日生行きの前に、気合いと根性と漢方で治した風邪。それが、昨日出勤して、また菌にやられ気味で…。

でも、寝込んでいないし、熱も出ていないし、病院にも行っていません。今までには考えられないほど元気です。風邪をこじらせて入院したこともありますから…。

これも漢方で養生してきて、免疫力が上がって、自然治癒力が高まってきたのかなぁ…と、ちょっと嬉しいです。

会社はものすごく乾燥しているし、なんせ風邪が大流行。ゲホゲホと咳をして、「休んでくれ…」と思う人ほど、ウロウロしています。

昨日は、鼻が詰まりだしたので、漢方薬を麻杏甘石湯(まきょうかんせきとうに 替えました。

その基準は、鼻水と舌の苔が少し黄色っぽくなったのと、喉がちょっと痛くて、軽く咳も出だしたから。でも、熱はありません。

この漢方薬は、一般的には、激しい咳嗽(がいそう)と口渇(こうかつ)のる気管支喘息に使われるのですが、今の私の状態でも使えます。

石膏が入っているので、いわゆる「肺熱」の症状があるときに、よく効きます。

熱を取りながら、肺の働きを高めて、咳や痰を改善します。鼻づまりや目のかゆみにも効きます。

体がひどく弱っていたり、異常に発汗している人、胃の調子が悪い人に使うときは、慎重に使わないといけませんが、使いやすい漢方薬です。

こういうときに、葛根湯などは逆効果です。体内に熱があるのに、温めることになります。体内の熱があるときは、その熱を取らないといけません。

熱があるかどうかの見極めは、お風呂に入って悪化するか、良くなるか。

良くなれば、冷えています。悪化すれば、体内に熱がある証拠。

私の鼻づまりは、お風呂に入ると余計に詰まります…。ということは、熱を持っています。それと、鼻水、痰、舌の苔が黄色くなるときも、熱を持っています。

そういうときは、熱を取ってくれる食材を摂るといいです。トマト、キウイフルーツ、きゅうり、緑茶、薄荷、菊花…などなど。

「私、冷え性だから…」と言って、体を温めるものばかり食べる方もいますが、それはケースバイケースで臨機応変にしましょう。

体の中のどこかに熱があるときは、まずは「清熱」です。

ちょうどタイミングよく、今日の薬膳のクラスでは、風邪の症状についてでした。お土産に、金銀花と菊花をもらったので、明日の会社に持っていくお茶にしようと思います。

漢方薬は、同じ風邪でもタイプ別に弁証します。知っておくと、とても便利です。

このクラスで勉強したことは、また後日書きたいと思います。