薬膳と漢方のセミナーを神戸でしている「健膳美食サロン」では、10月に「心のトラブル・ストレスとの付き合い方」セミナーを開催します。

よく「先生は元気ですよね」とか「強いですよね」と言われますが、実際はそうでもありません…。

ばっちりストレスから体調を崩す、分かりやすいタイプです。

もともと脾が弱いので、ストレスにはめっぽう弱くて、すぐに胃潰瘍ができてしまい、今もいくつかいらっしゃいます…。

今回のストレスの原因は書けませんが、あまりにもひどくて、「あなたそれでも人間ですか?」という内容だったので、ショックが大きすぎました。

私なりに真面目に一生懸命生きているつもりですが、世の中には人を陥れようとする人がいて、真実を確認することもなくそれを信用する人がいて、結局私が悪者…。

怒りとショックを通り越して、涙すら出なくなりました。

だって私は悪い事なんてしていないし、私を陥れようとしている人は私の友人だと名乗っていますが、私はそんな人知りませんし、メールに書かれていることもウソばかりです。

いつか真実は明らかになる。私にとってとても大事な人は分かってくれる…そう信じています。

悪いことをしたら必ず自分に返ってくるし、仕返ししようだなんて幼稚な考えもありません…。

誰かだいたいは分かっていますが、突き止めようとも思いません。

そんなヒマないですから。

ということで、少々へたりながらもお仕事してます。

気持ちの切り替えはとても難しいです。

でも、いつまでも嘆いても何も変わらないし、私は間違ったことをしていないんだから、堂々と生きればいいと思っています。

幸い、生徒さんからの相談が続いていたり、薬膳アドバイザーの試験が近くて質問も多いので、いい意味で忙しいです。

とにかく薬膳アドバイザーの受験生に全員合格してもらわないと…。

「症状が改善された」とか「やっと理解できました」と言われると、ホッとします。

セミナーでもお話しますが、ストレス解消とエンドルフィンは深い関係があると言われています。

ボランティア活動や人に喜んでもらうことをすると、エンドルフィンが分泌されるというデータがあります。

人のためになることをし、人に感謝されるととても嬉しいですし、そうした至福の感情とエンドルフィンは深く関わっています。

エンドルフィンには、ランナーズハイのような高揚感の他に、苦痛を和らげたり、多幸感をもたらしてくれます。

私の場合は、生徒さんたちの相談や質問に答えて、喜んでもらうことで、エンドルフィンが高まっているようです。

生徒さんは神様です…。

本当にいい人ばかりです。

昨日、新しいお香を買いました。

心が安らぐ音楽を聴いて、お香を焚いて、気功をして、マッサージをしていると、呼吸が浅くてドキドキしていたのが、スーッと息が吸えるようになって、モヤモヤと考えていたことが消えていきます。

今回のお香はお気に入りなので、10月のセミナー時にはお香を焚いてみようと思います。

私を陥れようとしている方、恐らくこのブログを見ているでしょう。

あなたの予測では、今ごろ私は心身共に衰弱して入院して毎日泣いて、セミナーもキャンセルせざるえをえなくて困っていると思われていると思いますが、残念ながら元気に生きています。

セミナーも予定通りすべて開催しますし、その準備も進んでいます。

看護師で“友人”と名乗るぐらいなら、これぐらいは気付いたはずだと思います。

あなたも疲れるでしょう?もう止めませんか?