近くの「JA兵庫六甲 六甲のめぐみ」に野菜を買いに…と思ったら、駐車場から長蛇の列…。

入場制限までしているという混み具合にびっくり!!w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

新鮮なお野菜が安くてたくさんあるということで、年々人気が上がっていて、遠いところからも来られているようです。

私は超地元民ですが…。

そこで、いろいろと夏野菜を買って、今年初めてスイカを買いました。

梅雨明けして夏だし〜!!と思って、美味しそうな西瓜を真剣に選んでいると、隣で同じようなことをしているおばちゃんが…(;^_^A アセアセ…

買ってきたスイカを早速食べてみると、美味しい!!

でも、本当は赤いところよりも、白いところが欲しい私…。

緑の皮はさすがに食べられませんが、白いところは、“きんぴら”や“酢の物”にできます。

スイカには利尿作用があることは分かりやすいと思いますが、赤いところは、体の中の余分な熱を取ってくれます。

利尿することで、熱を冷ますんですね。

喉の渇きを潤わせてくれるので、「天然の白虎湯(清熱の代表処方)」とも言われるほど。

スイカを食べると、喉の渇きが治まりますよね。

旬の食べ物には、やはり季節にあった効果効能があります。

赤いところと緑の皮の間の白いところは、「西瓜翠皮」といって、赤いところよりも利尿作用が強くなります。

その白い皮を使って薬膳にすると、浮腫解消!となります。

具体的なレシピは、mixiの「健膳美食サロン」のコミュニティに入れています。

※会員さま(セミナー受講者)限定のコミュニティです

ただし、体の熱を取る作用もあるので、冷えが強くて浮腫んでいる方は、食べ過ぎに注意しましょう。

昔、おばあちゃんの家で鈴虫を飼っていて、ナスやスイカの食べ残しをあげていたっけ…。

今だとスイカの白いところまで使うから、鈴虫さんは食べるところないかも…( ̄▽ ̄;)!!ガーン