今日はGWの中でもいちばん楽しみにしていた日。楽しいことがいっぱいなのです♪シッポフリフリで切れそうです。

★シッポ振り−その1−
阪神百貨店で菜箸を購入。前に買ったのがとても使いやすくて、ママさんと絶賛したのです。いろいろ買ってみたけど、ここのがイチバン。

お料理していて菜箸が使いにくいとイライラしちゃうのよね‥‥。2つ買いました。

★シッポ振り−その2−
前に行った漢方セミナーと同じシリーズの「漢方的食生活のすすめ」を受けました。「薬膳料理とはなんぞや」から始まり、陰陽五行説に基づいていろいろと教えてもらいました。またまた「ほぅ〜っ!!」の連続でした。詳しくは、また後日‥‥。

★シッポ振り−その3−
シネマ歌舞伎シネマ歌舞伎の「坂東玉三郎−鷺娘(さぎむすめ)−」を見ました。シネマ歌舞伎とは、歌舞伎の舞台をデジタルにしたものを映画館で見るもの。最初は「録画でしょ‥‥」なんて思っていたけど、映像はキレイだし、舞台で見るより大きくて見やすいので(当たり前だけど)けっこう楽しいのです。1時間で1000円というのもお得な気もする‥‥。

この前に漢方セミナーがあって、時間的にギリギリなので、前もってぴあでチケットを買っていました。席を確保してあるので、ゆっくりでもOK!梅田ブルグで見たのですが、映画館には若い子がいっぱいいるのに、私のまわりはおっちゃん&おばちゃんがいっぱい‥‥。

玉三郎さん、美しかったですぅ。女の私でさえ惚れ惚れします。最後に降りしきる雪の中で天を仰ぐ場面があるのですが、“江戸版イナバウア”でした。

★シッポ振り−その4−
さくら玄米茶_1いつもはお友だちといっしょにホームパーティに行くのですが、今日は一人。なんか寂しいなぁ、1時間ぐらい時間が余っちゃうしなぁということで、前から気になっていた大阪の靱(うつぼ)公園の近くのカフェ「Japanease cafe 翠」に行きました。桜のかおりがほのかにする“桜玄米茶"をいただきました。写真では分かりにくいけど、桜の花が浮かんでいてカワイイのです。

靱公園を見ながら、のんびりとお茶をいただいて、むふ〜ん♪って感じです♪(* ̄ー ̄)v さきほどの漢方セミナーの資料を見ながら復習をして、その後は読書タイム。ダ・ヴィンチコードがえぇとこなんですぅ。

映画館の予告を見ながら、「あぁ!あれがこれなのね!」とちょっとワクワクしてきました。ぜったい映画も見るぞ!

★シッポ振り−その5−
s_2006may_1毎月恒例のホームパーティへ。今回はGWということで少人数でしたが、久々に江戸から下ってくる友人もいて楽しかったです。今回はチリ料理。ねぇさんはエスニックが得意なので、とってもおいしかったです。

s_2006may_2チリの食文化はスペイン系料理。トマトや魚介類をふんだんに使ったお料理が多いそうです。でも、微妙にメキシコも入っているらしく、とうもろこし系を使ったり、ピリ辛に仕上げるお料理も多いのです。
写真は、いちばん上が「エンパナーダ・デ・ケソ」で、2番目が「セビチェ」。

s_2006may_3「セビチェ」は白身魚のマリネ」だけど、「普通に切っただけではおいしくない」とねぇさんは昆布じめにしてくれました。おいしかったです♪3番目は「パイラ・マリーマ」魚介類のスープで、伊勢海老も入ってます!スープがおいしくて、パンにつけてパクパク食べていたら、お腹いっぱいになってきました‥‥。

s_2006may_4コースメニューはいつもながらおいしかったのですが、“おまけ”が絶品!パスタが本当においしかったです。いろんな出汁が入っているし、麺のアルデンテもほどよい感じで、腰がくだけそうでした。

楽しい1日でした♪日ごろは食生活などに気を使っているけど、こういう日も必要だと思います。また明日から養生するし‥‥。それにしてもお腹いっぱい(;^_^A

それにしても、ダ・ヴィンチコードにはまっている人が多いですね。ホームパーティに来ていた人も読んでいたし、電車に隣に座っている人も読んでいました。

★玉三郎のイナバウア、Japanease cafe 翠の「桜玄米茶」、ホームパーティのお料理たち