南京町でお買い物をして、鍼に行ってきました。

今日はとても寒かったし、風もあったので、予想通りダルダルモードです…((((_ _|||))))ドヨーン

先生に診てもらって、「おぉ…腎と肺と…」とイヤな順番で指摘されていると、「あっ、でも脾はいいですね」と久しぶりの良い兆し。

ワーイ!!\(o ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄o)/ワーイ!!

「たぶんもう少しで太れますよ」という嬉しい言葉をもらい、いつものようにお話しながら施術してもらいました。

いろいろ症状について話していて、「あっそれ分かる。私もあるある!ってことは○○さんと一緒??ヤダ〜!」って…(-"-;A ...アセアセ

あのね、きっと同じグループにいるよ、私たち。

もちろん先生は私よりはるかに元気だけど、結構似てますよぉ…。

私が「上半身と下半身のバランスが悪いとうか、腰に乗ってないというか落ち着かないときがある」というと、「分かる…そういうときって浮腫むんですよね」って言ってたし。

「それ腎虚やん」と言うと、「うわぁ…ショック…っていうか、そうですよねぇ…」と凹む先生ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

でも、そこでどうするか分かっていて、すぐに休むという処置をするから、倒れずにいられるんですよね。

「私ね、いつも○○さんしゃべりすぎで気を消耗しているから、今日こそしゃべらないでおこうって思うけど、ついつい○○さんの気のパワーに負けて一緒になってしゃべっちゃうんですよねぇ」と言う先生に対して、「あっ、最近は飲みに行ってないから、あんまりしゃべってないよ。大丈夫」とフォローする私もどうかと思うけど…でも、先生とのお話は楽しいんです。

たぶん隣のブースの人にとったら、何の話をしているか分からないと思いますが…(o ̄∇ ̄o)アハ♪

薬膳の話をするときも、さすがに中医学のプロだけあって、「だってそれ目赤とか鼻炎とかのプチ熱に使うやつでしょ」というと話が早いし、「冷やしすぎないように、これを足して、相克のこれを…」とかも通じるというのが嬉しいところです。

話している途中で「先生みたい!」と言われて、「一応先生です…」という天然な会話になるのもおもしろいですが…。

boukoukei鍼灸院のお茶するコーナーにある“経絡クン”がお気に入り。

「今日は肺兪、心兪、腎兪が弱かったなぁ…」と、いつもお茶をいただきながら、“今日の反省”をしています。

↑↑このへんね。

実は、コレ欲しいいんですけど…。

誰かお誕生日にください…(^人^)オネガイ♪

まだまだですが。早くてもいいです…ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

ちなみに、“耳さん”も欲しいです…。

でも、どちらかと言うと…全身がいい…ってもういい??

分かる人にしか分からんと思うけど。