またまたご無沙汰してしまいました…。

17日の試験に向けて、猛勉強中です…。お陰で脳ミソが爆発しそうです。

でも、薬膳の勉強は、日々の生活でも体験しながらできるので、けっこう助かります。

今日、会社に行くと、いつもコンタクトの人がメガネをかけていて、目が真っ赤!!

「どうしたん?目ぇ、まっかっかやん!!」と言うと、「花粉症やねん。痒くて、痒くて、イィ〜っ!!ってなんねん…」と、かなり不快そう。

「菊花茶に枸杞の実を入れるといいんだけど、明日持ってきたげよか?」と言うと、「明日、休みやねん。薬飲んでんねんけど、ぜんぜん効かへんし、仕事するのもイヤ!」と嘆く彼女。

そっかぁ…。でも、なんとかしてあげたいなぁ…と思って、ふと思い出したのが、ロッカーに密かに持っている、私の茉莉花茶(ジャスミンティ)。

ティーバッグだけど、いつもお世話になっている中華食材屋さんの東栄商行さんで買った、ちょっといいお茶。

「よかったら、これ飲んで。菊花茶ほど効果はないかもしれないけど、イライラをとってくれたり、気の流れの悪いのを流してくれるし、炎症には効果あるんよ」と、2つプレゼント。

「コップで5分ほどしっかり出してから飲んでね。あっ!!蓋を忘れずに!!香りも大事やからね!!2回は飲めるから、帰るまでに何倍か飲みね」と言うと、早速、飲んでいました^^

そして、数時間後、違うスタッフが「あれ?!目ぇ赤くない!!ウサギみたいやったのに、真っ白になってる!!」と言うから、見てみると、ホントにキレイに白くなってる!!

「himeさん(会社では苗字ですが)にもらったお茶を飲んでん!なんか気分もすっきり!」と超ご機嫌。

ある程度の効果はあると思っていたけど、私もびっくり!!

茉莉花(マリカ=ジャスミン)は、「肝」と「脾」に帰経し、詰まっているものを流したり、胃や腸の消化器系を優しく温めて元気付けるので、「この人、脾が弱いな…」といつも思っていたので、ぴったりだったのです。

いろいろ相談を受けていて、オススメの漢方薬のお話とかをしていたところなので、ピン!ときたわけです。

彼女の場合、冷やす効果のある菊花茶よりも、脾胃をいたわる茉莉花茶の方が合っていたようです。

いやぁ、勉強になりましたぁ!!

本人は元気になって喜びだけど、「今日はお家でもお茶を飲んで、早めに寝ること。免疫力の低下が花粉症を悪化させるからね!」と、ちゃんと念を押しておきました。

さすがにお薬ではないですからね。

また会社で、漢方と薬膳を広めてしまいました…笑。

最近では、11時ごろと16時ごろに私が漢方薬をシャカシャカ振りながら歩いていたら、「あっ!私も漢方飲まな!」と着いて来る子が、一人、また一人…。

会社で臭〜い匂いを振りまきながら、「カンポータイム」をしています。

肌荒れで悩んでいた子が、肌がキレイになってきて、便秘まで解消されて、ニコニコ。

新しい恋まで始まりそうだとか…。

漢方は、心と体を元気にするだけではなくて、幸せまで呼ぶのかもしれません(*^_^*)

私もがんばろっと。