ご無沙汰しておりました…m(_ _)m 忙しかったのもあるのですが、会社で風邪やインフルエンザが大流行で、ちょいともらってしまいました。

でも、今日はお友だちと岡山県の日生(ひなせ)に牡蠣(カキ)を食べに行く予定をしていたので、何が何でも行くぞっ!!!!と気合いを入れて、必死に風邪対策。

毎日、板藍根(バンランコン)を飲んでいても、口を押さえもせずにゲホゲホ咳をするヤツが会社にいて、すっかり菌が蔓延…。

早めの葛根湯+ショウガと早寝で、なんとか復活!

気合いと根性と漢方で、風邪を撃退して、日生に行ってきました〜(*^_^*)

いつもは車ですが、今回はJRで行きました。うちの最寄駅から、1時間半ほどで日生に到着です。

まずは、駅までお迎えに来てくれたバスで旅館へ。チェックインだけして、日生漁港の市場でお買い物に向かいました。

漁港なので、道端にホタテの貝がいっぱいです。そして、なぜかヒトデの行列…。何に使うんだか…???

日生_1日生_3


「五味の市」に到着すると、平日のせいか、お店がほとんど出ていなくて、前の「道の駅しおじ」でお買い物をしました。

牡蠣はもちろん、ちくわ、干しえび、ちりめんじゃこ、佃煮…などなどを買ってご機嫌です。

日生_4そして、元来た道を戻って、旅館「美晴」さんへ。

今までは、近くの鹿久居荘(かくいそう)によく行っていたのですが、今回、はじめて「美晴」さんにお世話になります。

まずは冷え切った体をお風呂で温めてから、今日のメイン、牡蠣懐石ですぅ〜♪

牡蠣が嫌いな人には耐えられないようなメニューです。

食前酒の梅酒、牡蠣田楽と旬の物二種、カキ南蛮漬、旬の魚盛合せ、海老のおどりです。

エビさん、ピクピクしてましたぁ。あぁ、人間って残酷です。でも、美味でした。

日生_5日生_6
日生_7日生_8


牡蠣時雨煮、セル牡蠣浜焼、牡蠣土手鍋、牡蠣ちり蒸しです。

身の大きな牡蠣で、時雨煮がとっても美味しかったです。浜焼きも、絶品!!レモンをかけていただきました。

どの牡蠣も、ぷりっぷりですぅ〜♪

おばちゃんが、「釜飯のスイッチ入れとくわなぁ。あっ、スイッチちゃうわ。火やった!」とチャッカマンで点火してくれました。なかなか面白いおばちゃんです。

日生_9日生_10
日生_11日生_12


ここで、もうすでにお腹いっぱい…。お腹をさすっていると、おばちゃんが、「まだまだ来るよ〜!」と笑いながら、牡蠣フライ、牡蠣入り茶碗蒸しを持ってきました。

日生_13日生_14


さすがにお腹がいっぱいで、釜飯はお持ち帰りすることにしました。デザートは、日生みかん。甘くておいしかったです。

牡蠣懐石を堪能した後は、駅近くの観光案内所に荷物を預けて、日生散策です。

といっても、なんにもない漁港なので、小高い山に登ることにしました。調べたところ、20分で頂上に着くはずなのですが、なんせ酔っ払い状態なので、キツイ…。



10分登って、石碑があるところで休憩です。そこから見る景色は、本当にキレイでした。

しばらくまったりとしてから、再び頂上を目指します。たどり着いたところには、「幸せの鐘」がありました。もちろん、鳴らします!

日生_15日生_17
日生_18日生_19


海には漁船が浮かび、小豆島からのフェリーが帰ってきたり、のどかです。

「瀬戸内やなぁ〜♪」という風景で、のんびりできました。海があって、山がある瀬戸内は、大好きです。

「老後は瀬戸内やな…」と、しみじみ思いました。

山を下りて、次の目的地は「かきおこ」。「かきおこ」とは、牡蠣入りのお好み焼きです。

まだ食べるか〜!?という感じですが、せっかく来たんだから、名物は食べておかないと…。

ということで、「ほり」で1枚だけ焼いてもらいました。

日生_20日生_21


ボリュームたっぷりで、甘口ソースで美味しかったです!!なんといっても、キャベツが甘い!!

キャベツの甘さと、濃厚でクリーミーな牡蠣の相性がバツグンです。

お腹は苦しかったけど、食べてよかったぁ(*^_^*)

「かきおこ」で大満足して、帰路につきます。駅までの道で、日生みかんを買いました。たくさん入っていたので、お友達と半分ずつです。

日生_24たくさんの荷物を持って、JRの駅へ。1時間に2本しか電車がありません…。のどかな駅です。

ホームの向こうは、海です。

都会を離れて、漁港への小旅行。心が洗われました。

日帰りでこれだけ美味しいものをいただけて、リフレッシュできて、幸せです。

とっても楽しい旅でした!また行きたいなぁ。