漢方と薬膳のセミナーを神戸で開催している「健膳美食サロン」では、毎月「漢方薬のきぐすり.com」さんに薬膳レシピの提供をさせていただいています。

今日は、提出する薬膳料理を作って、写真撮影などをしました。

5月末から入退院をしていたので、ちょっと時期がずれてしまっていますが…(-"-;A ...アセアセ

担当者さん、ご迷惑かけてすみません。

今日は、夏の薬膳レシピ「豆腐とゴーヤともやしの揚げワンタン・甘酢あん」を作って、提出しました。

豆腐とゴーヤともやしの揚げワンタン・甘酢あん


豆腐もゴーヤももやしも春雨も、夏に体の中にこもってしまう余分な熱を取ってくれて、喉の渇きを解消してくれます。

家用だと面倒なので(笑)、普通に四角形や餃子のように包むのですが、今回は写真もいるので、ちょっとかわいく小籠包風に包んでみましたヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

この中に、水切りした豆腐と、小さく切ったゴーヤやもやしが入っています。

レタスの上の白いお菓子みたいやつは、よく中華料理などで出てきますが、春雨を高温の油で揚げたものです。

この揚げワンタンを甘酢あんでいただきます。

お酢で汗の出すぎを止めてくれて、汗が出すぎてドロドロ血になったのを解消してくれるので、夏にはピッタリの薬膳レシピだと思います。

まわりのゴーヤの薄切りは、揚げワンタンの写真だと、ゴーヤの存在が分からないので、「ゴーヤ使ってます!」というアピールです…(;^_^A アセアセ・・・

いつ公開になるのか…は分かりませんが、また掲載していただいたら、改めてお知らせしますね。

今日は、「ゴーヤのゼリー」も作ったのですが、こちらはまだ固まっていないため、写真が撮れていません…。

固まったら、どんな味がするのか食べてみて、写真を撮ろうと思います。