めったに連休は取れないのですが、昨日と今日はどうしても外せない予定があって、連休を取りました。

昨日は、私が漢方を勉強するきっかけとなった婦人科の先生の病院に行って、試験合格の報告をしてきました。

土曜日で予約患者さんが多くて、ちょっとお疲れ気味でしたが、写メを見せて「合格したよ〜!!」というと、とっても喜んでくれました。<(_ _*)> アリガトゴザイマス

「こうやってがんばる人、好きやわぁ!」と言ってもらって、近々、神戸で漢方と薬膳のセミナーを開くことを言うと、またまた喜んでくれました。

でも、「がんばりすぎと無理は禁物よ!ひっくり返るから」としっかりお灸を据えられて、返す言葉がない…(;^_^A アセアセ・・・

その後、いろいろと用事を済ませて、「さ、帰ろうかなぁ〜」と思っていたら、「お祝いにご飯食べに行かへん?漢方薬も持って行くし」と師匠からメール。

飲み会のお誘いと漢方薬をタダでもらえるとなると、待ち合わせまで2時間あっても大丈夫!!

そして、飲んで食べて…飲み過ぎた…ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

2件目で白→赤とグラスで飲んで、3杯目に飲んだ赤がとても美味しくて、師匠とシッポ振っておかわりをしていたら、「もうボトルで飲んだら?」とオーナーさん。

ははっ…どんな客だ…。

ちなみに、1件目でビールと焼酎を飲んでます…。

そして、今朝はスクールの勉強会があったので、朝6時半起き。

先生方に「よかったね。おめでと〜!!」と祝ってもらいながら、若干二日酔い状態…。

いつもなら抜けるのに、湿度が高くて脾胃の調子がイマイチなので、どうも残っていて、そんな中で勉強をして辛かった…(-"-;A ...アセアセ

下半身が重いし、ちょっとグラングラン頭痛がするし、眠い…。

すべて「湿」が原因です。体の中が梅雨状態ってやつですね。

アルコールは「湿」を溜めるからねぇ…。

こういうときは、体内の余分な水分を出してあげないと、ジメジメが続きます。

ということで、家に帰ってきてから、ほうじ茶に陳皮を入れたお茶を入れました。

ほうじ茶は、体を温めてくれるお茶で、虚(特に脾)のタイプの方にはぴったり。

そこに、水はけを良くする陳皮を入れると、けっこうスッキリします。

お腹が張ったり、食欲がなかったり、倦怠感の原因は「湿」ですが、この「湿」を上手に出してくれる優れものです。

香りもいいですしね。

ただし、体を温める作用もあるので、普段からのぼせたり、舌が赤い方(熱を持っている)は、ちょっと注意が必要です。

大活躍の陳皮さん。

試験のお祝い会&お誕生会と飲み会も続きそうだし、そろそろ買いに行かなきゃ…Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン