心を笑顔にする薬膳師、池田哲子(のりこ)です。

一年間がんばって勉強してきて
4月に東京で国際薬膳調理師認定試験を受験した
生徒さんたち4名の合否発表がありました。

もちろん、全員合格〜!!

合格おめでとう〜!!


国際薬膳調理師認定試験


合格は確信していましたが、
実際に報告を受けると鳥肌もので、
久しぶりに号泣しました…。

「受験したいねん。教えてよ、せんせ」

という声から試験対策セミナーが始まったものの、
前例もなく、資料もなく、情報もない…。

あるのは薄い問題集だけなので、
受験生たちからの要望をもとに
スタッフが資料を作り、修正して…
の一年間。

もっとこれを言うべきだった、
こうすればよかった…と
今になって思うことも出てきます。

でも、本当によくがんばってくれました。

速報が届いてすぐ、
「健膳美食サロン」の生徒さんたち限定の
Facebookグループに投稿すると
次々に仲間たちからおめでとうのコメントが。

これを見てまた号泣で、
午後から出かける予定でお化粧をしていたのに
ボロボロ…(笑)

同期生と一緒にがんばる
受験前は仲間みんなで応援する
合格したらみんなが祝福する
テキスト作りに関わったスタッフも号泣する…

仲間ってステキだなと思います。

そして、受験生たちからは
メールやメッセージが届き、
会ったときにはお礼の言葉をいただき
また泣く…。

薬膳アドバイザーも薬膳インストラクターも
合格はもちろん嬉しいのですが、
国際試験は嬉しさ数百倍!!

「神戸から薬膳師を誕生させる」

5年前からの
私の夢でありひとつの目標でした。

通信教育で薬膳インストラクターを学び、
国際薬膳調理師は完全独学で学び、
いつもひとりぼっちで勉強していた私。

「同じ思いでがんばる仲間たちがいる、
分からないところは教えあえるような
そんな場所を作るんだ」

ひとり密かに決めました。

小さなスクールから人数を増やし、
資格試験に合格する人たちを増やし、
薬膳の最高の資格である薬膳師を誕生させる。

そして、その薬膳師たちと仕事がしたい!!

それが私の夢だったのです。

今回の合格者たちは、
地元神戸のふたりは
夏にオープンする漢方薬局の相談員として
眈召寮古未気鵑蓮
「うどん分校」の校長としてさらにファンを増やし、
福岡の生徒さんは、
「福岡分校」の開校を。

なにも分からなかった人たちが
こうやってプロとなって活躍していく…。

苦しくて辛いことも多かったけど
すべてが吹き飛びます。

国際薬膳調理師合格者のみなさん、
本当によくがんばりましたね。

おめでとう。おめでとう。

何度でも言うよ。

これからも一緒にがんばりましょう!!

そして私は、
2期生も全員合格するように
しっかりとお尻を叩きます…。