神戸で初めて開催した薬膳アドバイザー認定試験で、見事合格した新人薬膳アドバイザーさんたち。

薬膳アドバイザーといえども、まだまだヒヨコちゃんで、薬膳の基礎の基礎を学んだだけで、どうやって生活や仕事に役立てようか悩んでいる方も多いと思います。

私が所属してる協会の薬膳の試験には、薬膳アドバイザー(初級)、薬膳インストラクター(旧薬膳指導員・中級)、国際薬膳師(上級)があります。

今回誕生した薬膳アドバイザーの方のうち、5名ほどは次のステップを目指す予定です。

初級は漢方と薬膳の基礎で、中級は少し弁証や施膳が入ってきて、上級はさらに難しくなります。

どこまで取るか…これは、受験される方のニーズ、費用、時間…などを考慮した上で考えるといいと思いますが、「これを取ったからあれができる」という訳ではなく、どのステップでも「いかに自分でしたか」だと思います。

国際薬膳師に合格しても、試験に合格しただけでほとんど分かっていない方もいますし、薬膳指導員でも自分でよく勉強してお仕事にされている方もいます。

試験合格は、自分の力試しだったり、ご褒美だったり、肩書きだったり…で、応用させるには自分の努力が必要です。

試験は頭の良い人が合格しますが、実際に役立てられるのは応用できる人です。

たまに「勉強の仕方や仕事への活かし方を講演してくれませんか」というお話をいただきますが、私は「漢方と薬膳が好きで、ひとりでも多くの人に直接伝えたい。心と体の健康と美を保つお手伝いがしたい…自分もね(笑)」という思いだけです。

そのために必死で勉強してきたし、今も勉強を続けているし、漢方の仲間たちとの情報交換を欠かさず、生徒さんからの悩み相談も受けながら、ああでもないこうでもない…と日々考えています( ̄ω ̄;)ウーン…

座学だけでなく、実際に作ってみたり、自分なりに考えてみたりすることが大切です。

でも、試験を受けたり、対策セミナーを受けると、ひとりでは挫折しそうなときもがんばれるし、一緒に受ける仲間がいれば励みにもなります。

私が漢方を勉強しだして4年になりますが、何が辛かったって、分からないことを聞く人や一緒に勉強する人がいなかったこと…(TmT)ウゥゥ…

教えてくれる人はいたけど、情報交換ができる仲間がいなかったので、国際薬膳師の試験直前に、マニアな京都人Sちゃんと知り合ったことは、とても大きかったです。

それで、一般的なスクールでは考えられない、セミナー終了後におしゃべりの時間を作ったり、試験終了後に懇親会をしたんです。

忙しかったり離れていてなかなか会えなくても、お互いのブログを見たり、メールで連絡したりして、近況報告をしたりご飯を食べに行ったり、刺激を受けたり与えたり…そういう報告をもらうと、とても嬉しく思います。

多くのヒヨコちゃんを無事に生んだあと、オカンはちょっと疲れてしまいましたが(笑)、元気復活したので、次のヒヨコちゃんを生むためにまたがんばります。

ということで、春の「薬膳アドバイザー(初級)認定試験」は、5月23日(日)に開催しますヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

次の試験は、今回のテキストとかを使えるし、気分的にもちょっと余裕があります。

受験生の皆さんからいただいたアンケートをもとに少し改訂して、お話ししていきたいと思います。

試験も対策セミナーも神戸の三宮近辺ですので、大阪・京都・姫路方面の方もお越し頂けると思います。

試験対策セミナーは、以下の予定です。

※日程が変更になることもあります

セミナー(1) 1/23(土)
薬膳について・食物の性質・五行理論

セミナー(2) 2/20(土)
気血水・体調の虚実

セミナー(3) 3/20(土)
薬膳の設計とまとめ

セミナー(4) 4/17(土)
模擬試験と解説

まだパンフもできていないし、ホームページにも掲載していませんが、近々作りたいと思います。

そう…パンフもホームページも私が作っているから…(-"-;A ...アセアセ

パンフができたら、関係各所の皆さまのところにも“営業”にまわらせていただきます。

たぶん、それが口実の忘年会かな…。

また“先生走る月”がやってきます…ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛