江戸の誘惑久々に博物館に行ってきました。ちょっと仕事を抜けて‥‥。会社公認ですよ(^_^;)会社から神戸市立博物館まで徒歩1分。目と鼻の先なのです。ずっと大きな宣伝ポスターを見て「行きたいなぁ」と思っていたのですが、なかなか行けませんでした。

平日だというのに、すごい人!!観光バスでやってくる人も多いようです。それにしてもご高齢の方が多かった。若干、白檀のかほりっぽいものを感じたのは気のせいかしら???

江戸の誘惑_1エントランスには、記念撮影用パネルが!パネルの左端に、なぜか“お尻を出した人”がいます‥‥(;^_^A 分かるかな?そして順路を歩いていくと、いろんな人型パネルがお出迎え。なかなかおもしろかったです。

今回の展覧会の展示品は、ほとんどが、明治に来日したアメリカの富豪ビゲローさんの所持品で、多くが日本初公開。

江戸の誘惑_2ビゲローさんは、お金持ちのおうちで育ったお坊ちゃんで、働く必要もなく、フラフラとしているときに日本に興味を持ってふらっと来たそうです。

そして、アメリカにはほとんど戻らずに、日本で貧しい画家の援助や、奈良の寺社仏閣の美術品の修復も援助したそう。ビゲローさん、日本の美術に貢献してくれてありがとう。

ボストン美術館に寄贈された後も、彼の遺言により、ほとんど門外不出で、長い間眠っていたそうです。何年か前に日本の調査団がお宝を見つけてびっくり!だったそうです。

SHUNSHO_1展示品はどれもすばらしいものばかり。たくさんの人でゆっくり見ることはできなかったけど、できるだけ近寄って見ました。

細かいところまで描かれているし、単衣の着物の着た女性の腕が透けて見える‥‥とか、鏡に映った裾が美しいとか、とにかく、「ほぅ〜!」というものばかりでしたw(゚o゚)w

やっぱり北斎さんってすごいですね!描かれた女性が艶やかです。北斎といえば、「鳳凰図屏風」。あざやかでしたぁ。ちょっと目つきが怖かったけど‥‥。

鳥山石燕(せきえん)が描いた「妖怪肉筆画」は、おどろおどろしかったです。映画「妖怪大戦争」を思い出しました。石燕さんは、水木しげるさんに影響を与えたそうですよ。

SHUNSHO_2世界初公開の北斎の復元提灯絵もよかったです。でも、私は最後の勝川春章の「見立江口の君図」がお気に入りです。白いゾウさんの上に普賢菩薩の遊女さんが乗っています。

このゾウったら‥‥。デロンデロンしていますぅ‥‥( ̄Д ̄;; 遊女はとてもキレイなのに。目が怖い。

←表はこれ(上のは裏)。すごいでしょ。

でも、とても気に入ったので、この図のクリアホルダーを買いました。展覧会などでは、いつも記念に買うんです。会社で使えるし、けっこうお気に入り。

今日の体調は少しラクです。風邪もほとんと良くなりました。ちょっとお腹が痛いけど、それはお天気が悪いせいかなぁ‥‥。あまり気にしないことにしています。

それにしても、携帯の使い方がイマイチ分からないし、ボタンの位置や入力方法が違うので、何をするにしても頭が「???」になります。今日になって、miniSDが別売りだと知りました‥‥。明日買いに行こう。

週末までに使いこなさないと!とりあえず、カメラだけはきちんと使えるようにしておかなきゃ。でもお天気が怪しいぞ。にっくき台風が影響しているらしい‥‥。お天気とはいわなくても、曇っていてくれますように‥‥( ̄人 ̄)オネガイ

★「江戸の誘惑展」のパンフ/エントランス/道案内をしてくれる人たち/「見立江口の君図」のクリアホルダー