夜が暑くてあまり眠れなかったので、今日は朝目覚めたものの、ゆっくり起きました。

ご飯食べてお仕事しよう…としていると、母がぐったり…。

どうせ明日の検査がイヤでひねくれているんだろう…と思っていたら、本当に調子が悪いらしく、診てみると私では手に負えない状況だったので、嫌がる母を引きずるようにすぐに病院へ強制連行。

帰ってきて、落ち着いたと思ってお仕事していると、またぐったり…。

再度連行して、また看病か…と思っていると、今度は私まで調子が悪くなってきて、急いで持ち歩いているお薬袋をチェックして、漢方薬を見つけて一安心。

頓服のお薬もあって、どちらにしようか悩んだ結果、ひとまず漢方薬を服用。

「ダメなら、ここは病院、なんとかなるさ…」と思う、妙に冷静な自分がいて、「私が焦っても何も変わらないし、とりあえず落ち着こう…」と、人のためなら落ち着ける…。

でも自分だとパニックになるけど…(-"-;A ...アセアセ

そんなときに、父の「わしの飯は…?」という言葉にプッチーンッ!!

「勝手にどこでも行って食べてきて!」と言うと、「お前は?」と言われ、「治療中の病人残して、一緒に行く訳にはいかんでしょ!食べる気分でもないわ」と言うと消えていった…。

典型的なキッチリ公務員性格(本当に公務員でした…)で、時間通りに起きて、ご飯を食べたり寝たりしないと気が済まない父親…。

よくこんなときに食べることを考えるよな…と思っていると、「もう帰ってもいいですよ」と声を掛けられ、「ありがとうございました。明日、また連れてきます」と言ってお支払いをして、ふと駐車場を見ると、車がない…。

「親父の飯待ち」状態で、ロビーで待っていて、「どうかされました?」と聞かれても、恥ずかしくて言えない…。

携帯持ってないし、「どこまで行ってーーんっ!!」と思っていると、フラ〜っと帰ってきて、「あっ、もう帰るん?」と言われてこけそうになった私たち。

21時から絶食なので、ご飯を作るヒマもなく、非常用のレトルトお粥を食べさせて寝かせ、私はその辺のもので軽く晩ご飯…。

パパさんは、かなり、かな〜り、本当にすご〜く丸い人間になってきたけど、根っからの性格はなかなか変わらんなぁ…とお風呂に入りながらひとりボヤキ…。

ということで、今日もまたいろんなことを忘れていました…。

明日は私も朝から検査なので、早めに休みます。

世間の3連休…なでしこジャパンの優勝…知ることもなく終わった週末でした…。

お仕事でもすることあるんだけどなぁ…。

明日の午後からがんばろ…。