先日、漢方のセミナーに行ったついでに、いつもの漢方薬局で漢方薬をもらってきました。

どうも、このところの不調が良くならないもので…。

1年以上ずっと診ていてくれた相談員さんが転勤になってしまって、ちょっと寂しいのですが、その日に話を聞いてくれた人もパワーのある人でした。

そこで、またまたしゃべり倒して(笑)、「私、病んでるんですぅ」と言うと、「どこがですかぁ?めっちゃ元気そうですよ。っていうか、悩むことあるんですか???」とびっくりした様子。

あのね…。私も人間だし、しょっちゅう悩んでますって…。

しかも、昼間は元気で夜はぐったりのクヨクヨ型。いちばんタチの悪い凹み方をするんです。

まぁ、昔の“病気の総合商社”のイメージから脱出できたのはいいことだけど、どうも“関西のオバチャンコース”を歩んでいるような気がする…。

とまぁ、そんなことは置いといて、かなり回復してきました!

今回は、口角が切れたり、唇が乾燥したりするのに、まぶたが赤く腫れてカサカサするという症状が出ました。

目が開かなくて、会社の子に「どうしたん?寝てないん??」と言われるほど。

実は、私、元々まぶたが浮腫みやすい体質。

その上、赤くてカサカサなもんで、イライラ…。イライラすると余計に痒い…という悪循環でした。

舌の苔は黄色くて、口も渇くし、お風呂から上がると、まぶたがまっかっか!

そう、熱を持っていたんです。「熱は上に上に上がる」というお話をしましたが、まさに頭に上ってきています…。

まぶたに症状が出るのは、「脾」が弱っている証拠。

「脾」は、胃や小腸を含む消化器官のグループです。そのグループには、唇もいます。

実は、「脾」と「胃」は同じグループにいながらも、お仕事はちょっと違います。

このへんがビミョーに難しいのですが、漢方は“イメージ”なので、あまり堅く考えないでください…。

(しかも、「脾」は実在しないものなので、分かりにくいです)

胃では、口から入った飲食物をぐちゅぐちゅにします。

その、ぐちゅぐちゅになったものから必要な栄養を吸収するのが「脾」の重要な働き。

胃は消化したものを小腸や大腸に“下げる”お仕事をしますが、「脾」は栄養を「肺」に“上げる”お仕事をします。

「肺」は体全体に、シャワーのように振りまくお仕事をします。

つまり、胃が弱ると、十分に消化できず、胃が痛くなったり、ムカムカします。

上に出ると吐き気で、下に出ると下痢ですね。

「脾」が弱ると、気や血をつくるモトがないので、人が生きていくための“元気のモト”を吸収して、いろんなところに運んでくれる「肺」までたどり着きません。

だから、しんどくなったり、貧血になったり、眠くなったりします。

やる気がない、集中力がない、よくこける…なども「脾」が弱い人に多い症状です。

「脾」ってとても重要です。“元気のモト”ということは、“若さを保つ”のに重要なこと。

「脾」が弱ると、老化の原因に…!!

「脾」を大切にしましょう。日本人は「脾」が弱いんですけどねぇ…。

次回は、「脾が喜ぶコト」を書こうかな…と考え中です。