自分で感じるという
基本的なことを
見直して欲しいのです。




だから
私は「お伝えする」ということを
大事にしています。




私たちが
治して差し上げるのではなく
ご自身でもケアができるように…。




その思いを
薬膳インストラクター認定試験の
最終セミナーで
お話させていただきました。




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。





◆◇ 春受験の受講生募集中!! ◇◆

薬膳アドバイザー認定試験・試験対策セミナー
11月開講

薬膳インストラクター認定試験・試験対策セミナー
10月開講


国際薬膳調理師認定試験・試験対策セミナー
10月開講



◆◇ 9月のお気軽薬膳イベント ◇◆

秋**夏の暑さや紫外線で疲れた体を癒す薬膳茶を作ろう♪
9月17日(土) 10:00〜12:00・9月20日(火) 13:30〜15:30

温める食物と冷やす食物を知って野菜・肉・魚で作るおうち薬膳☆
9月23日(金) 13:30〜15:30



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com