◆◇ 1月・2月のお気軽薬膳イベント ◇◆

じっくりじんわり温まってぐっすり眠れる漢方入浴剤を作ろう☆
アンチエイジング薬膳スープ「粕汁」でうるつや肌に☆
1月29日(木) 10:30 - 12:00

2015年先読みハッピー☆ナビゲーション
1月31日(土)13:30 - 16:00

フルーツとハーブで防虫効果のあるポマンダーを作ろう☆
2月13日(金)・21日(土)13:30〜15:00

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*







心を笑顔にする薬膳師
池田哲子(のりこ)です





このところ、背中が痛むことがあります。





去年は大忙しで
かなり気血津液を消耗しました。





そこにストレスと冷えが入って
不通則痛、不栄則痛のダブルの傷み…





漢方薬も飲みましたが
ここは食べものとの相乗効果で
早く直してしまいたい





ということで、
なつめの黒糖薬膳酒煮を
作りました






材料は、
なつめと黒砂糖。





なつめは気血を補ってくれて
気持ちも落ち着かせてくれます。




詳しくはこちらをご覧下さいね。






黒糖は、体を温めて疲労回復してくれます。





そんなラブリーな食べものたちに
レモンをプラス。





なつめの黒糖赤ワイン煮_1







なぜレモン??





それは…
無農薬のレモンをいただいて
ちょっと残っていたから…。





それだけ。





でも、レモンには生津作用や化痰作用があり
必要な水がなくて
余分な水が滞っている私には
ぴったりなのです





そして、体を温めて血流を良くしてくれる
赤ワインをお水の代わりに赤ワインを。





この赤ワイン、
普通の赤ワインではありません。






「うるつや女子になれる薬膳酒」
なんです。






咲美堂漢方薬房で販売している
「薬膳酒のもと」を赤ワインで漬けた薬膳酒

入れました





なつめの黒糖赤ワイン煮_4






なつめ、クコの実、シナモン
鶏血藤が入った薬膳酒。





お店に試飲用で置いていた
薬膳酒を拝借しました…





なつめの黒糖赤ワイン煮_2







沸騰してから汁気がなくなるまで
ゆっくり煮詰めます。






できました〜!!!






なつめの黒糖赤ワイン煮_3






あら熱が取れるまで待ちきれず…






実食〜






食べてすぐ体がポカポカしてきて
いろんなところが緩む感じ。





これはいいかも





1日寝かして
明日また食べてみよう〜っと





健膳美食サロン事務局
TEL:078/381-5665(咲美堂漢方薬房内)
 ※11〜18時(月曜日定休)
MAIL:info@kenzenbishoku.com