今日は胃が少しラクです。よかったぁ。ちゃんと胸の下まで腹巻してるし♪腹巻といっても、最近はとっても薄手で服にもひびかない優れものがあるのです。お腹を冷やすとダメなんですよね。私の場合は胃だけど‥‥。

全国冷え性研究所 (←こういう研究所があるのがすごいでしょ)によると、「お腹が冷えると全身の血液が内臓を護ろうと腹部に集中し、末端の血行が停滞します。そこでお腹の保温をしましょう。全身の血行を促進することでホルモンのバランスの維持に効果的です。」ということです。

胃の調子が悪いせいか、唇が荒れています‥‥。先日のセミナーで教えてもらったのですが、唇は内臓を語るとか。唇をそのままおへそに持っていくと、上唇が胃、下唇が腸の状態なのです。思わず「へぇ〜」ボタンを押しそうになりましたが‥‥(^_^;)

お腹が減ると下唇が乾燥し、なめる行為をするそうです。そういえば‥‥。唇全体が赤黒いと血液の流れが悪く、白っぽいと貧血のことが多いとか。

今日の私は、上も下も荒れていて赤くなっています。ザラザラしてるし。そういえば、腸の調子もイマイチかも。なんだか顔もちょっとむくんでいるし、どうやらまた「水毒」にやられているようです‥‥( ̄▽ ̄;)!!

「水毒」というのは漢方用語で、体内の水分調整がうまくできていない状態のこと。胃がチャポチャポいうのもそう。水毒がひどくなると、むくみのほかに、息切れ、耳鳴り、頭痛、不眠、鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状があらわれると考えられています。

今日もゆっくり半身浴をしてお腹を温めて、余計な水分を出そう。冷えが原因の胃の痛みには、お腹を温めるショウガ、ネギ、シナモンなどが効果があります。

また、脇が痛いときは「気」の流れが滞っているので、ユズなどの柑橘系のものや、シソや香菜などの香りのよいものがいいそうです。先日の漢方セミナーで教えてもらったので、明日のケーキ作りに役立てようと思います(o^∇^o)ノ