“大人の遠足 to 心のオアシス淡路島”に行ったときに、お友達からお誕生日プレゼントにもらったお茶を飲んでみました。

紅茶ショップで有名な「LUPICIA」のお茶で、「王様と私」というパッケージ。

duriantea

裏面を読んでみると…「フルーツの王様、ドリアンの甘く濃厚な香りとフリーズドライ果肉を、タイ王室御用達の緑茶にブレンド」と。

ドリアン?緑茶?

どんな味???(-"-;A ...アセアセ

とりあえず煎れてみることに…。

暑いので、ちょっと濃いめにしてアイスにすることにしました。

飲んでみると、ドリアンのいい香り〜ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

ドリアンといえば、臭いフルーツで有名ですが、とても良い香りでした。

タイのリゾートにいる気分〜!!

行ったことないけど…。

そういえば、香港のカフェに入るときに「ドリアンのスイーツ食べる」と言ったら、オープンテラスのドリアンコーナーの席に案内されたっけ…。

雪見大福みたいなドリアンアイス、美味しかったなぁ…というか、クセになる味。

いつまでも口の中がドリアンだったけど…(||| ̄ ̄ー ̄ ̄;)アウッ

で、お茶ですが、さっぱり美味しくいただきました。

S姉さん、ありがとうね<(_ _*)> アリガトォ

ちなみに、薬膳的に見ると、ドリアン緑茶(こんな言い方でいいのか…)は、今の時期にぴったりです。

緑茶もドリアンも、体の余分な熱を取ってくれるので、夏の飲み物ですね。

飲んだ後、ほてって浮腫んでいた体がスッキリしました!

ドリアンって、「フルーツの王様」や「悪魔のフルーツ」とか「フルーツの魔王」と言われているらしい…。

良いのか悪いのか…。

でも、ミネラルや葉酸も多いので、貧血には良いようです。

薬膳的効能を調べようと思いましたが、さすがに中国の食物効能表には載ってなかった…(;^_^A アハッ…

「ルピシアのフレーバーティは、ほぼ香料」と言われていますが、ちょこっとドリアンの乾燥した実が入っていましたよ。