。゚+.(・∀・)゚+.゚ 今日の幸せ日記 .。゚+.(・∀・)゚+.゚

*薬膳アドバイザー試験対策セミナーで、初めてお会いできた方のご縁に感謝

*お野菜や和三盆をいただいてご機嫌♪

*生徒さんから嬉しい報告にシッポ振る!


今日は暑かったし、大人数のセミナーで3時間講義だったし、疲れもあったのですが、まだ元気です。

湿をちょっと溜め込んでいて、気を流しながら湿抜き中ですが…。

人の気は流せるのですが、自分の気を流すのは一苦労です…。

でも、気の流れが良くなるようなお知らせをいただきました!

直接お会いしたことはないのですが、生徒さんを通してアドバイスさせていただいた方が、がんばって養生と薬膳を実践してくださって、かなり元気になってきたと!

しかも、「いかに自分が疲れていたか、焦っていたか…」ということに気づいて、これからの養生に繋げていけそうです。

「食事でなんとか」と言われる方が多いですが、食事以前に、食材の持つ良い効能を取り入れるための養生も大切です。

薬膳は中医学理論に基づいて作る、目的があるお料理。

食事だけではなく、生活習慣や考え方や行動なども変えないといけないこともあります。

大事なのは「自分がどういう状態か気づいて、いったん認めて、間違っていた行動や考え方を改めて、養生や薬膳に取り組む」ということ。

私が治してあげるんじゃないです。

自分で治していく…そのために、自分のココロとカラダの声に耳を傾けてあげる必要があります。

そのヒントを問診で導き出してあげて、食事のアドバイスをするのが私のお仕事。

「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ」とクロネコさんがCMをしていますが、中医学は「症状を診るのではない、その人を見る」ので、そのヒントになることを交えながらセミナーやお話をして、本物の中医学や薬膳を伝えたいと思っています。

体調相談を受けてお返事をするのは、簡単なことではないですが、100人以上(もう数えきれません…)の問診をしてきて、私もコツが掴めてきたので、最近ではいろいろな角度からアドバイスできるようになりました。

そして、その症例が薬膳インストラクターの方の「フォローアップセミナー」でお勉強のお題となり、みんなの力がアップしていく…。

そうなると、私がシッポを振って、私が元気になる…。

結局私に返ってくるので、ありがたいことです。

とは言え、ご相談はセミナー時に直接お会いしてするため、時間が掛かるので、限られた人数しかできず、今は9月までお待ちいただいています。

もちろん、体調がひどい方は優先的にしていますので、ご予約日まで時間があっても、問診票には必ず一度目を通しています。