不思議なもので、病んでいた数年は相談されることなんてほとんどなかったけど、持病が減ってきて元気になると、相談されることがかなり増えました。

ま、顔色が悪くていじけた病人に相談する人は、あまりいないとは思うけど…(-"-;A ...

この間、1周り年下のNちゃんが最近元気がなかったので、ちょっと声を掛けてあげたら、今まで誰にも言えなかったのか、ぐぁぁぁああああああ!!としゃべりだして、泣き出した…。

ど、どうしよ…( ̄[] ̄;)!ホエー!!

じっと聞いていると、さっぱり意味が分からず、「何が言いたいんだこの子は…」と思いつつ、うんうん…と聞くこと数分。

落ち着いたところで、「でもなぁ…おばちゃんなんかなぁ…」と私自身のことを話し出すと、「そうなんやぁ。ねぇさんが泣いてるのって想像できひんわ」というNちゃん。

いやいや…、私も戸籍上は立派な女ですし、泣くことだってありますぜ…。

病気のときなんか、毎日布団にくるまって泣いてたぞぉ。

そして続く彼女の言葉は…

「ねぇさんは、いつもしっかりしてるし、モテるし、明るくて頭良くて、何不自由なく生きてるっぽいやん」

ちょっと待ったぁぁあああああ!!!!

(昔、こんな番組あったなぁ…笑)

「私がモテるのは、50歳以上と5歳以下だし(ホントです…笑)、物忘れはひどいし、実は根暗だし、いろいろと悩むこともあるのよぉ!!しかも、長年、病気持ちだったし、結構な苦労人よ…」と力説。

どっちの悩み相談が分からなくなってきて、「でもなぁ、Nちゃんが答えを出したんなら、どっちの答えでも無駄になることはないんよ。新しいことをするきっかけになるんやから、自信を持って進んでいき。応援するから。大丈夫、大丈夫!」というと、

「うわぁ〜ん、おかあさ〜ん!!」と泣きついてきたNちゃん。

お…おかあさん?????( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ねぇさんの次は、オカンかよ…笑。

でも、若者が悩んでいる姿を見ると、なんだかピュアでちょっと羨ましい気分になりました。

いいねぇ、若いって♪(゚ー゚*)(。_。*)ウンウン♪

私もあんなに可愛く悩んでみたい。

そんなことしたら、「キミはひとりでも大丈夫」とか、「なんかヘンなもんでも食べた?」と言われるに決まってる…(T-T*)クゥッ…

そんな私は、誕生日まで1ヶ月を切ってしまった…。

もうすぐ、♪さぁ〜んじゅっなぁ〜なっ♪ですv(o ̄∇ ̄o)♪

オトナになろう…。