今日は朝から胃が痛くて、吐き気がして、会社の便器とお友達状態‥‥。うーーーっとなっていてふと目を向けると、血が混じっていて余計に眩暈がしました‥‥。

その後、カバンから薬を出して立ったときに、クラクラ〜と倒れてしまいまして、壁で(たぶん)頭を打ちました‥‥。気が付いたら寝てました(-_-;)

納期が迫っている仕事があるけど、それどころじゃないので、会社に頼んで早退して病院に行ってきました。去年入院していた病院です。

Dr.:また胃が痛いん?

私:うん、ちょっとだけ血ぃ出た‥‥。それにフラフラするの。

(胃やお腹や脈などを調べながら話すセンセ)

Dr.:潰瘍からの出血やなぁ。熱もあるし、無理しすぎやなぁ。
  フラフラするのは、出血のせいの貧血でもあるけど、
  脱水を起こしてるぞ。
  肝機能と腎臓の機能が弱ってるし、おしっこも出にくいやろ?
  それで会社行ったんか!?

私:うん、だって納期が‥‥。

Dr.:そりゃあかんわ。肝炎を起こしてもおかしくない状態やし、
   これだけ弱っていたらフラフラして当たり前。
   普通の人やったら倒れてるで。
   点滴しとこな。痛み止めも入れとくし。

私:‥‥。もう倒れた‥‥。で、頭打った。

Dr.:なんでもっと早く言わへんの!!即頭部CT!!

なんともない!と反論してみても、看護士さんに強引に車椅子に乗せて(なんせフラフラだったから‥‥)強制的に連れて行かれ、急遽頭部CTで頭を輪切りに。異常はありませんでした。

その後、再採血と点滴をしながら検査予約。29日に腹部エコーと胃カメラの検査を受けます。どうせ退院して1年後の胃カメラ検査も受けてなかったし、ちょうどいい機会だと思って受けることにしました。

点滴をしてすっかり元気。調子に乗ってベッドの上でゴソゴソしていたら、「あっ!!のりちゃん!!」というどこかで聞いた声が。

去年入院していたときの主治医でした。すっかり偉くなって夕方の診察にはほとんど出てこないのに、どうやら看護士さんが呼んだみたい‥‥。点滴中で身動きが取れない状態で久々の再開。

なんだかんだと話をした後に、「キミの精神力にはいつも驚かされるわ。でも、自分ひとりの体じゃないんやから、もっと大事にしなさい。せっかく婦人科の先生と協力してよくなってきているのに、ここで無理をしたら先生も悲しむよ。それに、ご両親や彼氏だって心配してるよ。がんばりすぎないって約束したよね?」と言われ、すっかり凹み気味。

最後にとどめのひとこと。「どうせ聞かないとは思うけど、ドクターストップ出すからね。仕事を休めるなら休みなさい。無理なら点滴を受けに来るか、よく寝て体を休めなさい。」

分かりました。おとなしくします‥‥。ということで、今日は早く寝ます。