いろんな意味で大変な日々を過ごしていました。

もともと血液の病気を持っているのですが、大幅に血中バランスを崩してしまい、日常生活が難しい状態で、別荘に行っておりました。

心身共にかなり不安定になり、改めて中医学的な「血」の働きを感じました。

お薬がよく効いて、ゆっくり休んだのもあり、少し痩せましたが元気です。

少しずつ復帰する予定ですが、できればお誕生日前ぐらいまでには復活したいな…と…。

その頃には、点滴の痕などの傷も消えていると思うし。

いろいろな方が私の治療に携わってくれることになりました。

検査と診察を受けて、漢方薬を飲んでいれば、仕事を続けてもいいし、普通に生活してもいいと言われて、ホッとしています。

今回、救急搬送された病院の女医さんから、うまく生きるためのヒントを教えてもらいました。

救命救急は忙しいのに、そのときは私しか患者がいなくて、長い間一緒にお話してくれました。

今まではドクターなんて…という思いが強かったのですが、あの先生の言葉は心の奥深くまで響いたので、先生との約束を守って生きていこうと思います。

私のために、今の勤務先の地球の裏側に帰る予定を延期して、いろいろ対応してくれた元病院ナースのあーちゃん、心配して毎日のように電話やメールをくれた別のあーちゃん、本当にありがとうね。

今回はダブルあーちゃん(接点はないけど…)に助けられました。

また、お休み中に連絡をくださった方、いろいろとメッセージを送ってくださった方、ありがとうございました。

お問い合わせなどのメールには、お急ぎの方から少しずつお返事していきますので、もうしばらくお待ちください。