昨日のブログを見て、心配してメールをくれた生徒さんや友人もいますが、ぼちぼち元気にやっています。

言葉が足りず、心配かけてすみません…( ̄▽ ̄;)ゞゴメンネ

呼吸がしにくくて空咳が出ていたのも、ひどくなっていた黄疸も、漢方薬ですっかり良くなりました。

先生いわく、「カラダは素直だ」と…(-"-;A…ドイウイウコトカナ??

完全に撃沈していた悩み事も少し落ち着いたし、今日はゆっくり自分のための1日にしようと思います。

トラブルに関しては、何も解決していないけど、考え方を変えることで違う目線で見ることができて(そんな気がする…)、ちょっとラクです。

先日、生徒さんとも話しましたが、「人に伝える」というのは本当に難しいことで、プライベートも大変だけど、それを仕事としていると、いろいろなストレスも溜まります。

それについて漢方の先生とも話しましたが、「自分をラクにする生き方のコツ」を教えてもらいました♪(* ̄∇ ̄)/

「難しいよ…」と言うと、「でも、それをしなきゃいけない人だし、それができたら一皮剥けるんじゃない?」と言われて、“脱皮”を目指しています。

ココロとカラダのために、最近は会社のお仕事を減らして、お出掛けも減らして、ボーッとする時間を作っています。

その間、ケータイもPCも見ずに…。

「自分をラクにする生き方のコツ」には、いろいろあるのですが、そのひとつが「情報を遮断すること」。

私には、これが足りないな…と。

いつも全力で走っていて、何でもすぐにしてしまって、「何かしなきゃ」という思いが強かったので(生徒さんたちにもとても多いです…)、今は優先順位を考えてするように心がけています。

そのためにしたことがあって、それが私には合っていると思います。

知りたい方は連絡してください。伝授します…笑。

このままココロに余裕ができてくると、カラダにも余裕ができるし、今気持ちを伝えたい人が何人かいるけど、いつか伝わるだろう…と。

心配してくれる人が多いですが、基本的には元気なんですよ。

ただ、数値が悪いのと、今の時期の風邪(ふうじゃ)に弱いだけです。

春の風は、ココロも揺るがす風なので…。

でも、中医師の先生に診てもらったら、「そんなに悪くないですよ。ストレスが多いから、それを何とかすれば良くなってきますよ」と言われたので、体調は治せると自信を持っています。

これから半年間の治療計画を立てましたヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

「漢方と薬膳の講師をしているくせに、あなたが病気なの?」という人もいるけど、人間だし、知らない病名を知るきっかけになったし、よかったと思います。

痛みや辛さを忘れてしまったら、大切なことを伝えられなくなるし、無理してしまうし、おばあちゃんと萬吉おじいちゃんの「調子乗るな」というメッセージだと思っています。

自己免疫性溶血性貧血というもので、貧血・黄疸・ヘモグロビン尿が出やすくなりますが、痛みなどはないので、胃潰瘍などに比べればラクなもんです。

もともと疲れやすいから、疲労感もそんなに気にならないし(それもどうなんだか…)、とにかく無駄に夜中に起きずに寝ることにしています。

この半年が勝負…。生きたいので、絶対に無理しません。

西洋医学では「原因不明」と言われますが、私は治します。

周りの漢方従事者の方全員が、「へぇ〜」と深刻に扱わないのは、中医学では説明がつくから。

それは私も十分理解しているので、中医学っておもしろいなぁ〜と思います。

しばらくは、少し副腎皮質ホルモンを使い、赤血球が死ぬスピードを緩めて貧血を改善して、漢方薬で関連臓腑の機能を正常にして、鍼や気功で調整をして、薬膳で失った血(もちろん気も)を補っていきます。

生徒さんたちにも、血虚の方が多いし、気血を補う薬膳のレシピを考えるのは、一石二鳥です、( ̄▽ ̄)V

7月までセミナー日程が決まっていますが、秋ぐらいに「血」のお話をしたいと思います。

そのときに、完治報告ができるように、がんばっていこうと思います。

じっと寝ていても治らないので、しっかり補ってカラダを動かします。

大丈夫なので、質問メールやmixiのコミュニティの書き込みもOKです。

しんどいときは、お返事を遅らせますので…。