金曜日の夜中から調子が悪く、土曜日のセミナーはなんとか元気に過ごせたものの、夕方からぐったりとしておりました。

ストレスも多いし、ちょっとお疲れなのかな…と思いきや、下痢嘔吐の症状、腰痛、下半身のしびれ、癒着の痛みや熱などが出てきて、なんじゃこりゃ〜!!と思っていたら、まったく動けない状況へ…

( ( (__|||) ) ) どよぉ〜ん。。。

元々、脾が弱く、腎も弱りつつあったので、「ついに腎に来たな」と思っていたのですが、どうやっても改善しないし、なんせしんどい。

胃が弱いくせに、便秘も下痢も年に数回という強靱な大腸の持ち主が、下痢というのも気になっていたのですが、それよりも腰と内膜症の癒着部分が痛くて…。

結局、日曜日と月曜日の会社をお休みして、ぐったりと家で寝ていました。

今日はなんとか起きられたので、会社に行こうと思ったのですが、出勤途中にどうも調子が良くないので、近くの病院に行くと…

「ノロウイルスですね」

えーーーーーーーっ??????( ̄[] ̄;)!ホエー!!

生もの食べてないし、感染ってやつですかぁ???

「ノロって嘔吐と下痢が強烈なんでしょ??」と聞くと、「そうとも限りません。しかもあなた、脱水起こしてますよ」とドクター。

そして、点滴ルームへGo!!┗( ̄▽ ̄;)┓=3=3=3=3

まぁ、3日間ほぼ食べてなくてフラフラだったので、助かりましたけど…。

どうやら、免疫力が高い人はウイルスが入っても平気で、弱い人は下痢嘔吐がひどいので、中途半端な免疫力だったようです。

でも、一昔前なら、確実に倒れて入院していたはず…。元気になったもんだ…。

看護師さんに「お家で何かお薬飲みました?」と聞かれて、「あぁ…吐き気が強かったし下痢もしていたので、五苓散薄めて飲んでました。薄めたポカリスエットも飲んでましたよ」というと、「同業者さんですか?」不思議そうな顔で言われました…。

いえ…、単なる薬膳師です…。

だから症状がマシだったのかなぁ。

持つべきものは、五苓散。( ̄∇ ̄*)oグッド!!

二日酔いの時に役立つだけじゃないのね…(笑)と実感。

子宮内膜症で残っている癒着部分は、子宮と卵巣と直腸とでくっついてるから、腸炎を起こしていると突っ張って痛むのは当たり前だし、もともと左疏経部の流れが悪いから、足も痺れていたんだろうし、お疲れピークっていうのもあったのかも。

弱ると気も減って下がるし、いろんな症状が出たんだろうなぁ。

それにしても、ノロとは思わなかった…。

完全に頭が中医学になっていたので、もうちょっと西洋寄りの見方もしないといけないな…とまたまた自分自身の体で実感しました。

神様からのお告げでしょうか…。

驚いたのは、私がノロに感染したということだけではなく、もうひとつ…。

うちのおバカなママさんに「病院行ったらノロウイルスって言われたから帰る」と電話すると、「なにそれ?」と言ったママさん。

えっ…、ノロウイルス知らんの…???

家に帰っても「あの、トロ…なんとかってなに?」と聞いてきて、「トロじゃなくて、ノロウイルスね。生ものとかに着いている菌が入って…」と説明していても口をぽかんと開けているので、「インフルエンザの大腸版」とアバウトな説明。

「えーーーっ!菌に感染したん???」と驚くママさん。

おそっ…w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!

それ以来、私をバイ菌のように見ている気がする…。

あっ、もう大丈夫ですよ。

今日は家でセミナーのテキストを作ったし、明日から会社にも行けそうです。