。゚+.(・∀・)゚+.゚ 今日の幸せ日記 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

*たまたまセールで、お安くかわいいワンピースを買えた!

*久しぶりにフィットネスで汗を流してスッキリ

*なんとか明日の準備終了!そして今から漢方薬のお勉強…


「健膳美食サロン」では、セミナーを受講していただいている生徒さんの体調相談にも応じています。

あらかじめ7枚以上ある相談シートに記入して提出していただき、セミナー受講日のセミナー前後の時間で「なぜその症状が出ているのか、どう養生すればよいか、どういう薬膳をすればよいか」などをお話します。

無料でしているので、「有料にしろ」とよく他の経営者の方からは言われるのですが、その症例が「薬膳インストラクター」合格者を対象とした「弁証フォローアップセミナー」の症例として役立ちますし、私自身もどうやって説明すればいいかの答え方の訓練にもなるので、無料です。

ただし、セミナーを続けて受講していただくことと、お話はセミナー受講日と決めているので、かなり先までご予約でいっぱいです。

もちろん、症状がひどい方に関しては、特別に時間を設けたり、メールや電話対応をすることもありますが、基本的にはお会いして、顔色や話し方、姿勢、呼吸の深さ、声の大きさ、感情、舌、皮膚、髪…などいろいろ見ながらお話します。

実は、ご本人が書かれていることは、あまり信用していません…。

ある程度の予測は付きますが、性格によって、「○」にする方もいれば、「△」にしたり、年に数回なのにチェックが入ったり…とバラバラなので、実際にお話して、そのギャップなども考えて問診をしています。

もちろん、ほとんどの弁証はできますし、改善する方法も分かりますが、初心者の方に説明するのは難しく、分かってもらえないことも多いので、「いかに話すか…」をいつも考えています。

今でも勉強は続けていますし、大抵のことは弁証できますが、私が分かっていても意味がなく、ご本人が分からないといけないので、「伝え方」に一番気を遣います。

だから、知識のある、薬膳インストラクター合格者でフォローアップセミナーに来てくれている生徒さんに言う方がはるかに簡単です。

分かりやすい講義をして、いかにおもしろいと思ってもらえるか、興味を深めてもらえるか…まだまだ課題は多いです。

先日相談シートを送ってもらった方に、「○○(ある病気)が疑われるので、すぐに病院に行って検査を受けて下さい」とお伝えすると、今日予想通り大きな病気があるという報告メールが来ました…。

これは改善が難しいです…。

確信したので検査を勧めたのですが、どうか私の弁証間違いであって欲しい…と思っていたのですが、現実は深刻です…。

少しでも力になれるといいのですが…。

来週、会ってお話するので、それまでに少し対処法を考えたいと思います。

弁証が正しくて、早く病院で検査をして発見できたのでよかったのですが、これからの課題が大きくて複雑な心境です。

このときばかりは、「私の弁証と判断が間違えていて、ごめんねぇ。どうもなくてよかったね。養生で改善していこうか」と言えるように願っていたのですが、ビンゴだったので、中医師と西洋医学の先生と相談しながら考えたいと思います。