心を笑顔にする薬膳師、池田哲子(のりこ)です。

しばらくブログを放置していましたが、
人生でいちばんハードな日々を過ごしていました…。

過去にも
「いちばん忙しい」という日々はありましたが、
それどころじゃない…。

「のりのりぱんだブログ」にも書きましたが、
本当に厳しく苦しい道のりでした。

やっとやっと…
神戸市から薬局の認可をいただきました〜!!

ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!

0808_神戸市認可_1


これで「薬局」と
名乗ることができます。

本当に多くの方からパワーをいただき、
スタートラインに立つことができました。

咲美堂(しょうびどう)漢方薬局は
9月18日(水)11:00に開局します!!



なぜ薬剤師でもない私が
漢方薬局を作ろうと思ったのか…。

咲美堂漢方薬局のブログに書いていますので、
そちらをご覧下さい。

体調不良の方や、
プチ不調でお困りの方に
元気になっていただきたい…
という想いもあります。

でも、実はもうひとつ理由があります。

それは、
私は漢方薬と薬膳のプロで、
本物の「効かせる薬膳」を伝えたいから。


お料理教室にしなかった理由です。

もちろん、薬膳料理教室が悪いとは言いません。

おいしく見た目にもキレイなお料理は
本当にステキだと思います。

私の料理は適当なので、
できることなら私も通いたい…。

でも、何か症状でお困りの方には
「治す・改善する」という目的があります。

不快な症状を改善する
弱い体を強くする
毎日元気に笑顔で過ごす
もっともっとハッピーになる…

薬膳ではそれができるのです。

漢方薬のことを知ることで、
お茶でもスープでも
「効かせる薬膳」を作ることができます。

ちょっと薬膳を知った方がやりがちな
「むくみにはハトムギ」だから、
「ハトムギご飯を作りました」
では改善できません。

ではなぜ漢方薬の考えが必要なのか…。

今日はここまで…。



【咲美堂漢方薬局】
神戸市中央区北長狭通6-2-15
カサベラ花隈B102
TEL:078-381-5665
月曜日定休

大きな地図で見る