喘息がかなり良くなってきましたぁ!早い、早い!これも漢方&養生パワーかなぁ…と喜んでいます。

咳はまだちょっと出ているけど、リリアン状態も治ったし、酸欠状態も大丈夫。

ただ、デザインがしにくいのです。咳をすると、マウスを持つ手が動いてベジェ曲線が書けない…(-_-;)

なんど「あぁ…」とやり直したか。

元気になってくると、楽しいことも増えてきました。

お家に帰ると、洋菓子が届いていました♪ふふっ。今回の喘息は、なぜか食欲が落ちないし(いつもは食べられない…)、明日からいただこうっと。

そして、延び延びになっていた会社の“酒好きカルテット”飲み会の日も決まりました。子どもさんが風邪を引いたり、本人が胃腸風邪を引いたり、私が喘息が出たりで、なかなか集まれなかったのです。

「○○さん(私)が元気になったら、行こね。」という話をしていたので、「私、元気よ。行こ、行こ〜!!」ということで、来週になりました。

本当は喘息のときは飲んだらいけないんだろうけど、楽しい場にいると出ないことが多いので、よっぽどひどくない限り出かけています…。

それに、来週だったらぜったいに治ってるし。

↑最近、なぜがこういう訳の分からない自信があります。漢方の先生いわく、「だから治るのが早い」そうですが…。

もちろん、ママさんのお陰でもあります。

うちのママさん、私が漢方や養生の話ばかりするので、すっかりはまっています。

「咳には大根、レンコン、銀杏がいいんよ」と言うと、夕食に必ず入れてくれています。ありがたや、ありがたや。

“銀杏割り機”まで買ってきていました…。カナヅチで割ればいいって言ったのに。

ただ、うちのママさんは天然ボケなので、「○○がいい」と聞けばそればっかり。なので、「銀杏は1日10個まで」とか言っておかないと、リスのような生活になります…。

ママさんもいろいろと実感しているようで、毎日ハトムギをご飯(+発芽玄米)に入れるようになってから、「カサカサしていたお肌がきれいになった」と喜んでいます。

ヨクイニン(ハトムギ)は、美白効果がありますからね♪ハトムギ茶よりも、そのまま取るほうが効果が早いようです。