「お話を聞いて
自分が病気になった原因が分かりました。
もう治ったような気分です」

そうおっしゃったのは
横浜から神戸まで
新幹線で来て下さったお客様。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田哲子(のりこ)です




いつも応援していただいて
ありがとうございます




最近、県外からのお客様が多くて
ちょっとびっくりしています…。





先日のお客様は
横浜から。




長年、体調不良でお困りだったそうです。





カウンセリング_3






カウンセリングをさせていただくと
消化吸収システムが
しっかり働いておらず
体に必要なものを
作ることができないタイプの方でした。




心と体がご機嫌に動くには
体を構成しているものが
『量があってキレイであり、
正しい方向にめぐる』
ことが必要です。




圧倒的に
量が少ない方が多いです。




一般的には、そこで
「足りないなら補おう」と
考えます。




もちろん、間違いではありません。




一時的に元気になるかもしれません。




ですが、根本的なところから治すには
『なぜ量が足りないんだろう?』
と考えて欲しいのです。




これは、漢方の知識がなくても
子どもさんでも分かります。




お鍋の中の水が
なぜ少ないのか?




それは、
お鍋の底に穴が空いていて
漏れているか
もしくは、増やせないから
ですよね?




とってもシンプルな考え方です。




ここからは、少し漢方的に。




では、なぜ漏れるのか?




例えば、血(けつ)の場合、
出血していたら
減りますよね。




ご出産や手術のあと、
不正出血のある方などが
こちらに該当します。





でも、実際に出血している方は
あまりいません。




でもね、目や脳や心の使いすぎも
寝不足も、ハードワークも
血を消耗するんです。




血は、赤い血液だけでなく
体のいろんなところに
栄養を与えています。




お肌、つめ、筋肉や筋
目、髪、心、脳。




ここに栄養を届けているということは
ここで大量に使うと
減りますよね。




動きすぎて筋肉をたくさん使った
パソコンやスマホで目をよく使った
心配事や悩み事で心を傷めた
考えすぎて眠れなかった




これらは、血を消耗するのです。




この消耗があるのに増やしたって
それは自転車操業…。




漏れがあるなら漏れを止める!!




これが先です。




そして、増やすことができないのは
いつもお話している
消化吸収システムの脾が
ご機嫌斜めだから。




いくら良い食べものを食べても
脾が「いやだー」と言ったら
吸収してくれません。




吸収してくれないと
気血水を作ることができません…。




この脾というシステムは
とても繊細です。




ベタベタした湿気、嫌いです。




ストレス、悩みごと、心配ごと
忙しくて焦ること
気温差や環境の変化などでも
動きたくなくなります。




冷えると、さらに動きません…。




血が足りない=血を増やす




その前に、することがありますよね?




脾にご機嫌になっていただくことです。




そのために何をするか?




私たちのカウンセリングでは
これをしっかり見極めて
お話させていただきます。




「性格だから…」
と諦めていた方が
「そっか、ちょっと改めてみようかな」
とおっしゃることも多いです。




ご自身の体です。




少し目を向けてあげて
お話してください。




性格がすぐに変わることはないです。




でも、少しずつ
少しずつでいいので
やってみてください。




「でも」や「だって」や「私なんか」ではなく
「はい」と素直に受け入れること。




そして、困っているなら
「じゃ、どうする?」
と考えること。




これだけで
脾は少しご機嫌です。




私たちは漢方薬屋さんですが
お薬を販売するだけではありません。




みなさんのご病気や不調の
『なぜ?』を見つけます。




結局ね、
病気が治ることよりも
不安から解消できたら
半分治ったようなものなんです。




だって、脾は
ストレスや恐れが嫌いだから。




「そっか、だからだったのね。
じゃ、こうしてみようかな」




そう思うことで
脾はにっこりするんです。




そこに漢方薬や薬膳で
バランスを整えていくので
症状の緩和が早いんです。




だから、私たちの腕ではありません。




もちろん、相談員のセンスは必要。




でももっと大事なのは
お客様ご自身の
『自分を大事にする思い』。




これが私たちがしていることの
本質なのではないかと思っています。




セミナーでもカウンセリングでも
いつもお話していること。




『情報に振り回される前に
ご自身を見てください』




この辺りが苦しいな
体に力が入っているな
目が少し見えにくいな
腰がだるいな




なぜだろう?




もしかしたら、
ちょっとがんばりすぎたのかも。




だったら、休むだけ。




それを
『ここが痛い』からとネットで調べて
○○がんとか、○○病というのを見て
気分が落ち込む…
ということも多いです。




病院に行っても
検査までに数日
検査結果に数日…
結局1ヶ月ぐらい掛ることも。




その結果、
「異常はありません」
とドクターに言われる…。




なんで?なんで???




ますます不安が増えます。




すると、ますます脾はストレスを感じて
動いてくれなくなります。





自分の体のことを
ネットで調べる前にすること。




体とお話をすること。




最近どうだったかな?と
自分を振り返ること。




難しければ
私たちに話してください。




あなたの『なぜ?』を
一緒に考えます。




それが分かれば
どうすれば良いかが
見えてきますよね。




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。




◆◇ 6月・7月のお気軽薬膳イベント ◇◆

むくみと夏バテ解消!
蒸しパン&スムージーで薬膳ティータイム♪

6月22日(水)・6月26日(日)13:30〜15:00


むくみと夏バテ解消!
簡単!かしこく可愛く☆薬膳おにぎろう♪』

6月25日(土)11:00〜13:00

美しく健康であるために!ケンピするための薬膳茶を作ろう♪
7月8日(金)・17日(日)・31日(日)13:30〜15:00

イケダノリコの漢方と薬膳のお話
7月16日(土)・7月21日(木) 10:00〜12:00

※池田哲子がお話する最後の基礎セミナーです









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com