今日は、薬膳アドバイザー認定試験対策セミナーの第1回目でした。

おひとり体調不良でキャンセルがあったものの、6名の方が出席してくださいました。

足下の悪い中、ジメジメと過ごしにくい中、お越しいただいて、本当にありがとうございました<(_ _*)> アリガトォ

いつものセミナーの生徒さんたち、筋肉ムキムキのパーソナルトレーナーさん、私の掛かり付けの鍼の先生のお母さん、お友達の家で会って来てくれることになった方…なんとも不思議なメンバーでしたが、縁あって同じ場所に集まった方々ですので、一緒に仲良くがんばってほしいと思います。

ちょっと勘違いで予定していた時間よりも早く終わってしまい、先に帰られてしまった方もいらっしゃいましたが(本当にすみません…)、最後に気功の呼吸法を皆さんでしました。

体の隅々まで気がめぐるのを感じてもらい、体が温かくなったとか、胃がグルグル動くとか、気持ちいいというのを経験してもらいました。

お休みされた方もですが、お友達や生徒さんの中に、このところの湿と熱にやられている人がとても多いです。

私もですが…(-"-;A ...アセアセ

この1週間〜10日ほどの間に、吐いたとか、ムカムカするとか、膝が痛いとか、むくみがひどいとか、頭が痛いとか、下腹部が痛いとか…いろいろなメールが来ました。

このお仕事をしていると、いろいろな相談を受けるので、“旬の症状”というのがよく分かります。

今は、本当に湿が原因の方が多い…。

もともと生徒さんには脾の弱い方が多いので、内から外から湿だらけになってダウンしている方もいっぱいです。

でも、皆さん呼吸法とかで少しラクになっているので、余分な湿や水を出しながら、気の流れをよくするといいみたいです。

漢方薬を使わなくても、このような養生法や薬膳である程度軽減できるので、いろいろしてほしいのですが…

湿にやられている人はやる気がない…((((_ _|||))))ドヨーン

というのが大きなネックです。

そういう方とは、お話したり、メールをしたりします。

楽しいことをすると、少し気が流れて、動くきっかけになりますからね。

よく「メールしてから、部屋を掃除する気になって、片付けだしたら夢中になって、いつの間にかしんどいのが治っていました!」というようなお話を聞きますが、そんなもんです…。

もちろん、病状がひどい人にはそうはいきませんが、「気持ち」からしんどくなっている人や、軽く湿邪にやられている人は、元気になれます。

「しんどかったけど、来てよかったです」

セミナーをしていて、その言葉が何よりも嬉しいです(*⌒∇⌒*)ウホッ♪

私はちょっと動くきっかけを作ってあげるだけで、治すのは自分自身ですからね。

薬膳アドバイザーの受験を最後まで悩んでいた人に、「一緒にがんばりませんか?大丈夫ですよ」と言って、受験することになりましたが、最初躊躇していたのは何だったんだ???と思うぐらいヤル気になって、がんばっています。

がんばる目標ができた人は、ステキですb( ̄▽ ̄*) Good!!

できる限りのサポートはしていきますので、全員合格を目指して、皆さんと一緒にがんばっていきたいと思います。

分からないところがあったら、いつでも連絡してくださいね。