実は私、昨日1日、目の周りが赤く腫れて、“赤いパンダ”になっておりました…。

原因は、胃の熱…( ̄▽ ̄;)!!ガーン

そして、漢方薬を飲んで、今日治った〜〜〜っ!!

とまぁ、胡散臭い話ですが、本当のこと。

ここ数日、半身浴をしてもすっきりせず、余計に足が熱くてだるくて浮腫む…という症状が続いていて、「あぁ、うまく熱と湿が出せてないなぁ…。しばらく半身浴を止めるか…」と考えていました。

それに、このところ異常な食欲で、普段はあまり食べない白砂糖満載のおやつを大量に食べて、晩ご飯もしっかり食べて、食後2時間ぐらいで、冷や汗が出るほどの腹痛。

お小水の量も減っているし、口が渇くし、火照るし…。

イヤな予感…と思ったら、目蓋と目の下が赤くなってきて、朝起きたら、赤いパンダ状態。

キョエ〜〜〜っ!!またやぁーーーーっ!!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

ということで、夕方仕事が落ち着いた頃に、「赤いパンダ、帰ります…」と早退しました。

去年も同じ症状が出て、皮膚科のお薬を飲んで2週間も掛かったので、今回はソッコー帰ることに。

その前に、会社の近くの漢方薬局に行って、「ちょっとこれ見てよ…」から始まり、「去年は皮膚科で化粧品やって言われてんけど、私は違うと思うねん。ぜったい胃の湿熱やわ!見てぇ!!」とおっちゃんに言うと、「そうやなぁ。薬出しくとわ」とのこと。

余分な熱と湿を出す漢方薬です。その場で飲んで、皮膚科へ。

皮膚科に行かなくてもいいような気もしたのですが、なんせ木曜日にいろいろと用事があって、早く治さねば…ということで、目の周りに塗る軽いステロイド剤をもらってきました。

よく「ねぇさんでもステロイド使うの???」とびっくりされますが、いくらカンポー人とはいえ、痒いものは早く治したい…。

常に使うのは良くないですが、一時的に使うのはOKだと思っています。

家に帰ってきてからは、漢方薬を飲み、晩ご飯を最小限に抑えて、お風呂はシャワーだけにして、塗り薬を塗って、師匠に報告して(笑)、さっさと寝ました。

そして、今朝起きたら…

あら、マシじゃないのぉ〜!!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

夜通し泣いた女子のような目だけど、赤みと痒みが引いている!!

後は余分な水を出していけば治るぞ〜っ!!とご機嫌に出勤しました。

もちろん、今日のMyお茶は、あずき茶。

みんなに「赤いパンダ、マシになってるやん!すごいな漢方!」と驚かれながら、午後からはすっかり元通りに。

驚異的な回復です…。

すべてがうまくいって、よかった、よかった。

今回の目の周りの赤い腫れは、脾胃が原因。

暑さと湿気でもともと弱い脾胃が弱っているのに、ウソの食欲に騙されて、ガツガツ食べてしまい、胃が過剰に働いて熱と湿を溜め込んでしまったのです…。

脾胃の異常は、目の周りや口の周りにサインが出てきます。

なので、食事を抑えて、胃を休めてあげて、これ以上熱と湿がこもらないように、シャワーだけにして、小豆茶を飲んで、ゆっくり休みました。

漢方薬って、ずっと飲まないと効かないと思っている人が多いですが、こんな風に効くこともあります。

漢方薬を飲み出してから、トイレが近い…というのは、体の中の余分な水分を尿として外に出しているから。

トイレに行くたびに、「おっ!出てる、出てる!」と喜びながら、よかったぁ〜!と安堵。

早退させてくれた会社の皆さん、漢方薬局のおっちゃん、イヤそうな顔しながら塗り薬を出してくれた(笑)皮膚科の先生、アドバイスをくれた師匠に感謝です。

結構マニアな漢方薬を加減方で出してくれたので、新しい処方も覚えられてラッキーでした( v ̄▽ ̄) フフッ♪

持つべきものは、掛かり付けの漢方医!

今日も早く寝よう…。

そして、明日からも食べ過ぎには気をつけよう…ヾ(_ _*)ハンセイ・・・