心を笑顔にする薬膳師、池田哲子(のりこ)です。

4月19日〜20日、
認定試験ラッシュの中、
東京に行っていました。

築地市場の青果店さんとカリス成城さんでの
打ち合わせがあり、
無事に終了しました。

でも、今回の東京出張は、
受験生のオカンです。

今回初めて、神戸の「健膳美食サロン」から
「国際薬膳調理師認定試験」受験生を送り込みました。

薬膳アドバイザーや薬膳インストラクターは
何度も認定試験をしているので慣れていますが、
国際薬膳調理師は初めてのこと。

しかも薄い問題集しかなく、
講師の私もどう進めたらいいか分からない…。

本当に大変な一年間でした。

一緒に東京に行き、
晩ご飯を一緒に食べ、
試験前の緊張をほぐす…。

これぐらいしか私にはできませんでした…。

翌日、朝から神戸で講義があったので、
朝一番の飛行機で神戸に帰ってきたので、
受験生たちの顔を見ていません。

オカンは泣きそうになりながら
ホテルのみんなの部屋を回って
夜中に書いた手紙をドアの隙間から入れて
羽田をあとに…。

神戸で講義をしながら
「試験始まった…」と時計を気にして
健闘を祈るばかり。

1科目終わるごとに
受験生たちからは連絡が入り
張り裂けそうな気持ちから徐々に安堵に…。

2日間の受験終了後、
彼女たちからの
「せんせ、ありがとう」という言葉。

泣けました…。

合格発表は2ヶ月後だけど、
きっときっと大丈夫!!

よくがんばった!!

国際薬膳調理師合格後の活躍を
楽しみにしています。

今も大活躍のうどん分校校長、
今年開校予定の福岡分校校長、
夏にオープンする漢方薬局の管理薬剤師、
同じく相談員&講師…

漢方と薬膳の伝道師として、
一緒にがんばりましょう!!

最後に…
「試験会場前で撮りました」と
全員満面の笑顔の写真が届きました。

国際薬膳調理師認定試験


本当にお疲れさま。

あなたたちのがんばりは、
2期生以降の受験生たちの励みになりますね。

そして、私の誇りでもあります。

本当にありがとう<(_ _*)> アリガトォ