「薬膳アドバイザー」と「薬膳インストラクター」の認定試験を神戸で実施し、試験対策セミナーを開催している「健膳美食サロン」では、昨日は「第20回薬膳アドバイザー認定試験」を実施しました。

23名の受験生ががんばってお勉強して、皆さんとても良くできていたと思います。

協会から「解答が届きました」と連絡があったので、無事に届いたのも確認できたし、あとは結果を待つのみ…。

受験をされた方の中には、「あのスーツの人誰??」と思った方も、「あんたの方が緊張してるんちゃうの?」と敏感に察知した方も、「それどころちゃうわ…」という方も、一度は目にしたナゾの試験官…。

そう、この受験生以上に(笑)緊張感みなぎる背中のスーツ姿…。

薬膳アドバイザ-認定試験_3


その正体は…「滝の茶屋で書いてます」の方です。

神戸市垂水区でリフォームのお仕事をされていて、水道やガスはもちろん、お家に関するいろ〜んなことをされています。

「写メールde診断」もしているので、お家のことでお困りの方はぜひ…。

悪徳業者じゃないので、ご安心を…笑。

で、なんで試験監督をお願いしたか…それには長い話があるのですが、はしょって言うと…男手が欲しかった!!(爆)

だって、ロの字型の机とイスを教室型に配置替えするのって、いつもひとりでしていて、試験開始前にぐったりなもんで、それだけでもしてもらえると本当にありがたい…。

というのも、もちろんありますが、中小企業家同友会(経営者が集まってしているお勉強の場です)で知り合って、facebook仲間でブログをよく見ていて、「そのろくなものを食べてないキャラ(失礼…でもホント)を替えてやろうじゃないか!」ということで、普段からちょこちょこアドバイスをしていて、「ちょっと薬膳の試験官やってみない?」と声を掛けると快諾していただき、なんと自分も勉強すると…w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

またひとり、不健康なメンズを薬膳の世界に引きずり込んだぜ…と思いながら、メンズ薬膳インストラクターが増えるのは本当に嬉しいことです。

生徒さんは99%以上女性なのですが、本当は男性にも知って欲しいといつも思います。

いくら奥さんがご主人のために薬膳を作っても、ご主人がその意味を分かっていなくて、他で不摂生していたら意味がない…。

しかも、不摂生をしているのは働き盛りの男性陣。

一家を守っていかなければいけないメンズに、しっかり健康に対する知識を持って欲しいと思っています。

次回の試験では、薬膳アドバイザーでひとり、薬膳インストラクターで3名のメンズが受験予定です。

今、おひとりメンズ薬膳インストラクターがいらっしゃるので、増えてきたぞぉ…と喜んでいますヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

ぜひぜひ男性の皆さんも、中医学や薬膳を知って下さい!!

お料理が出来なくても、なぜ病気になるのかや、今どういう状態なのかを知るだけでも、食物の効能を知るだけでも、お仕事の仕方や服装や養生、外食時や飲みに行ったときの食べ物などが変わってきますよ。

「それは体を冷やすから、今は止めといが方がいいよ。こっちの料理にしようよ」なんて言えるメンズ、ステキじゃないですか〜!!

今は30代〜40代の女性が多くて、次にマダム層、若者…といらっしゃいますが、ぜひぜひメンズさんたちも…いらっしゃ〜い!!

桂三枝さん風に…ゞ( ̄∇ ̄;)フルイゾ…