漢方と薬膳のセミナーを開催し、「薬膳アドバイザー認定試験」や「薬膳インストラクター認定試験」の試験開催と試験対策セミナーを神戸で開催している「健膳美食サロン」では、今日は午後から「薬膳インストラクター認定試験」の6回目のセミナーでした。

その前に…午前中は、大阪の古巣のスクールでの中医学弁証セミナーに出席。

同期生や違う曜日の同期生たちが集まって、症例から弁証して漢方薬処方を考える講義です。

聞きたいことが山ほどあって、待ちに待った!!という感じです。

弁証には慣れていますが、やはりお話を聞くと、「あぁ…そうだった…」と思うことが多いです。

実際に私の症例を出して、全員で弁証をしていったのですが、私が指定してもらった漢方薬がよく効いているので、「私の弁証と処方は正しかったってことですか?」と聞くと、「さすがだね」と先生…v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪

弁証をたたき込んでくれた先生に言われると、やっぱり嬉しいです。

他の方の症例もあって、いろいろと弁証したのですが、ある方が「池田さんみたいに色白で華奢なタイプな人で…」と症例を出して、処方が決まったときの先生のひとこと…

「いいじゃん。去年の池田さんよりよっぽどマシだよ(笑)。命門の火が消えかけた人だぜ。何使ってもダメだったし」と、すっかりネタに…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ぜったい他の講義でも「卒業生でこんな人がいて…」とか、ネタにされてるんだろうなぁ…。

「今は元気です!」と言うと、「いやぁ〜!まだまだ〜!」と爆笑の先生…。

いつか絶対、超虚証の処方が変わったことを報告してやる…と思いつつ、とっても勉強になりました。

一緒に受講した仲間たちからは、「池田さんは症例が多いからいいなぁ」と言われ、「軽く病んでる人が多いからね…」と言いましたが、本当に生徒さんたちからの体調相談は勉強になります。

「ありがとうございます」と言われますが、「こちらこそ、勉強させていただいてありがとうございます」という気持ちです<(_ _*)> アリガトォ

終わってからは、久しぶりに会った同期生とゆっくり話す時間もなく、大急ぎで神戸に戻って、午後からは「薬膳インストラクター認定試験」試験対策セミナーを3時間しました。

次回は最終回で、模擬試験をするので、実質今日が最後の講義です。

今回は12名しか受験しないので(前回は22名でした…)、皆さん仲良くて、ほのぼのした雰囲気です。

そして、今日もウケました…ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

大事なことです。

勉強を必死ですると呼吸が浅くなったり、止まりがちになって、気の流れが悪くなりますが、笑うことによって気の流れを改善しています。

今日のネタもよかったなぁ…と自画自賛…これからも使おう…(;^_^A アセアセ…

帰りの電車では、「六甲山でココロとカラダをリフレッシュ!健膳美食サロンの愉快な仲間たちと行く中医学&薬膳遠足」のランチで召し上がっていただく薬膳コースのメニューを考えました。

最終的には料理長さんが決めてくれるのですが、急遽私の考えたメニューを見てみたいと言われ、しかも13日までに提出しないといけないというハードな仕事だったのですが、電車で考えたものをデータ化して、とりあえずできましたぁ〜!!

ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!

あとは、最終チェックをして、注意点や要望などを書いて、明日メールで送ろうと思います。

予算や調理法や食材調達などが分からないので、オードブル、メイン、副菜、スープ、ご飯…など何パターンか提出して、それをもとに選んでもらったり、アレンジしてもらいます。

このやりとりが何回かあると思いますが、美味しくて秋冬の養生になる薬膳料理になるといいなぁ…と思います。

中医学一色の一日でした。

ハードスケジュールですが、自他共に認める中医学マニア(笑)なので、苦痛ではないです。

今から、今日の午前中に勉強したノートを整理して復習します。

習ったことはその日にしないと覚えられないし、後で何を書いているのか分からなくなるので…。

いろいろなコツやポイントも教えてもらったし、今後の生徒さんの問診と弁証にも役立てられそうです。

セミナーでは漢方薬については教えないのですが、薬膳を教える以上は、中医学理論をしっかり分かって弁証して、漢方薬の処方や使われている生薬の効能まで知っておく必要があります。

処方が分かれば薬膳も組めるし、そうなれば漢方薬と薬膳の相乗効果で体質改善をしていけます。

生徒さんたちが元気になるように、これからもがんばってお伝えしていきますね。

オマエガガンバレヨ…って思っている人も多いと思いますが…。

(||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)アウッ