今日はお休みです。他の日はいろいろと予定が入っているのに、今日だけはみんなにフラれてお家でのんびりと過ごしています。

掃除したり、本を読んだりして明日に備えたいと思います。

明日は私の 心のオアシス淡路島 に行くんです♪(* ̄ー ̄)vウフ いつものコースね♪

私とママさんとママさんの姉と3人で毎年夏にハモを食べに行っているんです。おとん&息子たち男衆はほっといて、自称ギャルたちのお楽しみなのです。

でも、いっしょに行くおばちゃんから「足を骨折してん‥‥」と半泣きで電話が!!なんてタイミングの悪いこと‥‥(T_T)

予約もしてしまったし、他に日は取れないし、鱧も終わっちゃうし、仕方なくママさんと2人で行くことにしました。足を骨折して動くのも大変そうなので、ご飯になるようなお土産を買って来ようと思います。

さてさて、久々に漢方ネタです。ずっと前に五行説 について書きました。今日は、その続きです。

木火土金水のそれぞれがもつ性質に基づいて、あらゆる事物をこの5つの要素に当てはめて、五行の関係をもって解釈するのが「五行説」です。

この五行を人体に置き換えたのが、漢方における五臓(ごぞう)という考え方です。五臓六腑の五臓ですね。

五行説_2五臓とは、肝(かん)、心(しん)、脾(ひ)、肺(はい)、腎(じん)の5つです。

これは人間の臓器ではなく、あくまでも考え方。昔の人は外科的手術をしていないので、想像と経験で考えていたんですね。これがそっくり五行に当てはまります。

肝→木、心→火、脾→土、肺→金、腎→水

そのうえに、現在の西洋医学で分かってきた臓器が関係づきます。が、深く考えるとややこしいので、ふ〜んと思う程度で大丈夫です。

肝→胆、心→小腸、脾→胃、肺→大腸、腎→膀胱

これにももちろん、「相生関係」と「相克関係」があるのです。

★相生関係
※互いに助け合う関係
胆嚢がよくなると、小腸がよくなる。
小腸がよくなると、がよくなる。
がよくなると、大腸がよくなる。
大腸がよくなると、膀胱がよくなる。
膀胱がよくなると、胆嚢がよくなる。

★相克関係
※互いに抑制しあう関係
胆嚢が悪くなると、が悪くなる。
が悪くなると、膀胱が悪くなる。
膀胱が悪くなると、小腸が悪くなる。
小腸が悪くなると、大腸が悪くなる。
大腸が悪くなると、胆嚢が悪くなる。

どこかひとつバランスが崩れると、全体の調和が崩れてしまいます。漢方の大原則は、「人間は大宇宙の中にして、それ自体が小宇宙である。人間は大自然の中の一存在であり、また人間の存在自体が大自然そのものである。」という考えです。

人間は自然に逆らって生きていくことはできません。大自然と調和して、自分自身の中の自然を見つめて、自然に生きることが大切なんですね。

五行説は他にも方角などもあるので、占いでも使われます。なかなか奥深いでしょ?

次回からは、「肝とか心っていったいなんなのよ?」を書きますね。とりあえず、今日のところは、ふ〜ん‥‥って感じです。

五臓の説明が終わったら、こんな症状が出る→なぜ症状が出るのか→どうしたらいいのか→薬膳料理‥‥などを書いていきたいと思います。