はじめての薬膳
↑↑↑毎回テーマを決めて、実際にどのように薬膳や漢方を考えるのかをお話します。
「薬膳アドバイザー」のセミナー受講を検討されている方にもオススメです。


◆◇ 薬膳アドバイザー認定試験 ◇◆

2016年秋受験の受講生を募集中!
>> 詳細はこちら!!

◆◇ 2月のお気軽薬膳イベント ◇◆

温める食物と冷やす食物を知って野菜・肉・魚で作るおうち薬膳☆
2月20日(土) ・25日(木) 10:00〜12:00

女子力アップ!薬膳ピザでプチランチ あの!女貞子も入っています♪
2月28日(日)10:00〜12:00

表情筋トレーニング(目元編)+ちょっとお顔ほぐしマッサージ☆
2月28日(日) 13:30〜15:30











心を笑顔にする薬膳師
池田哲子(のりこ)です







今日は、咲美堂漢方薬房
スタッフたちと一緒に
試食会をしました







お腹の張り、乾燥肌、目のかゆみ
気持ちが落ち着かない…







これらは
春になると出やすい症状。







スープやお味噌汁などの汁ものは
ほぼ毎日作りますよね。







そこで、
春の症状に特化した
「春の薬膳スープのもと」を
開発することにしました







春の薬膳スープのもと








スタッフが
2種類のセットを考えてくれました。







それぞれを同じ条件で煎じて
和風出汁で割って
味を確認しました。







採用されたのは、
陳皮、女貞子、桑の実、桑の葉
破胡紙、エゾウコギ、合歓皮、柿の葉の
8種類の生薬をブレンドしたもの。







陳皮は、
お腹の張りや食欲不振に



女貞子と桑の実は、
お肌や髪の潤いアップに



桑の葉は
目の痒みに



破胡紙は
お腹冷えによる下痢や軟便に



エゾウコギは
足腰のだるさに



合歓皮は、自律神経の安定に



柿の葉は、美肌やカゼ予防に







どうしても使いたかったのが
この柿の葉。







ビタミンCがレモンの20倍近くあります。







通常、ビタミンCは熱に弱いのですが
柿の葉は熱に強いので
スープのもとにぴったりです。







そして、ヒスタミンの分泌を抑制するので
花粉症の方にもオススメです。







配合は決まったので
これから商品化しますね。







和風出汁、コンソメ、鶏ガラスープ
なんでも合います。







スープやお味噌汁だけでなく
煮ものにもお使いいただけます。







いちどにたくさん使わないときは
製氷機で氷にしておくと便利です







販売開始日が決まりましたら
改めてお知らせしますね。







最後までお読みいただきまして
ありがとうございました。







===================

薬膳茶・薬膳セットのオンラインショップ☆

http://shop.shobido-kanpo.com

ティーポット用薬膳茶・ティーバック薬膳茶
おひとり様薬膳ぞうすいのもと
薬膳酒のもと
薬膳ポン酢のもと

などを販売しています♪

===================









健膳美食サロン事務局
TEL:078/381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com