『病気と闘う』のではなく
自分が元気になりませんか?
ということをよくお話します。




心を笑顔にする薬膳師
キレイ元気コンシェルジュの
池田哲子(のりこ)です




いつも応援していただいて
ありがとうございます




『ステキですね』
と言われることが多くなりました。




正直、ちょっと照れくさいです…。




でも、素直に嬉しいと感じて
『ありがとうございます』
『みなさまのお陰です』
とお応えします。




この『みなさま』は
周りの方はもちろんですが
実は私の過去の病気たちでもあります。




私はずっと病気をしていました。




20代と30代に
楽しかった思い出なんて
ほとんどありません。




びっくりするぐらい
記憶がないんです…。




でも、いま本当に幸せで
毎日ずっと笑っています。




こんなことしようかな
あんなことしようかな
みんな楽しんでくれるかな




そんなことを考えるのが
楽しくて仕方ありません。





病気と闘うのを止めませんか






そう思えるようになったことに
いつも感謝します。




子宮内膜症を完治させてくれた
婦人科の先生


漢方や薬膳を教えてくれた
師匠やスクールの先生


苦しいときに共にがんばった
仲間たち



ここまでは、
みなさんしているかもしれませんね。





でも、大事なことは
自分自身への感謝の気持ち。




治療をがんばったこと

辛さに負けなかったこと

悲しみから這い上がったこと

仕事をしようと決めたこと





全部、自分が決めたことです。




「漢方薬で子宮内膜症を治す」
と決めたのも自分。




「いつか元気になるんだ」
と決めたのも自分。




「伝えていこう」
と決めたのも自分。




最高最善の決断を
自分自身でしたんです。




だから、まず
自分を褒めて感謝しましょう。




そう考えていくと
病気がチャンスになることもあります。




病気になったこと
それは本当に辛いことです。




あなたが
「病気だからなにもできない」を選ぶのも
「病気だけどなにかをする」を選ぶのも
自由です。




でも、選んだ以上は
ブレずにやってほしいです。




「病気になったけど
元気になるんだ」
と決めたのなら
その道を進んで下さい。




なのに
『病気アピール』をする人が
とても多いです。




『持病が再発しました』

『検査結果が悪かったです』

『私は病気です』




こう発信することを
否定しません。




ですが、それを書いたり言ったりして
なにか変わりますか?




良いことが起こりますか?




自分で自分を病気にしているのと
同じだと思います。




病気になると辛いので
誰かに言いたくなります。




でも、言われた方は
正直言って
なんて言っていいか分かりません。




『大丈夫だよ』
『がんばってね』
『きっと意味があるよ』




そんな言葉が欲しいですか?




私も以前は言っていました。
そして、言ってもらっていました。




でも内心は
『そんな安っぽい言葉なんていらない!!』
でした。




わがままですよね。




だったら
『病気が再発しました。
辛いですが、このおかげで
もう一度体と向き合うことができます。
がんばってくれる体に
感謝します』
と言った方が良くないですか?




もちろん、
いろいろな意見があると思います。




だけど、
脳や目や耳は
誰よりも早く
感じたり見たり聞いたりします。




まず最初に
『ありがとう』
ではないでしょうか?




『病気が見つかって辛いけど
教えてくれてありがとう』




ちょっと大げさで
言葉は悪いかもしれないけど
『死ななくてよかったじゃない!!』
と思うのです。




見つからずに死んでしまうより
見つかって対応できることが
幸せだと思って欲しいです。




生きていたら
まだまだチャンスがあります。





なぜそれを見つけようと
しないのですか?




まだまだ可能性があることに
なぜ感謝しないのですか?




体ががんばろうとしているのに
なぜ諦めるのですか?




私たちがお渡ししている
漢方薬も同じです。




『効く』と思って飲まないと
効くものも効きません。




カウンセリングをして
お薬をお渡ししようとすると
『その薬、昔飲んで効きませんでした』
とおっしゃる方もいます。




でも、そのときと
環境や体質や状況が
違うかもしれません。




昔成立しなかったお見合いが
今は成立するかもしれません。




『今回はきっと効いてくれる
しっかり吸収して
効いてくれてありがとう』




そう思っていただきたいです。




漢方薬が
体を治すのではありません。




あくまでも手段であって
治すのは『あなた』です。




だからまず
あなたの体を大切にして
毎日感謝してください。




病気と闘うのではなく
自分の体に感謝して
体を大事にしていけば
きっと良くなります。




時間は掛るかもしれません。




だけど、
あなたの生き方を
病院やお薬に決めてもらうより
ご自身で決めた方が
楽しく笑顔に生きられると思います。




私にも
治りきっていない病気があります。




心臓のカテーテルアブレ-ションの
手術をしていますが
1ヶ所は電気信号が出ている近くなので
焼き切れずに残っています。




『ひどい発作が出たら
救急車を呼んで
至急で心電図を撮ってもらって下さい』
と言われています。




一応、心しています。




家族や周りに人にも
伝えています。




ですが、
病巣があることを憎んだり
なければいいのに!なんて
思ったことはありません。




『あるものは仕方がない』





『病巣の機嫌が悪くならないには
どうしたら良いか?』
をいつも考えています。




忙しくて
体が思うように動かなくなってきたら
体からのサイン。




『教えてくれてありがとう』
と思っています。




そして、漢方薬を服用したときに
『お薬を効かせてくれて
ありがとう』
と自分に言っています。




そうしていると
不思議と体調が良くなりました。




そして、体のバランスが整うと
心のバランスが整います。




すると、笑顔でいられる時間が
うんと増えました。




病気を自慢のように言っていたり
病気を理由に
『でも』や『だって』を言っていると
『あ、この人病気で居続けたいんだな』と
体が思ってしまい
どんどん状態が悪化していきます。




『病気が憎たらしい!』
と思っていると
『がんばってるのに!!』と
体は反発します。




病気と闘うのではなくて
自分を愛して下さい。




たった一度の人生。




いちど失うと
もう二度と帰れないのです。




1分でも1秒でも
笑顔の時間が増えますように。




最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。




◆◇ 6月・7月のお気軽薬膳イベント ◇◆

むくみと夏バテ解消!
蒸しパン&スムージーで薬膳ティータイム♪

6月22日(水)・6月26日(日)13:30〜15:00


むくみと夏バテ解消!
簡単!かしこく可愛く☆薬膳おにぎろう♪』

6月25日(土)11:00〜13:00

美しく健康であるために!ケンピするための薬膳茶を作ろう♪
7月8日(金)・17日(日)・31日(日)13:30〜15:00

イケダノリコの漢方と薬膳のお話
7月16日(土)・7月21日(木) 10:00〜12:00

※池田哲子がお話する最後の基礎セミナーです









☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

キレイ元気コンシェルジュ池田哲子が
お返事します


こちらのメールフォームから
メッセージを送ってくださいね。

↓↓↓


http://kenzenbishoku.com/event/ikedanoriko.html


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================




健膳美食サロン事務局
TEL:078-381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com