あぁ、ショックです‥‥。今日の会社帰りの自宅最寄り駅でのこと。電車から降りてエスカレーターで立っているときに、胃に激痛が走りました。25日の夜以来のゲキツーです。いつもどおりお腹の癒着部分も痛くて、みぞおちから足の付け根まで、いったいどこが痛いのか分からないぐらい、痛い‥‥。顔面蒼白です。

なんとか上りきるまで我慢したものの、立っているのが辛くてエスカレーターのすぐ横でしゃがみこんでしまいまして‥‥。

何人かに囲まれて「大丈夫?」「どうしたの?」「汗かいてるじゃない!」と騒がれてしまい、「大丈夫です‥‥。」と必死に訴えるものの、「誰か救急車!」と叫ばれ、「だっ、大丈夫ですっ!!!!」と必死に訴え、「じゃ、駅員さんを‥‥」と言われ、「ほんとにほんとに大丈夫ですから‥‥。ありがとうございます。」と言って立ち上がり、足早にその場を立ち去りました。

みなさん、ありがとう。でもね、でもね‥‥、救急車だと最寄の大嫌いな(←イヤな思い出いっぱい)救急病院に運ばれ、明日診察を受けて今日の救急外来費を払わないといけないの。

それはできない!!だって、明日出勤すれば10何ヶ月ぶりの「1ヶ月間無遅刻無欠勤無早退」なんだもん。そんな記念すべき日に朝からイヤな病院なんて行きたくない‥‥。会社にも行きたくない‥‥けど、明日何が何でも元気に目標達成したいのです。

駅員さんもダメ。何回かお世話になっているから、ぜったいに覚えられている‥‥。毎日通るたびに「アイツや!」と思われたくない‥‥。

ほんの数分のできごとだったのに、いろんな思いが走馬灯のように駆け巡りました。去年のゴールデンウィーク前日の悪夢を思い出します。あまりの胃痛と下腹部痛で救急外来に行き、点滴や痛み止めを打ってもまったく効かずに翌日から緊急入院。まさか‥‥と悪夢がよぎってしまう‥‥。

今日は腰湯でゆっくり温めて、いつもの煎じ漢方に“胃チャポ漢方”(ほんとは“安中散”という顆粒漢方)を混ぜて飲んでから少しラクになりました。

今日は大事を取って早めに休みます。