お友達のお家が宝石屋さんということもあり、いつも素敵な宝石を見せてもらっては、目の保養をしています。

金やプラチナの値が上がっているのは知っていましたが、庶民には関係のないことだと思っていたら…

「あんた!金の塊も切れたネックレスも、同じ金やで!!」

と怒られて。目から鱗…w(*゚o゚*)w

今なら、高値で買ってくれるとのこと。

今、どうしても欲しい指輪があって、下取りをしてくれるとお買い得になる…!!

といいつつ、仕事は忙しいし、勉強はしないといけないし…ということで、なかなか金・プラチナ探しを実行できませんでした。

今日は、あまりのしんどさでヨガに行くのを止めて、ゆっくり寝て、勉強して疲れたところで、眠気覚ましも兼ねて家捜し開始。

私の分では少ないので、ママさんやおばちゃんにも声を掛けました。

お得なお話なので、数日前に会社の若い子たちにも声を掛けたのですが、「へぇ〜、そうなんやぁ」とみんなあまり興味なし。

「これぐらいで4万円ぐらいになんねんで!!」と言っても、「思い出が…」とか「高かったし」とか言って、なかなか出してきません。

が!!

私も含めておばちゃんは、食いつく食いつく!!o(〃^▽^〃)o

「えっ?うそ?ホンマに??探すわ!!」と真剣に家捜しをしています。

「昔付き合ってた彼氏にもらってんけどなぁ」とか
「ダンナのオカンにもらってんけど、気に入ってないねん」とか
「小姑にもらってんけど、趣味悪いやろぉ?」とか
「遺産でもらった金の板でもいい?」とか…

おばちゃんたち、素敵やわぁ〜d( ̄▽ ̄*) Good!!

しかも、私よりちょいと年上のおねぇさんたちは、バブルの時代にブイブイやってた人なので、あるある…。

年を重ねると、付き合った相手の数も多かったり、「思い出」なんて金目のものに掛かれば…

「掃除もできて一石二鳥やわ〜!忘れてたへそくりまで出てきた!ご飯食べに行こか!!」というお友達も。

素晴らしい!拍手拍手!

ビバおばちゃんヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)♪

でも、疑問が…。

死んだ人ならともかく、「姑や小姑は生きてるやろぉ???」と言うと、「あぁ、どうせいつもしてないし、無くなったって言っとくわ」というお返事。

入らなくなった結婚指輪を出してきた人もいた…。

もちろんダンナさんは健在です。

ははっ…。

そして、買い取ってくれるお友達に「たくさん集まりそうだ!」と報告すると、「正しい休日の過ごし方です」と帰ってきました(*^_^*)

女って怖い…。